【遊び心と実用性】ダイニングとキッチンの間に吊られたスルーな吊り棚



こちらのお宅のキッチン、ちょっと素敵じゃないですか?

背板のないスルーな吊り棚と対面式カウンターのあるダイニングキッチン

少しアジアンモダンな感じもあるような、自然な風合いの淡いコーヒーブラウンと、白ベースのシンプルな内装の組み合わせが生み出すこの落ち着いた雰囲気が絶妙かなと。

 

対面型カウンターの上に作られた、背板のないスルーな吊り棚がまたいい感じ。

背板のないスルーな吊り棚と対面式カウンターのあるキッチン

この吊り棚が作ってあるお陰で、キッチンスペースがダイニングからちょっと隔てられた、半個室とまでは言わずとも、そこに一歩近づいた雰囲気になってくれてます。

しかも、普通の吊り棚だったら、メインの使途はやはり食器や道具類の収納になっちゃうと思うんですけれど、この作りだったら、ちょっとした雑貨類やお気に入りのコレクションアイテムなんかを飾っておくためのディスプレイスペースとしても使えそう、というか、むしろ率先してそういう感じに使いたくなっちゃいそうですよね。

例えば観葉植物を飾った場合なんかにも、背板がないお陰でキッチン側からもダイニング側からも楽しめますし、もっと実用的な面で考えると、食器類を取ったりしまったりするのにも両サイドからアクセスできて便利というメリットもありますしね。

明るくて開放的で、遊び心まであるこんな感じの吊り棚、結構本気で欲しいかも。

週末にDIYで作るのはちょっとむずかしいですかね…。落ちてきたら大変だしな…。リフォーム時に追加したいアイテムの候補に入れておきたいと思います。

( via EST MAGAZINE )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>