タグ別アーカイブ: テラス

【外を眺めて寛ぎのひととき】外部とつながる縁側的ベンチシートのあるダイニングスペース



こちら、香港で3軒の独立系カフェを運営するElephant Groundsの上環(ションワン)の店舗の窓際席の写真なんですけれど、作りがちょっとおもしろいなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

壁際に縁側的なベンチシートのある開放的なカフェのダイニング コーナーから

 

壁際に設置されたベンチ席がそのまま外部とつながる縁側的な作りになってまして、ここに腰掛けて、街の風景を眺めながらお茶したり、道行く人と話をしたりしながら過ごしたりできるようになってるんです。

壁際に縁側的なベンチシートのある開放的なカフェのダイニング

道路よりも店内の方がフロアが少し高い作りになってますので、道路側には縁台的な足置きを設置。

壁際に縁側的なベンチシートのある開放的なカフェのダイニング サイドから

自宅にこういう作りのスペース欲しくないですか?

こちらは店舗なわけで、当然個人の邸宅とはちょっと話が違うわけですけれど、例えば自宅のリビングダイニングと庭やテラスのあいだがこういう縁側になってたら、とか想像してみると、かなりいい感じですよね。

壁際に縁側的なベンチシートのある開放的なカフェのダイニング 室内から窓 縁台側をのぞむ

 

この縁側的窓際スペースあるダイニングエリアの右側はこんな感じのカウンター席になってるんですが、このカウンター席、よく見ると全体が巨大な上げ下げ窓的な作りになってまして、これまた可愛らしくて素敵かなと。

右サイドの半屋外のカウンター席 正面から

 

これに気がついてから先程のダイニングエリア側をもう1度よく見てみたら、こちらも同じように大きな上げ下げ窓的な作りになってました。

壁際に縁側的なベンチシートのある開放的なカフェのダイニングと右サイドのカウンター席 正面から

壁際に縁側的なベンチシートのある開放的なカフェのダイニングと右サイドのカウンター席

この「縁側&巨大上げ下げ窓」の組み合わせ、アイディア的にはかなり「あり」だと思うんですよね。

季節の良いときには、こんな感じに開け放って使うのが当然一番でしょうけれど、この作りだったら、真冬や真夏なんかでも楽しめちゃいそうじゃないですか? 例えば冬場だったら、窓は閉めておいても天気さえよければ窓際はポカポカでしょうから、サンルーム的な感じでゴロゴロしながら日向ぼっして過ごしてみたり、逆に酷暑の真夏には、窓を閉めて、まずは室内に程よい感じにクーラーを効かせておいてからの、降り注ぐ日差しを全身に浴びながらの真っ昼間からキンキンに冷えたビールなんてのも、自宅に居ながらにして「カラリとした西海岸リゾートの夏」的な楽しみ方とかできちゃって、これまた最高な自宅でのひとときを過ごせてしまうのではないかと。ちょっと変わったところでは、温かいコーヒーを手に、しとしとと降る冷たい秋の雨を眺めながら、みたいなのもけっこう好みです。

こういう素敵なスペースのある建物をみちゃうと、どうしても妄想が全開になっちゃうんですよね…。スイマセン…。

それにしてもこのスペース、ここ最近で見たいろいろなアイディアやスペースの中ではかなりピンポイントに個人的なツボの中心近くのあたりに刺さってきたのは間違いないかなと。

このポストをご覧いただいている方の中で、自宅に「リラックスできる半屋外空間」「寛ぎの窓際スペース」みたいなのが欲しいなとお考えの方がいらっしゃいましたら、こんな感じの「縁側&巨大上げ下げ窓」、導入を検討してみてはいかがでしょうか?

僕も、「自宅用」のタグを付けておいて、いつの日か、リフォームや建て替え、引っ越しを行う日のためのアイディア集の1つに加えておきたいと思います。

( via ZACH HOME )

【自宅でのんびりリラックス】複数の屋外スペースが作り込まれた開放感あふれるロフトのリノベーションハウス



こちらのお宅のこのお庭、とっても素敵じゃないですか?

