タグ別アーカイブ: 浴室

【DIYでリノベーション】シンプルで暖かみのあるロフトのバスルーム



こちらのバスルーム、ちょっと良い感じかなということでご紹介させていただきたいと思います。

DIYでリノベーションしたサブウェイタイル貼りのロフトのバスルーム1

ロフトの勾配天井の下のスペースに、シンプルな中にも暖かみのあるサブウェイタイルを貼って、壁面にはニッチ状の小物置き場、天井にはオーバーヘッドシャワーまで奢っちゃったりして、コンパクトながらも、これはなかなか贅沢なバスルームと言えるのでは無いかと。

DIYでリノベーションしたサブウェイタイル貼りのロフトのバスルーム2

 

このバスルーム、見ての通りかなり素敵過ぎる感じですけれど、何が驚きって、実はこちら、このお宅にお住まいのロジャースさんご夫妻がDIYでリノベーションしたものなんだそうで。

リノベーション前の状態はこんな感じ。

リノベーション前の状態

これをDIYであの状態まで持っていくのって、日曜大工とかそういったレベルじゃなくて、完全に本職の仕事だと思うんですけど…。

 

しかもリノベーションしたのはバスルームだけじゃ無くて、「家全体」だそうで…。

お子さんが生まれて、広いお宅に引っ越しを考えていた際、子供の頃に住んでいた家が空き家になっていたのを発見して、そこをリノベーションして住もうと考え、2年の月日を掛けて家全体をリノベーションしちゃったんだそうです。

 

キッチンなんかも、こんなだったのが、

リノベーション前のダイニング・キッチン

 

こんなになっちゃってます。

DIYでリノベーションしたキッチン1

DIYでリノベーションしたキッチン2

 

冷蔵庫の脇にはきっちりパントリーまで作り込まれてたりして。

DIYでリノベーションしたキッチンの脇のパントリー

調理エリアと冷蔵庫の間にパントリー。使い勝手良さそうですね〜。

 

しかし、アメリカ人のDIY魂っつうのはスゴイもんですな……。

いつか自分でもこういうのに色々チャレンジしてみたいような気もしますけど、まず何から用意したらこういうレベルでできるのか、そこからして分からないんですが……。

( via This Old House )

【空を見上げるバスタブ】ペントハウスの全面ガラス張りのバスルーム



このバスルーム、素敵ですね〜。

窓の外に向かって体を横たえるバスタブのある全面ガラス張りのバスルーム

高層ビルを見下ろすロケーションに、ガラス張りのパノラマビュー。こちら、ニューヨーク ブルームバーグタワーのペントハウスのバスルームでして、そりゃ素敵過ぎるくらいに素敵で当たり前なわけですが、その中でも何が良いって、このバスタブの向きが良いですよね。

どんなバスルームだって、バスタブは縦に向けるか横に向けるかのどちらかの配置しか無いわけで(中には「斜め」というお宅もあるかもしれませんけれど…)、このバスルームの場合には「縦」のパターンなわけですが、これ、やっぱり、「横」じゃなくて「縦」であって欲しいなと。

だって、もしもこれが「横」に向けてあったら、バスタブに身を横たえたときに目に入ってくるのは「壁」ですからね。だけど、幸いにしてこのお宅のように「縦」に向けてあれば、湯船でリラックスしたときに自然と目に入ってくるのは「空」ですから。

こんな素敵なバスルームをデザインする方ですから、当然そこら辺に抜かりがあろうはずも無いわけですけれど、こういうの、やっぱ良いなと。

こんな素晴らしいお宅にお住まいの方というのは、世の中の極々限られたほんの一部の方だけだと思いますけれど、例えそこまで恵まれた環境で無くたって、大切なのは「楽しむ気持ち」だと思うんですよね。

自宅がペントハウスじゃなくても、バスルームが1620サイズのユニットバスで、壁も当然、全面ガラス張りのパノラマビューじゃなかったとしても、その環境を最大限に活かすためにはどんなやり方があるのか、そこに何か楽しめそうなものが無いか、どうしたらもっと良い形にできるのか、そういったことを考えて、ちょっとしたことでも少しづつアイディアを出して、それを実際に形にしていくことで、何の変哲もない普通のお宅でも、「住む」ということを楽しむことは十分にできるはずですもんね。

そういうことを、より多くの方がより手軽に実行に移すために、「アイディアの種」的な何かをお届けできたり、何らかお役に立てることがあれば嬉しいな、と思ってこのサイトを運営しているわけですが、気の利いたポストの1つもできないグダグダの状態のまま、気がつけばもう本当に今年が終わってしまう時期になってしまいまして、今年も結局皆様にお世話になりっぱなしの1年だったなと…。

2014年も色々とお世話になりましてありがとうございました。来年もこんな調子で、できればもう少しパワーアップしつつやっていけたら良いなと考えておりますので、どうか見捨てず引き続きお引き立ての程、よろしくお願いいたします。

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

とか言いましたが、もしかすると、年内もう1ポストくらいするかも知れませんが…。

( via ADRIAN WILSON )