【空間を緩く隔てる選択肢】良バランスのフレーム収納棚



隔てられているのに隔てられていない、この曖昧な感じが良いかなと。

背板無しのシースルー収納棚で緩く区切られたオフィス空間

手前側とは別のスペースとして独立しつつも、背板の無いシースルーな棚のお陰で、開放感を損ねることなく、ほど良い感じに緩く空間が隔てられてます。

ある空間をどうやって使うかを考えるときに、こういう棚を上手に活用できると、パターンや選択肢が色々広がりますよね。

 

グリッド状のディスプレイスペースには、本やボックスファイルなどを収めておいても良いですし、お気に入りの雑貨類や小物なんかを並べても良いですよね〜。

採光や通風もバッチリ確保できてますので、こんな感じに、植物を並べておくのも良いかも知れません。

背板無しのシースルー収納棚に飾られたオブジェとサボテン

 

棚の色が白というところも何気に良いんでしょうね。

木の素材感丸出しのラスティックな雰囲気の棚、というのも悪くないとは思うんですけれど、このスペースにそれがあったら、やっぱり存在感を放ち過ぎちゃって、全体の雰囲気がかなり変わっちゃうかなと。

バランスってやっぱ大事ですね。

( via FRONT+MAIN )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>