【桃色珊瑚の壁】ベッド脇のシンプルなワークスペース



ワークスペースというと、やはり、広々としたデスクやしっかりとした本棚や収納なんかがあったほうが使い勝手が良さそうかな、とか考えてしまい勝ちですけれど、ニーズに合致してさえいれば、このくらいシンプルでも良いのかなと。

ロフトベッドルームのポップでキッチュでシンプルなワークスペース

コーラルピンクに塗られた壁の、ちょっとキッチュな感じも良いですね〜。

こちら、実は本当の住居ではなくて、オーストラリアのインテリア/デザイン関連のブログメディア “THE DESIGN FILES”が企画したオープンハウスイベントの中の一画でして、設定的にはロフトのベッドルームということになってます。

こんな感じのベッドルーム。

キッチュなコーラルピンクのベッドルーム

 

上の写真は、このベッドの右脇に作られたベッドサイドのワークスペースという設定なわけです。

テーブルのサイズは奥行き5〜60cm、幅は150cmくらいでしょうか。広いスペースを必要とするような作業はちょっと厳しいかも知れませんけれど、本を読んだり学校の宿題をやったり、学生さんがちょっと勉強するためのスペースとしてはこのくらいでも十分ですよね。

それほど広くないコンパクト目な子供部屋だと、このくらいのサイズのシンプルなワークデスクを1つ入れてワークスペースにするのが、バランス的にもちょうど良いのかなと。

 

ちなみにこちらの壁のペイントは、同じくオーストラリアの塗料メーカーDuluxの出展品でして、インド/アフリカ/モロッコをイメージした2014年ラインナップ、“THE DIGITAL NOMAD”のTangoという塗料なんだそうで。

DuluxのTHE DIGITAL NOMAD

こういうアースカラー系の色って、かなり思い切り良く使っても、結構良い感じにまとまってくれるので、ちょうど良い感じで遊べて良いですよね。

( via THE DISIGN FILES )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>