大きく開口する格子入りガラスドアで屋内とフラットにつながる石畳敷きのテラス

開口部を大きく取った格子入りのガラスドアで屋内とフラットにつながる石畳敷きのテラス。

サイドには、蓮の浮かぶ池も作り込んであったりして。

大きく開口する格子入りガラスドアで屋内とフラットにつながる石畳敷きのテラスのサイドの池.

こういう、シンプルでちょっと無機質な感じのところに、メダカやアカヒレ、ヌマエビなんかを入れて、いろいろな生き物が暮らすビオトープ的な空間にしてみたりすると面白いかも。

 

このお宅、もとは電化製品卸しの倉庫だったものを、こちらにお住まいの2人組の建築家ユニット、Neil RadcliffeさんとJacqui Keysさんが、ご自分たちでリノベーションしたものなんだそうで。

大きく開口する格子入りガラスドアで屋内とフラットにつながる石畳敷きのテラスを屋内のリビングから 吹き抜け

倉庫時代は大きなひとかたまりのスペースだったものを、内装に手を入れ、最低限の部分に壁を作り、残りはガラスのスライドドアでスペースを区切って。もとの建物が持っていた雰囲気を残したまま、開放的で遊び心のある面白いスペースに仕上げられてますよね。

室内と格子入りのガラス引き戸でつながるビルトインガレージ 駐車場

 

こちらのお宅、2階もこれまた素敵なんです。

2階には2つのベッドルームがありまして、まず1つ目は、先ほどのお庭に面したサイドのお部屋。

開放的な屋外リビング的バルコニー付きの2階のベッドルーム 庭の上部

幅5mくらいの細長いバルコニー付き。奥行きはそれほどありませんが、座り心地の良い屋外用のアームチェアでも置いておいて、朝夕、ちょっと時間の余裕があるときなんかに軽く出て、みたいな感じで過ごすには十分ですよね。

しかもこちらのベッドルーム、テラスとの間の部分が吹き抜けになってまして、こんな感じに階下のリビングとつながってるんです。

大きく開口する格子入りガラスドアで屋内とフラットにつながる石畳敷きのテラスから屋内のリビングを 吹き抜け

音や空気の流れのことまで考えると多少微妙な感じもしないでもないですけれど、上下のフロアと庭とテラスとが一体となったような、空間の拡がりが感じられるこの作り、ちょっと面白いかなと。

 

そして、もう1つのベッドルームには、こんな感じのゆったりとした作りのウッドデッキの屋外リビング的スペースが作り込んであったりして。

格子入りのガラスで囲われた中庭的な作りのバルコニーの屋外リビング ベッドルームに隣接

格子入りのガラスで囲われた、まるでサンルームのようなこのスペース、いいですね〜。

レイアウト的には、先程のベッドルームのちょうど逆サイド。

大きく開口する格子入りガラスドアで屋内とフラットにつながる石畳敷きのテラスのある家の平面図

こちらは周囲を壁で囲った作りになってまして、外部からの視線を気にすることなくリラックスして過ごすことができる、開放感とプライバシーを両立させた屋外空間になっています。

大きく開口する格子入りガラスドアで屋内とフラットにつながる石畳敷きのテラスのある家の外観

 

庭付きビルトインガレージ付き、タイプの異なる2つの屋外スペース付きベッドルームのある2階建て3LDK。自宅がこんなだったらいいですよね〜。

これからお家を建てたりリフォームしたりするご予定のある方で、「自宅には、リラックスしてのんびりできそうな開放的な屋外空間がたくさん欲しいな」とお考えの方がいらっしゃいましたら、こんな感じの遊び心あふれるお宅、参考にしてイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか。

( via desire to inspire )