タグ別アーカイブ: デイベッド

【うたた寝したり遊んだり】低いデイベッドのあるウッドデッキの屋外リビング・ダイニング



こういう屋外スペース、自宅にあったらいいですね〜。

L字型に配置された木製の低いデイベッドのあるウッドデッキの屋外リビング1

ウッドデッキの中庭的なスペースのコーナーに、建物に沿ってL字に配置された木製のベンチ。

もしかすると、ベンチというよりもデイベッド的に使ってみたい感じでしょうかね。

L字型に配置された木製の低いデイベッドのあるウッドデッキの屋外リビング2

肌触りの良いファブリックとクッションを用意しておいて、ごろりと横になってちょっとうたた寝。季節に合わせてそれぞれテイストの違うものを用意しておいて、取っ替え引っ替えしていろいろと遊んでみたりするのも面白そうです。

 

屋内からダイニングテーブルを運びだしてチェアのセットを並べれば、あっという間に立派な屋外ダイニングにもなっちゃいます。

L字型に配置された木製の低いデイベッドのあるウッドデッキの屋外リビング テーブルをおけば屋外ダイニング1

こういうの、いいですよね。春夏秋の3シーズンは、天気さえよかったら三食全部ここで食べたい感じ。冬だって、ポカポカ陽気の小春日和だったら、ちょっと厚着して自宅に居ながらデイキャンプ的なイメージで楽しんじゃうと言う手もありそうです。

以前にもご紹介したSolo Stoveというシリーズのウッドストーブあたりを1つ用意しておくと、冬だけに限らず、1年を通じて楽しみ方が格段に広がってくれちゃうかも知れませんね〜。

板を渡したその上でsolo stove ソロストーブで調理

このウッドストーブ、うちの自宅でも使用してるんですが(昨年の誕生日にめでたくもらいました!)、かなりいい感じですよ。二次燃焼するので燃焼効率が良くて、太めの薪が2本もあれば1〜2時間は余裕で楽しめますし、遠赤外線でかなり暖かいので、寒さの応えるこの時期(1月2月)でも、暇があるとテラスに出てちょくちょく家族で焼きマシュマロとかして遊んでます。

ちなみにですが、サイズは、3つあるラインナップのうちの真ん中、”Solo Stove Titan”が一番のオススメだと思います(基本モデルの”Solo Stove”も悪くないんですが、火力が若干物足りなさそうな感じ。そして、一番大きい”Solo Stove Campfire“は、自宅のテラスなどで使うにはちょっと大きすぎるかなという気がします)。

 

ちょっと話が脱線しました…。こちらのお宅の話に戻りたいと思います。

実はこちらのお宅の中庭、もともとはこんな感じのスペースだったところを、

L字型に配置された木製の低いデイベッドのあるウッドデッキの屋外リビングのリフォーム前1

L字型に配置された木製の低いデイベッドのあるウッドデッキの屋外リビングのリフォーム前2

 

こちらにお住まいのフィンランドのグラフィック・デザイナー Tiinaさんが、DIYで仕上げちゃったんだそうで。

L字型に配置された木製の低いデイベッドのあるウッドデッキの屋外リビング3

ちなみにTiinaさんは30代の女性だそうです。奥さんとか彼女が、DIYで庭にウッドデッキを張ってくれるのとか、いいなぁ…なんて…。

この時代に女性だからどうだとかいうと怒られちゃうんでしょうが、僕は40代男性ですが、正直言いまして今までにウッドデッキ関係の作業は、下の大引の取り替えくらいしかやったことがないです。そして、うちの妻はほんのウン年前までは30代だった女性(あたりまえですが)で、確かアメリカのそれなりに名のある大学の芸術系の学科を卒業していたはずですが、自宅のウッドデッキがどーたらというようなことが自分に関係のある作業かどうかということについては、恐らくその可能性の有無にすら考えてみたことはないのではないかと思います。

こんな僕達夫婦ですので、この際、性別云々は抜きにして、こういうことは夫婦2人でお互いに力を出し合ってやれたら良いかなと。そしたら、自宅の屋外スペースも、よりスムーズ且つスピーディに素敵な状態になっていってくれるのではないかなと思ったりしまして。

L字型に配置された木製の低いデイベッドのあるウッドデッキの屋外リビング テーブルをおけば屋外ダイニング2

今年のテーマは「夫婦(家族)でDIY」にしようかな。もう少し暖かくなったら、いろいろとやり始めてみたいと思います。

( via StyleRoom )

【敢えて2分割】天井の低いリビングスペースとその脇のデイベッドエリア



こちらのリビングの雰囲気、ちょっと素敵じゃないですか?

ポーランド スバルキ公園の近くに建つログハウスの、天井の低いリビングスペース

コーナーにすっぽりとはまり込んだようなこじんまりとしたスペース。正面と側面に隙間なく並べられた可愛らしいフレンチ・ウィンドウのお陰で、コンパクトながらも、明るく開放的な雰囲気に仕上がってますよね。

ポーランド スバルキ公園の近くに建つログハウスの、天井の低いリビングスペースのソファ 拡大

 

そして、そのサイドには、こんな感じの、勾配天井下のデイベッドエリアが作ってあったりして。

ポーランド スバルキ公園の近くに建つログハウスの、天井の低いリビングスペースの脇のデイベッドエリア

こういうの、いいですね〜。休日の昼下がり、子どもたちが騒ぐ声を遠くに聞きながら、読みかけの雑誌とお気に入りの小説を片手に、のんびりごろごろとか、考えただけでも最高ですよね。

 

実はこちらのリビングとデイベッド、こんな感じのロフトの下に作りこまれたスペースなんです。

ポーランド スバルキ公園の近くに建つログハウスの、ロフトの下の天井の低いリビングスペースとその上のベッドルーム

ロフトといっても、ご覧の通りかなりしっかりとした作り。日本の建築基準法でいうところの小屋裏収納的なスペースというよりは普通のフロアに近いイメージかもしれませんけれど、どうせ造るんだったら、思い切ってこのくらいしっかりとしたものを作ってしまったほうが、上のフロアの使い勝手も良くりますしね。

 

天井高めのゆったり開放的なリビングを、しっかりとしたロフトで敢えて2分割。上部はロフトとして活用、下は壁面にはたくさんの窓を作り込んで、低い天井の下の包まれるような落ち着いた雰囲気と、横から外部に抜けていく明るく開放的な雰囲気の共存するおもしろいスペースとして心ゆくまで楽しんでしまう。こういうフロアプラン、ありだと思いませんか?

うちの自宅のリビングも、リフォームか何かで手をいれるときには、こんな感じのプランも候補の1つに入れてみたい気もしますけど、こういう大掛かりなことをすると建築確認申請とかいろいろめんどうくさそうな気がしますな…。

( via ADELA PARVU )