タグ別アーカイブ: 斜め天井

【雰囲気を醸す天井】大きな天窓のあるロフトの子供部屋



コチラのロフトの子供部屋の雰囲気、最高じゃ無いですか?

大きな天窓のあるロフトの2人用子供部屋.jpg
 

何が良いって、ともかく天井が良いですよね。斜め天井の下の包まれ感、そこに埋め込まれた大きな天窓の開放感、白く塗られたむき出しの梁がコレまた可愛らしさを加えてくれて、全体として何とも言えない絶妙な雰囲気を醸してくれているのでは無いかと。

オフホワイトと淡いピンクの組み合わせも可愛らしくて良いですね〜。ウチの下の娘(3歳)も、こんな感じの色のモノが何でも大好きです。こんな感じの子供部屋を作ってあげられたら、女の子2人姉妹だったら大きくなってもずっとこのままでも大丈夫そうですよね。僕は男なので当然こんな系統の色使いには全く興味が無かったんですが、最近娘に影響されてか、何となくピンクが好きになって来た気がします。40目前にして目覚めちゃったのかも…。マズイ…。

あ、でも、本当にこんな感じのお部屋を作るんだったら、断熱と換気、空調関係だけはしっかりと考えておくコトをオススメします。特に夏は間違いなくめちゃめちゃ暑くなると思いますから。

まずは風通しを出来るだけ良くする方法を考えるのと、断熱関係もできる限りのコトをしておいたほうが宜しいのでは無いかと。その上で空調を使えば、熱がこもりがちなロフトといえどもかなり快適に過ごせる空間になってくれると思います。暑くて当たり前な場所を空調だけに頼って無理やり冷やすのはやはり無理がありますし、電気代だって馬鹿にならないですもんね。

 

ちなみに、このお宅の普通のベッドルームはコチラ。
 

さり気なくニッチなんかも掘られちゃったりしてて、コチラも負けず劣らず良い感じですね〜。僕の家の3階もちょうどこんな感じになっているので、リフォームなりして子供部屋を作るときには是非参考にさせていただきたいかなと。

でも、残念ながらウチの子供たちは性別が違うもので、これをそのまま真似るわけにはいかないんですけどね。

「ウチもそのうち2人分の子供部屋を何とかしなければいけない」という話をちょくちょく書いてまして、その度に「性別の異なる兄弟の子供部屋をどうしたら良いのか」という問題について、ずっと気にして考え続けてるんですけれど、良いアイディアってなかなか出てこないもんですね…。このままでは埒があかないので、近いうちに本腰入れて真剣に調べてみたいと思います。

とりあえず小学校高学年くらいまでだったら、こんな感じでも大丈夫かな…。

( via EL MUEBLE )

【小さな遊び空間】斜め天井と天窓の下のベッドルーム



コチラのロフトのベッドルーム、可愛らしい雰囲気がサイコーかなということでちょっとご紹介を。

2つ並んだ「これでもか」というくらいに大きな天窓のお陰で、明るくて開放感があってホントに良い感じです。
天窓の下の部分をそのまま使った本棚も、なかなか使い勝手が良さそうですね。
僕のウチも3階の天井がこんな感じに斜めになってまして、下の部分を収納にしてるんですが、正直言ってこういう場所を収納にしちゃうとあんまり使い勝手が良くないんですよね…。
収納として使うためには、内部がそのまま丸見えというのも具合が宜しくないので、そこを何かで覆ったり閉じたりする必要が出てきます。
ウチの場合は、丈の短いカーテンを取り付けて、その奥を収納スペースにしてます。
それなりの奥行きがあるので収納スペースとして重宝しているのは確かでもあるんですが、見た目の収まりもちょっと良くない感じですし、位置が奥まっているのでいちいちモノを入れたり出したりするのも面倒だったりします。
今のところは子供のイベントもの(雛人形とか五月人形とか、クリスマス関係のものとか)を収納する場所として使ってまして、こういった用途であればそれなりに使っていけるかなとは思いますけれど、日常使いのモノを収めるスペースとして使うのにはちょっと厳しかっただろうなと。
その点、最初からこういったオープンな「棚」として使う用途で計画しておけば、見た目や収まりの話も色々と考えて作り込めますし、ベッドサイドからサッと手を伸ばして本を取ったり、夜用のスタンドを置いておくスペースとして使ったりと使い勝手も良さそうですよね。
ま、どんなご家庭でも「使用頻度の低いもの」を収めておく場所というのもある程度は必要でしょうから、結局のところは用途さえ上手くマッチさせられれば問題無し、という話なんでしょうけれど…。
ベッドの奥の、斜め天井と柱と壁に囲まれたコンパクトな壁面空間に貼られた壁紙がまたイイですね〜。
こういうカラフルで可愛らしい壁紙、出来れば色んな所で使って色々と遊んでみたいわけですが、正直ってそれなりに勇気も要ります。
仮に部屋全体にこんな壁紙を貼るとしたらメチャメチャ勇気が要るわけで、貼ってから「コレじゃない感」が出てきてしまったら結構ツライ思いをするハメになりそうなわけですが、こんな感じのコンパクトなスペースだったら貼り替えるのも楽ちんですし、かなり気軽に色々とチャレンジして遊んだりできちゃうのかなと。
建物の形状や柱の位置関係から生まれてくる「スペース」なので、狙って作るというのはなかなか難しいのかも知れませんけれど、家を建てるときにじっくりと探していけば、ある程度狙ってこういう「スペース」を作ることもできると思います。
こういう「遊び心を発揮できるちょっとしたスペース」があると、日常生活の中で手軽に色々と遊べて楽しそうですよね。