タグ別アーカイブ: 浴室

【空を見上げるバスタブ】ペントハウスの全面ガラス張りのバスルーム



このバスルーム、素敵ですね〜。

窓の外に向かって体を横たえるバスタブのある全面ガラス張りのバスルーム

高層ビルを見下ろすロケーションに、ガラス張りのパノラマビュー。こちら、ニューヨーク ブルームバーグタワーのペントハウスのバスルームでして、そりゃ素敵過ぎるくらいに素敵で当たり前なわけですが、その中でも何が良いって、このバスタブの向きが良いですよね。

どんなバスルームだって、バスタブは縦に向けるか横に向けるかのどちらかの配置しか無いわけで(中には「斜め」というお宅もあるかもしれませんけれど…)、このバスルームの場合には「縦」のパターンなわけですが、これ、やっぱり、「横」じゃなくて「縦」であって欲しいなと。

だって、もしもこれが「横」に向けてあったら、バスタブに身を横たえたときに目に入ってくるのは「壁」ですからね。だけど、幸いにしてこのお宅のように「縦」に向けてあれば、湯船でリラックスしたときに自然と目に入ってくるのは「空」ですから。

こんな素敵なバスルームをデザインする方ですから、当然そこら辺に抜かりがあろうはずも無いわけですけれど、こういうの、やっぱ良いなと。

こんな素晴らしいお宅にお住まいの方というのは、世の中の極々限られたほんの一部の方だけだと思いますけれど、例えそこまで恵まれた環境で無くたって、大切なのは「楽しむ気持ち」だと思うんですよね。

自宅がペントハウスじゃなくても、バスルームが1620サイズのユニットバスで、壁も当然、全面ガラス張りのパノラマビューじゃなかったとしても、その環境を最大限に活かすためにはどんなやり方があるのか、そこに何か楽しめそうなものが無いか、どうしたらもっと良い形にできるのか、そういったことを考えて、ちょっとしたことでも少しづつアイディアを出して、それを実際に形にしていくことで、何の変哲もない普通のお宅でも、「住む」ということを楽しむことは十分にできるはずですもんね。

そういうことを、より多くの方がより手軽に実行に移すために、「アイディアの種」的な何かをお届けできたり、何らかお役に立てることがあれば嬉しいな、と思ってこのサイトを運営しているわけですが、気の利いたポストの1つもできないグダグダの状態のまま、気がつけばもう本当に今年が終わってしまう時期になってしまいまして、今年も結局皆様にお世話になりっぱなしの1年だったなと…。

2014年も色々とお世話になりましてありがとうございました。来年もこんな調子で、できればもう少しパワーアップしつつやっていけたら良いなと考えておりますので、どうか見捨てず引き続きお引き立ての程、よろしくお願いいたします。

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

とか言いましたが、もしかすると、年内もう1ポストくらいするかも知れませんが…。

( via ADRIAN WILSON )

【経年を楽しむ】白いタイルと木製パーツのバスルーム



白いタイル張りのバスルームに、木製のパーツのアクセントというのはいかがでしょう?

木製のパーツをあしらった白いタイル張りのバスルーム

空間に暖かみを加えてくれるこの感じ、とっても素敵じゃないですか?

水回りというと、もろもろ考慮した上で、タイルや金属などの耐水性の高い素材を用いるイメージが強いですけれど、水湿に強い木材を選んでニスやオイルステインと組み合わせて日常的に適切なお手入れをするようにしてあれば5年10年と長く使うことも可能ですから、その他の素材と比べても遜色ない使い方ができますし、何よりも、「木」という素材の持つ柔らかい雰囲気や、経年で現れる「味」を楽しめるという魅力がありますよね。

ウッドデッキに用いられることの多いウエスタンレッドシダーなんかが、加工もし易そうで良いですかね。

その他の素材で作るのに比べて手間が掛かるのも確かかもしれませんけれど、そういうのも、長い目で見て考えれば、「住む」ということの楽しみの1つなのでは無いかと。

( via apartment therapy )