カテゴリー別アーカイブ: 家の構造やレイアウト、内装など

【コンパクトでもイイ感じ】包まれ感のあるバスルーム



広々としたバスルームというのが良い感じなのは当たり前として、狭くても居心地の良いバスルームを作ることは出来るのかなと。
横幅わずか1mちょいといったトコロでしょうか。
バスルームを作るにはあまりにも余裕が無さ過ぎる空間な訳ですが、コンパクトながらも包まれ感があって落ち着きそうで、コレはコレでアリなのでは無いかと。
狭くてもソコまで圧迫感が無いのは大きな窓があるお陰と言ってしまえばその通りなのかも知れませんけれど、縦方向に広がりをもたせた空間形状の面白さによるところも大きいと思うんですよね。
床に埋め込まれたバスタブが、これまたなかなか良い仕事をしてくれていそうですよね。
実はウチの自宅を建てるとき、地面を掘り下げてコンクリートでベタ基礎を打ったところに寝転がってみたことがあるんですけれど、「地面よりも低い場所で何かに包まれた状態」というのは想像以上に包まれ感があって不思議な気持ち良さがあった記憶があります。
きっとこのお風呂、「コンパクトさ」と「低さ」から生まれる包まれ感と、窓に向かって開けていく開放感が相俟った不思議な居心地の良さが味わえる特別な空間になっているのでは無いかと。
そういえば、斜線制限や土地の形状の問題で地面を少し掘って家を建てることってありますよね。
このお風呂を見ていて思ったんですけれど、どうせ掘るんだったら、いっそその穴にバスタブを突っ込んでしまうというのはどうでしょう?
バスタブを地面に埋め込むだけでも不思議な包まれ感や相対的に高くなった天井のお陰で想像以上の開放感が得られそうですし、もしも天井高や斜線制限の問題で掘り下げるんだったら、いっそのこと1階全体の階高を180cmくらいにして、浴室以外に寝室とか茶室とかを集めてフロア全体を天井の低い「包まれ感を楽しむための特殊な空間」にしてみるというのも面白いかも…。
( via homedit )

【どこでも置けるシンプルさ】日常の片隅のデイベッド



家の何処かにデイベッドを置きたいと思って早6年弱。

「ちょうど良い場所が無いんだよな〜」とか呑気なコトを言っているうちに、下の子供が生まれ、次々と子供たちの物が増え、候補地は全て収納家具やらソファやらに専有されてしまいましたとさ…。
というのは現在進行形の僕自身の情けない身の上話なわけですが、肩肘張らずにリビングとダイニングの間にでもこんな感じのシンプルなデイベッドを置けばよかったんだよなと。
幅1m×長さ2m×高さ20cmちょいといったトコロでしょうか。見ようによっては「すのこ」に毛が生えた程度のモノのようにも見えるかも知れませんけれど、この低さ、きっと最高に居心地が良くて落ち着くと思うんですよね〜。
風の通る場所にでも置いて、ごろりと横になりつつビールでも飲みながらゆっくり本とか読んでみたいものです。
これだったら、何かの折にちょっと動かしたり一時的に片づけたりするのも簡単にできそうですし、置き場所の検討とか家族への相談とかも無くいきなり導入しちゃっても大丈夫そうですよね。
テラスに近いあたりに置いておいて、春とか秋とかの気候の良い季節にはその都度外に持ち出しちゃったりするというのもコレまた宜しいのでは無いかと。
というか、いっそキシラデコールを塗って常に外に出しておく屋外家具にしてしまうという手もアリかもしれませんね…。
使わないときはクッションを外しておけば良いですしね。
こういうの見てると、居心地の良い空間って、良い家具とか広々したスペースとかじゃなくてアイディアで作るものなんだよなと改めて思わさせられます。
お盆休みにでもDIYしてみようかな…。
( via skone hem )