タグ別アーカイブ: 自転車ラック

【家族みんなの駐輪場】玄関脇のシンプルな自転車ラック



こういう自転車ラック、家を建てるときに忘れないで作っておけたら幸せですよね。

壁にフックを取り付けただけのとってもシンプルな自転車ラックですけれど、使い勝手良さそうです。
僕だけかも知れませんけれど、家を建てるときに、いつか増えるかもしれない家族のこととか、今現在よちよち歩きの子供が大きくなった将来の姿まで想像して具体的に細々考えるのって結構難しかったりすると思うんです。
でも、子供って大抵はある年齢になったら自転車に乗りますから…。
今現在自転車に乗らないアナタも、将来家族皆で自転車でお出かけとかしたくなる可能性、十分にありますから。
そうすると、最低でも3、4台くらいの自転車を置けるスペースが必要になるわけで、これって結構なスペースなんですよね。
奮発してボーナスでちょっと良い自転車とか買っちゃった日には、家の外に停めておきたく無くなっちゃったりするコトも十分にあり得ます。
いざそういう状況になったときに自分でDIYしても良いのかもしれませんけれど、建築家さんや工務店さんに考えて作り付けてもらったほうが使い勝手も収まりも良いものができると思いますし、作り付けたい場所の素材がコンクリやレンガだったりするとDIYするのも一苦労だったりしますしね。
そういえば、この写真を見てて、「あ、家建てるときにこうしておけば良かったな」と思ったことを1つ思い出しました。
玄関周りの壁って、普通どんな考え方で素材とか色とか決めるんですかね?
僕のウチの場合、あまり特別なコトを考えたりせずに、廊下とかリビングとかと同じく白のペンキ塗りにしちゃったんですけど、コレって正直言ってあんまり良くなかったなと。
玄関の壁って、靴があたったり、毎日人が出入りするので頻繁に体やカバンがあたって結構簡単に汚れがついちゃうんですよ。
家族で1年も暮らすと、自然と靴のあとやくすみがいくつもついてきちゃいます。
そういう問題を回避するために、例えば単純に玄関の壁だけは少し濃い目の色のペンキを選んでおくとか、そもそもペンキ塗りじゃなくて、汚れを拭いて落とせるような素材にしておくとか、ちょっと考えたら色々なやり方があったかなと。
この写真のオタクみたいに、そもそも汚れても全く気にならないようなレンガとかタイルとかそういった素材にしておくという手も良さそうですよね。
人が暮らす場所である以上、そうやって壁に汚れが付いて行ったりするのも当たり前のコトで仕方が無いことだとも思うんですけれど、このアタリも、家を建てるときに少し考えてみれたら良かったかなと。
( via Un Dos Trexa )

【DIYでも作れそう】シンプルな木製自転車ラックMake



こちらの自転車ラックはどうでしょう?

こちら、カナダ・モントリオールに拠点を構えるconsultというデザインスタジオが作ったMakeという自転車ラックなんですが、木の素材を上手に生かしたシンプルなデザインが中々良い感じなのでは無いかと。
フレームのトップチューブを引っ掛けて載せるだけの、非常にシンプルな作りです。
近年の自転車ブームにも助けられて、日本、特に都市部ではかなり自転車の地位が向上がしているような気がします。
確かに都市部だと、車で出かけるといちいち駐車場を探さなければならなかったりしてやたらと手間が掛かりますし、何よりも小回りが効かなくて街中をウロウロするのにも向いていません。
その点、自転車はそういったあたりの問題を見事にクリアーしてくれますし、小さな子供さんが居ても、2人乗り、3人乗り自転車を活用すれば、家族皆でお出かけすることもできますので、休日のお出かけの機動力をグッとアップさせてくれるわけです。
ただし、いざ買ってみてから自宅での自転車置き場所に困るというケースって珍しく無いんですよね。
例えば
・そもそも、自転車なんて適当に何処かに停めておけば良いと思っていたら、「適当な何処か」というのが無かった。
・思いの外自転車が楽しくて、奮発して良い自転車を購入したら、今度は盗難が気になって表に置いておきたくない…。
・夫婦2人の自転車で2台のつもりだったのが、いつの間にか子供の自転車が増えて…。
etc…という感じでしょうか。
そこでこういった自転車ラックの出番になるわけです。
壁に取り付けるだけで、床から浮かせた形で自転車を載せておくことができますので、屋内に自転車を持ち込んでもフロアが汚れません。
取り付け位置を多少高くしておくだけでも、玄関のちょっとした収納の上部スペースなどを有効活用することもできますし、頑張って1m強の高さに取り付けておけば、元々1台しか停めておけないスペースに、上下に2台停めておくこともできるようになります。
残念なことに、この製品はハンドルバーが19インチ≒48cm強までの幅の自転車しか搭載出来ないらしいので、ハンドルバーの長いマウンテンバイクなんかだとちょっと厳しいですかね。
材質はウォルナット又はメープル、お値段は180ドルで、海外向け発送も応相談(と、サイトには書いてあったような…。当方英語力には相当自信がございませんので、予めご承知おきいただきたく…)。
でも、(こんなコト書いたら怒られるかも知れませんが…)日本の工務店さんには腕の良い職人さんが一杯いますので、家を建てるときとかにこの写真を工務店さんに見せて、「こういうの作ってください」とお願いしておけば、簡単に作ってくれちゃうような気もしますね。
その際には、
(1)ハンドルバーが長めな自転車にも対応できるように、横板を少し長めにして作ってもらうこと。
(2)下部の壁にタイヤがあたって汚れるのを防ぐために、壁に何かの措置(ウォールスティッカーを貼るとか、壁の色をダーク系にしておくとか)をしておくこと。
(3)屋外に設置する場合には、盗難防止用のワイヤーなどを通せる穴を作ってもらったり、周囲の壁面あたりに丸カンなどを埋め込んでもらうと良いかも知れません。
という感じで頼んでおけばよりベターでしょうか。
DIYで休日にコツコツつくってみても面白そうですね
その場合は完全に自己責任になりますけど。
強度設計だけはしっかりとやったほうが良さそうですね。
( via consult )