タグ別アーカイブ: 斜め天井

【開放感抜群の超贅沢空間】大空間のロフトのベッドルームと夜空を眺めるバスタブ



このベッドルームは良いですね〜。

30畳はあろうかという大空間のロフトに、基本的に家具はベッドのみ。
高い斜め天井には一面に大きな天窓が埋め込んでありまして、この開放感は相当なものだと思いますね。
超贅沢です。
贅沢過ぎます…。
奥の黒い壁面はクローゼットですかね。
で、右側の扉の奥の緑のタイルのエリアがシャワールームで、その手前右側が洗面台。
左のエリアには唐突にバスタブなんかが置かれちゃったりしてます。
このバスタブに浸かって、斜め天井にはめ込まれた巨大な天窓から夜空を眺めたりしたら、最高ですね。
日本では「上階にお風呂を作ると万が一のとき水漏れが」とか「家の重心が高くなってバランスが」とか言われますが、今どきそこまで気にする必要も無いですし、思い切ってこのくらいやっっちゃってみても宜しいのでは無いかと。
ベッドに横たわると、こんな風に空が真正面に来ちゃうわけです。
ココらへん、しっかりと計算し尽くされちゃってる感が素晴らしいです。
ちなみに僕の自宅も「3階の寝室」「浴室は寝室に隣接」「斜め天井」「天窓あり」という、奇異なほどに非常に似通った条件を持っているんですが、何でだか、このベッドルームとは似ても似つかない感じですな…。
一言で言えば「オマエんちの寝室、そんなに広く無いから」ということなんですが、でも、それだけじゃ無い気もするんですよね…。
ウチの寝室、そんなに広くは無いですけれど、バスルームまで合わせたら20畳くらいはあると思うんです。
なので、ここまでとは言わずとも、コレをちょっとコンパクトにしたくらいのものを真似るくらいは、やり方によってはできたのでは無いかと…。
結局のところ、どこまで具体的なイメージを持てるかというところと、それをどれだけ計画的に持っていけるかというところがポイントなんですよね…。
( via Lakberinfo  )

【絶妙なバランス】クールでウォームで落ち着くリビング



このリビング、低い斜め天井と、光の明るさ、青基調の内装の組み合わせが、独特で絶妙なバランス(絶妙なアンバランス?)を生み出している感じがして、とても素敵だと思います。

こちら、イタリアの建築家であり、デザイナー・アートディレクター・インテリアコーディネーターや食器やアクセサリー工芸品などのプロダクトデザインまで、幅広い分野で活躍する、パオラ・ナヴォーネのミラノのお宅の一画なんです。
元は古いパルメザンチーズの倉庫だったものをリノベーションしたアパートなんだそうで。
ブルーとグレーをいくつも重ねたような落ち着き切った淡い青と、低い斜め天井の包まれ感、大きな二つの天窓から差し込む明るい光がとても対照的で、絶妙なバランスの上に成り立っているような印象を受けます。
こういう組み合わせをこんな風に上手に仕上げることができたら、内装やインテリアを考えるのも楽しいでしょうね。
センスって大事なんだな…。