タグ別アーカイブ: 本棚

【使うときだけ出して使う】壁に収まるシンプルな壁面収納 “Flapps Shelf”



こちら、ドイツ ベルリンのデザインスタジオAMBIVALENZがデザインしたFlapps Shelfという壁面収納なんですが、ちょっと良い感じだなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

フラットに壁に収納できる壁面収納Flapps Shelf 横長3段を正面から

 

化粧合板とスライドステーで作られたシンプルな棚なんですが、棚板が開閉できるようになってまして、使わないときには、こんな感じに閉じておくことができるようになってるんです。

フラットに壁に収納できる壁面収納Flapps Shelf 横長3段を閉じたところ

フラットに壁に収納できる壁面収納Flapps Shelf 横長3段

 

当然、使いたい段だけを出して使うこともできます。

フラットに壁に収納できる壁面収納Flapps Shelf 横長3段を必要な段だけ開く

 

もう半年ほど前になるんですが、上の子が小学校に上がる準備の1つとして、うちの2人の子供たちに勉強机を買ってあげたんですけれど、ちょいちょいと本を買ってあげたり人から本を貰ったりという感じでどんどん本が増えてきて、あっという間に勉強机の本棚がいっぱいになってしまったんです。

で、とりあえず本棚を買おうかなと思ったんですけれど、中途半端なものを買うと、またあっという間に一杯になってしまってすぐに買い替え-処分を繰り返すことになりそうな気もしますし、とはいえ10年15年使えるようなしっかりとしたものを買うならば、先々のことを色々と考えてからでないと…という感じで結構ずっと悩んでまして。

とりあえずということで、このブログでも何度かご紹介している「有孔ボードを使った収納」を応用して、勉強机の正面上部あたりに、フレキシブルに棚板を動かせる本棚をDIYしてみようかと考えてたりしたんですが、こういうのを導入してみるのも良さそうですよね。

フラットに壁に収納できる壁面収納Flapps Shelf 正方形

フラットに壁に収納できる壁面収納Flapps Shelf 正方形を開く

 

形も色々用意されてまして、シンプルな横長1段のもの。

フラットに壁に収納できる壁面収納Flapps Shelf 横長1段に本と花瓶

フラットに壁に収納できる壁面収納Flapps Shelf 横長1段

フラットに壁に収納できる壁面収納Flapps Shelf 横長1段を開いたところ

 

横長2段。

フラットに壁に収納できる壁面収納Flapps Shelf 横長2段

フラットに壁に収納できる壁面収納Flapps Shelf 横長2段に本と花瓶

 

色々なタイプのものを組み合わせることもできます。

フラットに壁に収納できる壁面収納Flapps Shelf

 

より柔軟に収納棚を組み合わせられるという面では有孔ボードの方がメリットが大きいかも知れませんが、この穴が、設置場所によってはちょっと気になったりするかもなと…。

DIYの有孔ディスプレイボードの棚板

有孔ボードを使った壁掛けキッチン収納3

その点、こちらのアイディアだったら、使用時も収納時もこの上なくシンプルな感じに収まってくれちゃいますもんね。

 

気になる値段は、1番シンプルな正方形のタイプのものが最も安くて125ユーロ、1ユーロ133円換算で16,625円。日本から取り寄せ可能かどうかちょっと分からなかったんですけれど、送料を考えると2万円コースにはなるでしょうから、そう考えると、そこそこ良い値段はしますね…。

でも、こういうシンプルなものって、自分の欲しい形/サイズで設置場所にあわせてきっちりと作り込めると満足度も格段に高いと思しますし、お好みの板材とスライドステーを買ってくれば数千円台の前半くらいであっさり作れちゃいそうですから、時間をみつけてDIYするというのが良いのかもしれませんね〜。

今度の週末にホームセンターに行って材料チェックしてみようかな。

( via design milk )

【区切ってあるのにつながってる】リビングの向こうの格子ガラスで囲われたラウンジルーム



こういうのはどうでしょう?

格子ガラスで仕切って開放的に閉じられたラウンジスペース2

リビングの一画を格子ガラスの壁とドアで仕切って、クローズドなのに開放的な、ちょっと変わったスペースを作り込んじゃってます。

 

ダイニング・キッチンから連なる細長いスペースの一番奥に、

突き当りに格子ガラスで仕切って作られたラウンジスペースのある細長いフロア

個室のようで個室じゃない、壁はあるのに隔たっていないスペース。

細長いフロアの突き当りに作られた、格子ガラスで仕切られたラウンジスペース

 

壁面には全面造作の本棚。書斎というのとも違いますし、リビングというよりかは、ゆったりと寛ぐためのラウンジスペースというような感じでしょうか。

格子ガラスで仕切って開放的に閉じられたラウンジスペース

こういう、「区切ってあるのにつながってる」的なの、良いと思うんですよね〜。

将来の自宅リフォーム用アイディアの1つとして、しっかりとストックさせていただきたいと思います。

( via SANCTUARY )