タグ別アーカイブ: テラス

【遊び心の詰まったコンパクトスペース】素敵な屋外リビング・ダイニング付きの平屋の2LDK



遊び心のある家って、やっぱりいいですよね。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホーム

 

アメリカ西海岸、カリフォルニア州の海沿いの街に建つこちらのお宅、ちょっと素敵なんです。

1500平方フィートの細長い空間に収まる平屋の2LDK。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホームの間取り図

 

メインスペースは広々とした開放的なリビング・ダイニング。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホームのリビング1

 

オーナーご夫妻のご主人はサーファーだそうで。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホームのリビング

見た目ちょっとクラシカルな感じのこのサーフボード、Firewireですから実は結構新しい板ですね。”SWEET POTATO”ってモデルでしょうか。

こちらのサイトのポストで今までにそういうことを書いたことがあったかどうか記憶が定かで無いんですけれど、実は僕もかれこれ20年くらいアレの横好きで海に通ってまして、短めの小波用の板も、5’4″のツインフィンを1枚持ってます。こういうの1枚持ってると、楽しめるコンディションの幅がグッと広がっていいんですよね。

 


話がちょっと脱線しました。こちらのお宅の話に戻りたいと思います。

リビングの脇がダイニング・キッチン。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホームのダイニング・キッチンと暖炉

 

 

リビングとダイニング・キッチンの間には暖炉まであったりして。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホームの暖炉

炉の背板(とは言わないのかもしれませんが)がないタイプ。炉内の温度の上がり方とかのことを考えるとベストじゃないのかもしれませんけれど、両面から楽しめるという意味では、こういうレイアウトで設置する場合にはこれがベストな選択肢なのかも。

 

こちらのお宅、屋外スペースもなかなか楽しそうなんです。

リビング・ダイニングから庭につながるウッドデッキには、屋外ダイニング的なスペース。そしてその脇には、お決まりのパターン的に立派なBBQグリルまで据え付けてあったりして。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホームの庭のBBQグリルでホームパーティ

こういうアメリカ~ンな感じ、いいですね〜。リビング・ダイニングの脇にこんなスペースがあったら、週末は朝から晩までずっとここで過ごしちゃうと思います。

 

そしてさらにその脇には、焚き火台付きの屋外リビング的なスペースまで作りこんであったりして。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホームの庭の屋外リビング

屋外リビング&ダイニングにBBQグリルに焚き火台まで。こちらのお宅のお庭、ウッドデッキまで含めても10坪かせいぜい15坪程度と決して広くはないんですけれど、これだけ盛りだくさんにしてあったら、もうこれ以上何もいらないですよね。

 

家屋の広さが約1,500平方フィート、外観とウッドデッキのサイズあたりから考えるに、縦7m×横20m=140平米弱で建坪40坪ちょい、屋外まで含めても50坪台の後半といったところでしょうか。平屋で建坪40坪って、日本の住宅事情から考えると、都市部だったらそれなりの広さの部類に入るサイズですけれど、アメリカ基準だと「コンパクトな家」という扱いになるんでしょうね。だからこそ「小さい中でも楽しんじゃおう」という感じでいろいろとアイディアが盛り込まれて気がしますし、こういうの、日本の家にも応用できたりする部分が結構あったりするんじゃないかなと。 

これからお家を建てたりリフォームしたりするご予定のある方で、「小さくても面白いスペースのある家にしたいな」とお考えの方がいらっしゃましたら、こちらのお宅を参考にイメージを膨らませてみるというのはいかがでしょうか?

( via Better Homes and Gardens )

【日常の中の遊びスペース】壁面にたくさんの棚と植物と雑貨のあるリビング



棚がたくさんあるスペースって、いろいろな遊び方ができそうでちょっと良くないですか?

壁面にたくさんの植物用の棚の造作されたリビング1

こちら、オーストラリアのメルボルンの観葉植物用の雑貨などを取り扱うIVY MUSEというお店の一画でして、棚も植木用の各種雑貨類も全部こちらの取り扱い商品なんですけど、どれもとっても素敵ですよね。

家を建てる前にどこかでこういうアイディアに出会えてたら、自宅のリビングの壁にもきっとこういう棚をたくさん作ってたんじゃないかなと。

壁面にたくさんの植物用の棚の造作されたリビングのコーナー

壁面にたくさんの植物用の棚の造作されたリビング2

 

僕自身が個人的に観葉植物や家庭菜園好きというのもあるんだとは思うんですけれど、緑に囲まれた室内空間って、庭やテラスなんかの屋外とはまたちょっと違っていい感じかなと。

植木そのものを置くのも当然いいですけれど、

IVY MUSEの植物用壁面造作棚4 観葉植物

 

植物用の各種ツールにちょっとこだわって、そういうのも一緒にディスプレイしてみたり、

IVY MUSEの植物用壁面造作棚1 多肉植物 スコップ

 

お気に入りの雑貨類をなんかを並べてみたりするのもいいですよね。

IVY MUSEの植物用壁面造作棚5 雑貨他

 

植物だったら、室内ですから、水気をあまり必要としないようなサボテンの類とか多肉植物なんかがいいんですかね。

IVY MUSEの植物用壁面造作棚2 サボテン他

 

イメージを膨らませて位置決めてという感じで、棚のレイアウトを考えるその作業そのものも含めて楽しめちゃいそうな気がします。高い場所にぽつんと1つ棚をつけて、そこに存在感のあるアイテムを置いてみたり、みたいなのとか、想像するだけでもちょっと楽しい気持ちになってきます。

でも、模様替えのこととかいろいろリアルに考えると、本当にこういう棚をつくるんだったら、ロイヤルの金具とかを使って自在に動かせるようにしておくといいのかも。シンプルな白いタイプのとかを壁に埋め込んでおけば、あまり目立たなくて、金具自体も気にならない気がしますし、例えば植物を育てるにしても、必要な日照量や温度、通風なんかの条件に合わせて季節ごとに気軽に位置をずらして、みたいな感じで使えますしね。

 

自宅の中に、こういう感じの日常的に遊べるスペースやアイテムがあるのって、とっても素敵だと思うんです。

これから家を建てたりリフォームしたりするご予定のある方がいらっしゃいましたら、こんな感じの「棚のたくさんあるリビング/ダイニング」、検討候補の1つに加えてみてはいかがでしょうか?

うちの自宅も、リフォームするときにはリビングの壁あたりにこういう感じの棚、入れてみようかな。

( via IVY MUSE )