タグ別アーカイブ: 渡り廊下

【立体的な空間配置】LDKの上の渡り廊下と中二階



コチラのお宅のリビング・ダイニング・キッチン+ベッドルームの作り、面白くてなかなか参考になる部分もあったりするかなと思ったのでちょっとご紹介を。

コチラのお宅、リビング・ダイニング・キッチンの隣に中二階的なスペースがあるんです。
 
中二階はベッドルーム。
フロア構成はちょっと変わってますけれど、ココまではまあ普通かなと。
 
んで、問題はこのフロアにどう上がっていくのかというトコロなんです。
何のひねりも無く考えていくと、中二階フロアに近いあたりにスペースを見つけて、階段なり、何かしらの「登る手段」を設置することになるわけですが…。
 
このお宅の場合はこんな感じの螺旋階段です。
 
この螺旋階段がどこにあるかと言いますと、リビング・ダイニング・キッチンの中の、先ほどの中二階があるエリアの真逆、キッチンがあるエリアなんです。
 
キッチンの真上は踊り場になってまして、そこにソファを置いて、ちょっとしたセカンドリビング的なスペースを作っちゃったりして。
先ほどの中二階の寝室へは、キッチン側から上がって、フロア全体を跨ぐ渡り廊下的なフロアを通って行きます。
 
この作り、なかなか面白いですよね。
敢えて最短距離になるような場所に階段を作らずに、遠い場所から渡り廊下経由にすることで、リビング・ダイニング側に比べて多少なりともスペース的な余裕のあるキッチンエリア側の空間を上手く利用してます。
 
しかも、キッチンの上にプラス1空間作りこむことにも成功しちゃったりして。
コレ、もしもリビング・ダイニング側に階段を作っていたら、居室空間であるリビング・ダイニングの上にフロアを作るのはちょっと憚られると思いますので、このスペースは作れていなかったと思うんですよね。
階段をキッチン側に作ったことで、メインスペースの上は渡り廊下のみで圧迫感を最低限に抑えつつ、キッチン側エリアの上部空間を有効活用できているわけです。
もしかすると、動線的にコレはどうなんだという話はあるかも知れませんけれど、リビング・ダイニング・キッチンは毎日必ず利用する空間なわけで、ソコから寝室に移動するのに10m余計に歩くことになっても、それまでの負担でも無いかなと思いますしね。
この作り、然程珍しくも無いといわれてしまえばその通りかもしれませんけれど、空間を立体的に捉えつつ、各エリアの位置関係と役割を考慮して検討することで、こんな風にレイアウトを収めることができるんだなと。
( via homedit )

【空間を近づける階段】緩く長い2つ目の階段と動線の複線化



この階段の感じ、なんだかスゴく良いなと思ったのでちょっとご紹介を。

この「緩い」イメージはかなり良いかなと。
このくらい緩いと、階段の上の渡り廊下エリアと下のフロアの距離が近く感じれらますよね。
階段自体をかなり手前までギリギリに伸ばしてあるところを見ても、敢えて頑張って「緩く」作ったのかなと。
この雰囲気、僕的にはかなりヒットな感じです。
ちなみにこのお宅、実はメインの階段は別にありまして、この階段自体は無くても大丈夫な階段なんです。
間取り図的に言いますと、こんな感じです。
コチラが1階。
このフロアにはリビング、ダイニング、ワークエリア的なスペースがあります。
建物の真ん中あたりに見えている方の階段が上の写真の階段です。
で、コチラが2階の間取り図です。
図面をご覧になっていただくとわかるように、2階には寝室、バス、トイレと、後は先程の渡り廊下とそれにつながる吹き抜けのエリアしかありません。
しかも、寝室、バス、トイレのある図面上側のエリアにはしっかりとメインの階段があるわけで、建物真ん中側の階段は本来は無くても困らない階段なわけです。
でも、この階段が無かったら、図面下側のワークスペースや渡り廊下、吹き抜けのエリアは、日々の家族の生活の中心である図面上側のエリアと隔たれた「遠い」場所になってしまうと思うんですよね。
そこにこの2つ目の階段が作ってあるおかげで、動線を複線になって、家の中のどのエリアからでも別のエリアにも行きやすいようになっているのかなと。
この「緩い」階段を一つ追加することで、上下各フロアの各エリアそれぞれをイメージ的にも物理的にも相当近づけることができていると思います。
次はこういう階段があるおウチを建ててみたいです…。
( via Home DSGN )