タグ別アーカイブ: 天窓

【包まれてリラックス】勾配天井と天窓の下の明るく開放的な寛ぎスペース



ロフトとかで、屋根の裏の斜めになった形がそのまま出てきているような勾配天井の下のスペースって、ちょっといいですよね。

たとえばこんな感じのキッチンとか、どうでしょう?

大きな天窓の入った勾配天井の下の明るく開放的なロフトのキッチン

頭上に大きな天窓の入った、明るく開放的なキッチン。斜めになった天井の下のスペースの、おもしろさと包まれ感のような落ち着く感じがまざりあったようなこの独特の雰囲気、好きなんですよね。

大きな天窓の入った勾配天井の下の明るく開放的なロフトのダイニングキッチン

ちょっと話それますけれど、この写真を見てて思ったんですが、「勾配天井の下にダイニングテーブル」って、もしかして結構ありかも知れませんね。

天井や壁が斜めになっていると、壁にピッタリと寄せて物を置くことができませんから、何かを設置しようとするとちょっと不便じゃないですか。工務店さんに頼んで、傾斜にあわせて家具を造作してもらえばいいんでしょうけれど、手間もコストもそれなりにかかりますし、賃貸だったりしたら尚の事ハードルも高くなりますしね。一度作ってしまったら模様替えもなかなかできないというあたりも引っかかってきたりします。

その点、ダイニングテーブルの上って、特に作業をしたりするわけでもないので実際にはそこまでの高さを必要としないわけで、だったらそこにこういう感じにテーブルを置いてしまうというの、意外と正解だったりするのかなと。

 

まあ、そういう意味では、ソファを置くというのもありですよね。

大きな天窓の入った勾配天井の下の包まれ感と開放感の共存するロフトのリビング・ダイニング・キッチン

寛ぐだけなら特に高さは必要ありませんし、勾配天井の下の独特の包まれ感と相まって、より一層リラックスして過ごせそうな感じのスペースになってくれたりもしますしね。

大きな天窓の入った勾配天井の下の包まれ感と開放感の共存するロフトのリビング

 

ベッドなんかも当然ありだと思います。

大きな天窓の入った勾配天井の下の包まれ感と開放感のある明るいベッドルーム

天窓の真下に、シンプルに最上級のマットレスをそのまま置いて。スキップフロア的に1段高くしてあるところがまたいい感じ。※本当にこんな感じの寝室をお作りになる場合には、「明るいと寝られないの」という方は、シェードやブラインドなどで天窓をきっちりと閉じる方法を検討、導入おくことを「強く」オススメいたします。うちの嫁さんがまさにそうなんですが、寝室の天窓のお陰で、日の出の早い季節には、強制的にものすごく早起きをさせられてるらしいです…。

 

バスルームというのも、これまたありですよね。

大きな天窓の入った勾配天井の下の明るく開放的なバスルーム1

勾配天井の下で、湯船に体を浮かべてリラックス、みたいなの、いいですね〜。このバスルームを作る前にあらかじめ月の軌道を確認しておいて、湯船に浸かりながらお月見ができるような位置関係で天窓とバスタブを配置できちゃったりしたら、これもう最高でしょうね。

 

とまあ、なんだかひたすら個人的な思い(&妄想)が全開な感じのポストになってしまいましたが、つたない文章ながらも、僕がいかに勾配天井下のスペースを愛しているかについて、みなさまに多少なりともお伝えすることができたのではないかと思います。

お宅の3階にも(別に3階に限りませんが)、こんな感じの勾配天井下のスペース、おひとついかがでしょうか?

( via archilovers )

【柔軟に区切ったりつなげたり】包まれ感と開放感が共存する屋根裏部屋のベッドルームとバスルーム



こちらのお宅のこの屋根裏部屋のベッドルーム、素敵じゃないですか?

包まれ感と開放感が共存する屋根裏部屋のベッドルームとバスルーム

勾配天井の下の居心地の良い独特の雰囲気と、複数の大きな天窓から差し込む眩しい太陽の光の組み合わせ。包まれ感と開放感がほどよく混ざり合ったようなこういう感じ、いいですよね。

 

しかも、斜めになった天井の形にあわせて本棚を造作して、区切られたその向こうのスペースにはバスルームを作り込んじゃったりして。本棚のあいだからパネルカーテンが引き出せるようになってますから、こちらと向こうを、必要に応じてしっかりと仕切ることもできます。

これ、なかなかおもしろいアイディアなのではないかと。

勾配天井の下のスペースって、先程も書きましたけれど、雰囲気的にはちょっと面白い感じがあっていいんですけれど、実際に使うとなると、家具も置きづらいですし、使い方がいろいろと難しかったりすると思うんですよね。その点、斜めの天井にあわせた形であらかじめ家具を造作しておければ、斜め部分の使いづらさというデメリットを上手に解消できますし、造作家具を入れた後は、その周囲は普通の「水平×垂直」のスペースになりますから、既存の家具でもカーテンでも、なんでも自由に使えるようになってくれちゃうわけで。

こちらのお宅はベッドルーム+浴室の組み合わせですけれど、普通にリビング+ダイニングとか、2部屋を区切ったりつなげたり、というような感じでも応用できたりするのではないかと。

 

実はうちの自宅も3階がちょうどこんな感じに勾配天井のスペースになってまして、2人の子どもたちがもう少し大きくなったら、それに併せてリフォームをしようと考えてるんです。1人は男、1人は女、小学校低学年と幼稚園児なもんで、いまのところは一緒に寝てますけれど、性別が違うのでいつかは部屋も分けなきゃならないんですよね。でも、まだまだそんな必要のない現段階でいきなり分けるというのは本人同士も寂しいだろうし、とはいえ、「最初は一緒で、2〜3年経ったらまたリフォームして分けて」みたいなのも結構面倒くさいというかちょっと現実的じゃないような気もしますし…(実際のところは、みなさまそうやってこまめにリフォームとかされてるんでしょうけれどね)。その点こういうやり方だったら、子どもたちの成長に併せて、スペースの区切り方を柔軟に変えていくこともできます。

そう遠くないいつの日にかまでに、勾配天井下のスペースを区切るためのリフォームプランを考える必要がある僕にとっては非常に興味深いアイディアでした。

屋根裏部屋を作ったり、北側斜線や道路斜線の関係で斜めの部分が出てきてしまったりと、勾配天井下のスペースがあるお宅ってけっこうよくあると思うんですけれど、天井の形にあわせて造作した家具を用いるこのアイディア、参考にしてみてはいかがでしょうか。

( via The Design Files )