タグ別アーカイブ: クローゼット

【遊び心と実用性】DIYで作ったカラフルなリビング収納



この収納、ちょっとおもしろいかなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

青果市場用のプラスチックコンテナを使ったリビングの収納1

こちら、ベルギーの首都ブリュッセルに住むTineさんとPeterさんという建築家カップルの自宅のリビング。お2人はこちらの家に住むにあたり自分たちで色々と手を入れてリノベーションしてまして、こちらの収納も自分たちで作ったDIYものなんです。

一風変わったこのカラフルな引き出し収納、実は農家の収穫作業や青果市場で野菜や果物を入れて運ぶために使うコンテナをリサイクルして作ったんだそうで。

青果市場用のプラスチックコンテナを使ったリビングの収納4

そう言われてみれば、スーパーや八百屋さんの軒先なんかで見かけたことがあるような…。

カラーバリエーションも豊富で、緑や青なんかもあります。

青果市場用のプラスチックコンテナを使ったリビングの収納2

 

元が元がだけに、ある程度のセンスは求められそうな気はしますけど、これ、結構いいアイディアだと思いません?

収納力が高いのは当然こととして、使用するコンテナの規格を統一しておけば丸ごと簡単に入れ替え出来ちゃいますから、衣替えの季節にクローゼットのコンテナと一気に交換したり、あっちとこっちを入れ替えて気軽に模様替えしたりと、色々と便利に使えそうですしね。

「こんな風にカラフルで洒落た感じなのはやっぱヨーロッパのものだからなのかな」とも思ったんですけれど、ちょっと調べてみたところ、日本のものでも、カラーバリエーションが豊富なのはもちろん、折りたたみできるものや、専用の台車が用意されてるものなんかもあったりして、値段が1つ1,000円前後と安価なところも魅力的ですし、上手に使うことができればこういうのもありですよね。

 

と思ってたら、全然別でこんなのも見つけちゃいました。

ドイツ軍 ZARGES社製 折畳式アルミコンテナ

ドイツ軍ZARGES社製 折畳式アルミコンテナ

ZAGRES社製のアルミコンテナ、ドイツ軍の放出品です。

こちらも折り畳めちゃいます。

ドイツ軍 ZARGES社製 折畳式アルミコンテナをたたんだところ

こういうのもいいですね〜。リビングに常に散乱してる子どものものを入れておく用とか、書斎や駐車場用の収納を全部これで統一しておいたら、ちょっとおもしろいかも(嫁さんはちょっと嫌がりそうな気もしますけど…)。

でも、1つ35,000円もするんだそうで…。例え清水の舞台から飛び降りても、買えてせいぜい2〜3個といったところでしょうか…。家建てるときにローンの中に入れて、みたいな感じなら10個くらいまとめて買えたかもしれませんけどね…。

( via woonblog )

【パントリーとしても使えちゃう】キッチンの床に埋め込まれた螺旋階段状の巨大ワインセラー



こういうの、ちょっと面白くて良いですよね。

一見なんの変哲もないキッチン。

床下に螺旋階段状のワインセラーが埋め込まれたキッチン

 

実は、冷蔵庫の前の床の下には、こんな感じのワインセラーが埋め込まれてたりして。

床下に螺旋階段状のワインセラーが埋め込まれたキッチン 扉を開いたところ

こちらのワインセラー、イギリスのSpiral Cellarsという会社のものなんですが、床の下は螺旋階段状の収納スペースになってまして、その深さは見た目から想像されるよりもはるかに深く、2m以上もあるんだそうで。

 

こんなのもあります。

ダイニングの床にポッカリと口を開けた、ガラスドアの床下ワインセラー。

ダイニングの床に埋め込まれた、ガラス扉の螺旋階段状のワインセラー兼食料貯蔵庫1

 

内部には数百本〜千本以上のワインを保存しておけるようになってるんだそうです。

ダイニングの床に埋め込まれた、ガラス扉の螺旋階段状のワインセラー兼食料貯蔵庫を上から1

まあ、多くの日本のご家庭の皆様におかれましては、ご自宅に千本のワインを保存しておけるスペースは必要ないかとは思いますけれど、各種食料品の保存スペース、パントリー的な使い方を兼ねても使えますから、実際にあったらかなり重宝しそうかなと。

お酒のお供、おつまみの類や利用頻度低めのスパイス・調味料類なんかはもとより、野菜類なんかも入れておけそうです。

ダイニングの床に埋め込まれた、ガラス扉の螺旋階段状のワインセラー兼食料貯蔵庫の中

大人の身長よりも深いわけですから、中に入ると当然こんな感じ。

ダイニングの床に埋め込まれた、ガラス扉の螺旋階段状のワインセラー兼食料貯蔵庫の中から上を望む

 

こういう地下のワインセラー、ヨーロッパではそこまで珍しくはないみたいなんですが、作るのに最低でも3百万円とか、ものによっては1千万円くらいするのも全然珍しくないんだそうで…。

床下にこんな感じの貯蔵スペースがあるの、確かにかなり魅力的だとは思いますけれど、保存場所に1千万円かけるんだったら、正直言って別の選択肢もあるような気がしないでもないような…。週に1回美味しいワインを飲みに出かけるとか、3ヶ月に1回ちょっと良いワインを20本まとめて買ってくるとか…。まあ、根本的な部分で、考え方とかライフスタイルが違うんでしょうな。

でも、自宅にこんな秘密基地的なスペース、あったらいいですね〜。せめて百万円くらいならリフォーム時の検討候補に入れてもいい気がするんですけど。無印あたりでユニット化して売りだしてくれないですかね?

( via Spiral Cellars )