タグ別アーカイブ: デイベッド

【屋外でも屋内でも】低いデイベッド的な屋外家具の置かれたウッドデッキのテラス



自宅にこういうの、欲しかったんですよね。

Sabi_slide2 低いデイベッド的な屋外家具 ウッドデッキのテラスに2つ並べて

硬くしっかりとした作りの、低いデイベッド的な屋外家具。庭やテラスのウッドデッキに置いて、自宅に居ながらリゾート気分、みたいなのも当然素敵でしょうし、リビングやダイニングの片隅に置いておくのも良さそうです。

 

そもそものところまで遡れば、あれは今の家を建てる際にいろいろとアイディアを練っていたときですから、もう10年近くも前の話。以前のポストでも何度か触れたことがあるんですけれど、雑誌のアマンリゾートの紹介記事にでていたデイベッドに一目惚れしまして、家を建てるついでに、似たようなイメージのものを作ってもらっちゃうかということで、図面も起こして、かなり具体的なところまで行ってたんです。でも、スペースの問題とか細々したことでちょっと悩んでる間にいつの間にか立ち消えて、それっきりになってしまった…ということがありまして。

南国リゾートのデイベッド

※こちらはアマンリゾートではなく、メキシコ南部のイスパタにあるCapella Ixtapa Resort & Spaの写真です。

未練が断ち切れてないもんで、こういうのを見るたびに思い出しちゃうんです。

 

ふかふかのソファに比べて、一見すると、ぐっとくるものが少ないような気もするかもしれませんけれど、意外とそうでもないんですよ。

Sabi 低いデイベッド的な屋外家具 ウッドデッキのテラス

このかっちりとした感じだからこそ、安心して身を任せられるんだと思うんですよね。

飲み物を飲んだり本を読んだり、何をするにも、実は柔らかいものの上って結構やりづらいと思うんです。ましてや、身を横たえた姿勢で、ということになると、ある程度の硬さがあるというのは必須の条件に近いものになってくるんじゃないかなと。

Sabi 低いデイベッド的な屋外家具 ウッドデッキのテラスに4つ並べて

 

この低さがまたいいですよね。

Sabi 低いデイベッド的な屋外家具

高さわずか24cm。地面じゃないのに、限りなく地面に近い、まるで床でそのままごろごろしているかのような感覚。この低さだからこその、究極の落ち着き感。高さのあるソファでは決して得られないものがあるのではないかなと。

 

スペースが許すんだったら、さらに贅沢にダブルベッドサイズにしてみたりすると、コレ、もう最高なんじゃないでしょうか。

Rams Double SUNBED

 

今年の夏こそは、コット、買っちゃおうかな。

スノーピークのハイテンションタイプのやつが(結構いいお値段するんですが)、しっかりしてて良い感じなんですよね。

スノーピーク(snow peak) スノーピークコットハイテンション BD030

こちらは高さわずか30cm。先ほどのデイベッドよりはわずかに高めの位置になりますけれど、この低さなら、イメージ的にはかなり近い感じで使えるのではないかと。

これだったら、いつもは自宅で使っておいて、夏場はキャンプなんかに持って行っても使えますしね。使わないときは分解してしまうこともできますし、結構本気でアリだと思ってます。



( Photo #1,#3,#4,#5,#6 via PAOLA LENTI , #2 via Capella Ixtapa Resort & Spa  )

【屋外環境を楽しむコンパクトハウス】内外をつなぐウッドデッキのテラスとデイベッド



こちらのお宅のこのダイニング、素敵じゃないですか?

ダイニング・キッチンと庭の脇のウッドデッキのテラスが、ベンチ付きの大きな開口窓でつながる家

庭に向かって大きく口を開いた、明るく開放的なスペース。

庭側からはこんな感じです。

家の脇のカンチレバーの張り出し屋根の下にウッドデッキのテラスのある家

全開口のガラスのスライドドアとカンチレバー状に張り出した軒下の組み合わせに、ウッドデッキのテラス。

休日の朝、淹れたての暖かいコーヒーを片手にウッドデッキの縁に腰を下ろしてちょっと一息とか、おもむろに裸足でペタペタとひなたまで出て行って、雑誌でも読みながらごろごろしてみたりとか、想像するだけでももう最高じゃないでしょうか。石畳の部分に芝生を入れてみたりすると、もっといろいろと楽しめて面白いかも。

 

しかもこちらのお宅のこのダイニング&お庭のウッドデッキ、素敵なところはこれだけじゃないんです。

庭のサイドとダイニングの間にも大きな窓が作り込んでありまして、それがこんな感じの、腰掛けることができるようなスペースになってたりして。

ダイニング・キッチンと庭の脇のウッドデッキのテラスをつなぐ、ベンチ付きの大きな開口窓

家の中と外をつなげるベンチ的なスペースとして使うのも当然いいと思いますけれど、肌触りの良いクッションとマットレスでも用意して、半屋外のデイベッドスペース、みたいな感じで使うのも良さそうですね〜。

内側にもう1枚ガラス窓を入れて、温室とかショウケース的に使って遊べるスペースにしてみたり、なんてのもありかも。真夏/真冬の断熱的な面でも役に立ってくれそうですしね。

 

家も庭も、決して広々という感じではないですけれど、コンパクトでも、こういう遊び心のあるスペースがあるのっていいですよね。

家の脇のカンチレバーの張り出し屋根の下にウッドデッキのテラスのある家を遠くから眺める

屋外環境を身近&気軽に楽しめるようなスペースのある家に住んでみたいな、とお考えの方がいらっしゃいましたら、こちらのお宅の内外をつなぐアイディア、参考にしてアイディアを膨らませてみてはいかがでしょうか。

( via Angus Mackenzie Architect )