【開放感と柔軟性】タープの張られたシンプルなテラス



コチラのテラスの雰囲気、最高じゃ無いですか?

ウッドデッキと柵しかない本当にシンプルなテラスですけれど、緑あふれる周辺の環境を存分に楽しむには、このくらいシンプルな方がかえって良さそうですよね。
テラスの上に張られたタープがまた良い感じですね〜。
屋根やオーニングというのも1つの選択肢だとは思うんですが、個人的にはやはり庭やテラスにはタープかなと。
何というか、開放感が全然違うと思うんですよね。
屋根やオーニングは、日差しを遮ったり雨を凌いだりということについてはタープとは比べ物にならないくらいしっかりとした機能を提供してくれるとは思うんですけれど、その反面、当然といえば当然なんですが、やはり「屋根の下」感があるのは否めなくて、残念ながら肝心の「屋外環境を楽しむ」という部分がどうしても薄れてきてしまうかなと。
その点タープはといいますと、所詮はキャンプなどのアウトドアでも用いられるくらいの「布」なわけで、屋根とは比べ物にならないほどの開放感がありますから。
それに加えて、日差しのコントロールに関してはある意味でオーニングや屋根よりも優れているとも言えます。
屋根は、当然のことながら一度作ったら動かしたり取り外したりは出来ません。
開閉式のオーニングだったら、「必要な時だけ開いて使う」という使い方は出来ますけれど、取り付ける場所は一度決めたら動かしたりは出来ませんよね。
その点、タープにはそういった制約は一切ありませんから。
夏場の日差しの激しい時期にはタープを大きく張って日差しをしっかりと遮り、それ以外の秋から春先までに掛けての「日差しが貴重な時期」にはタープを取り外しておくことができますし、さらに細かく、例えば西日のみを遮ったり、それに加えて特定の時期だけは南側からの日差しも遮るように張り直したり、というアレンジも容易に出来ます。
ま、雨はせいぜい小雨までしか凌げませんけれど、しっかりとした雨が降っている日にわざわざ外に出ることも無いと思いますしね…。
こういうのって、個人の好みや、屋外エリアの雰囲気、周辺環境などに応じてケースバイケースで考えることだとは思うんですけれど、屋外環境に屋根やオーニングを作らずに、敢えてタープなど簡易なもので対応する、というのも1つの選択肢なのかなと。
やってみた後で、「やっぱ屋根かオーニングが欲しかったかな」ということになっても、後から取り付けたって手間もコストも大して掛かりませんから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>