タグ別アーカイブ: ベランダ

【外と中の繋がる空間】多目的スペースの隣のベランダ



こちらのお宅のベランダ、すごい良い感じなんですけど。

半分屋根のあるほぼ屋内のテラス2

最上階である3階の、多目的スペースの一端の壁面が、全面、ガラスのスライドドアになってまして、そこからベランダに出られるようになってます。

ココまでは、まあ、普通と言えば普通なんですが…。

このベランダ、何と、屋根と窓があるんです。

半分屋根のあるほぼ屋内のテラス1

ベランダの半分は屋根が無いわけで、ココは一応屋外なわけですが、もう半分は屋根があるわけで、するとココは屋内なんだろうか…。

いや、そもそもベランダに屋根や窓があるのは別に普通のことなわけで、珍しいのは、「しっかりとした屋根が」「半分だけある」という、この作りなんでしょうけれどね。

 

でもコレ、良いと思うんですよね〜。

屋内側とはガラスのドアで仕切られてるわけで、やはりココは屋外なんでしょうけれど…。というような、「屋外のようで、屋内のようで、やっぱ屋外」という感じが、とても面白いと思うんです。

ベランダに出れば間違いなく開放感的なものは味わえると思いますし、屋根があるお陰で、雨の日や、夏の日差しの激しい日でも気にせずに出られたり、場合によっては大きな庇の下で過ごす包まれ感のようなものも味わえたりと、半分だけ屋根を作ってあるお陰で、ベランダが、ものすごく懐の深い、バリエーションに富んだ使い方の出来る空間になってくれているのでは無いかと。

 

窓があるのも何気に良いですよね。窓が1つあるだけで、随分と雰囲気が違ってくると思います。

周りを高い壁で囲んであるお陰で、周囲からの視線的なものはあまり気にせず過ごせるというメリットはあるんですけれど、ココまでガッチリ囲まれてると、ちょっと息苦しい感じがしちゃいそうな気もしますもんね。

 

立体図はこんな感じ。

半分屋根のあるほぼ屋内のテラスの立体図

ベランダというよりは、「3階の一部の屋根を取っ払った」という表現が正しそうですね…。

この作りだと、かなり慎重に漏水/防水関係の考慮をしないといけ無さそうですけれど、でも、その労力を費やしてみるだけの面白さは十分にありそうな気がします。

 

ちなみにこちらのお宅、実は日本のお宅なんだそうで。

神戸に事務所を構えるタトアーキテクツ/島田陽建築設計事務所が手がけた、伊丹市の物件なんです。

 

リンク先サイトに詳しい説明もありますので(英文ですが)、ご興味のある方は、是非覗いてみてください。

( via dezeen )

【シンクの向こうの屋外空間】超コンパクトな屋外ダイニング



もしもウチのキッチンがテラスかベランダに面してたら、こんな作りにしてみたかったかも。

コレ、かなり良い感じのアイディアじゃ無いですか?
キッチンの窓のトコロにカウンターを作り付けて、あとはシンプルなスツールをいくつか置いておくだけで、あっという間にコンパクトな屋外ダイニングの出来上がりです。
食事や飲み物を出すのも最短距離でパッと出せますし、片付けもそのままキッチンのシンクに持ち込めて超ラクチン。
何よりもこの作りなら、独りだけキッチンに立っているコトになり勝ちなお母さんも、家族みんなと常に一緒に居られますしね〜。
平日休日を問わず、気候の良いときは毎日ココで朝食を食べちゃったりしても良さそうですし、週末ごとに真っ昼間からちょっとしたホームパーティを催すのも楽しそうです。
メンテナンスとかにいちいち気を使いたくないので、カウンターとスツールにだけはちょっとだけ気を使って、耐候性の高い素材を選んでおきたいトコロですね。
( via arkpad )