タグ別アーカイブ: ベランダ

庭にキッチンと暖炉のある家



こんなお家、素敵だと思います。

場所はロサンゼルスです。
なんと、お庭にフルサイズのキッチンと大きなダイニングテーブルがあり、暖炉まであるんです。
 
暖炉が出て来ましたので、一応、色々な暖炉ご紹介シリーズの第二十二弾、ということにもさせていただきたいと思います。
天気の良い休日は、庭でのんびりとお昼ご飯を食べて、後片付けも庭のキッチンで。
その後は大きな庇のあるベランダの下で家族みんなで再びのんびりと。

The Post War House by Walter Wurdeman and Welton Becket,暖炉,キッチン
 

夕方になったら暖炉に火を入れて、炎を眺めながら夕ご飯を食べて、という感じで、ずっとお庭で過ごせそうですね。
カリフォルニアは雨も少ないですから、この庭の設備、フルで活用できてしまいそうです。
実はこの家、Walter Wurdeman and Welton Becketという建築家ユニットが1946年にカリフォルニアに建てたThe Post War House、戦後の家(訳は僕の訳なので、ホントは別の日本語名称があるのかも知れません)、という建物なんです。
戦争が終わって、これからはこんなお家に住んで楽しい未来に向かいましょうよ、という感じだったんでしょうか(すいません、もっと深いテーマがあったのかもしれないんですが、何せ素人なもので・・・)。
何にせよ、今から60年以上も前に「こんな素敵な家をつくりましょう」と言っていたアメリカという国はスゴイと思いますし、そこに戦いを挑み、破れ、再びここまでの復興を遂げた日本という国も改めて相当スゴイ国だな、と本筋に関係の無い余計なことまで考えてしまいました。
Photo ©MidCentArc

eva soloの焚き火台



ここ最近、色々な暖炉ご紹介シリーズ、というのをやっていますが、既に家を建ててしまっていると、暖炉を導入するにしても結構面倒くさくて重い腰が中々持ち上がらない、という方もいらっしゃると思います。

そういう面倒くさがりなあなたでも、手軽に炎のある生活を導入することは可能です。
それはどうすればよいかというと・・・。
お庭やベランダなどに、焚き火台を導入してしまえば良いのです。
キャンプ用品系の焚き火台でも良いですし、いまどきは洒落た自宅向けの焚き火台も色々とありますので、そういったものでも良いと思います。
というわけで、炎のある生活応援企画第二弾として、焚き火台ご紹介コーナー、というのも始めてしまおうかな、と思います。(単に僕の個人的趣味という噂もありますが、お付き合いいただけますと幸いです。)
焚き火台ご紹介コーナー、第一弾は、こちらeva solo(エバソロ)の焚き火台です。
eva soloはデンマークの家具、食器ブランドで、機能性とデザイン性を両立させた素敵な食器などを多数作っているメーカーです。
こちらの焚き火台は、そもそもウッドデッキの上などに置くことを考慮されて設計された焚き火台で、炎がめらめらと燃え上がっても、焚き火台の下部はほんのりと暖かくなる程度です。そのため、ベランダなどに置くことも十分可能な焚き火台となっています。
焚き火台の内部は2重構造になっていて、底部が直接熱せられることが無い様になっています。
自宅の庭やベランダにこんな空間があったら最高だと思います。毎週末の様にベランダでワインを飲んでしまうのではないかと。
このデザイン、この機能でお値段は94,500円。これが高いと感じるか安いと感じるかは、あなたの使い方次第なわけです。
暖炉を導入するのはさすがに思い切りが要り過ぎる、という方でも、こちらの焚き火台なら、(比較的)気軽に導入できてしまうのではないでしょうか。
※後日追記:こういうのもあります。
solo stove ソロストーブに火を入れたところ
こちら、“solo stove”という小型のウッドストーブでして、今年の誕生日に家族からプレゼントでもらって、自宅でも使ってるんですれど、2重構造のおかげで底部が熱くならないので、うちの狭いウッドデッキのテラスでも問題なく使えますし、燃焼効率が良いので太めの薪1本あれば1時間以上は燃えてくれます。単純に焚き火で楽しんだり、家族でちょっとマシュマロを焼いてみたりBBQしたりと、思ったった以上にいろいろ楽しめて、これで1万円前後はかなりお買い得かと(個人的には、3サイズあるうちの真ん中の“titan”をおすすめしておきます。大きすぎず小さすぎず、日本の住宅に一番事情に一番マッチしているサイズだと思います)。