タグ別アーカイブ: バルコニー

【外部を感じる空間】スーパーコンパクトなテラス



かねてより、「寛げるテラスやベランダっつーのは、ともかくそれなりの広さが必要だよね」的なコトを言ってきましたが、撤回致します。

狭いのもアリかなと。
こんな感じのトコロで、奥様/旦那様と2人でのんびりワインとか飲んじゃうというのも、大変宜しいのでは無いかと。
「だってアータ、このテラス、景色がメチャメチャ良いじゃないの」というご意見が聞こえてきそうですが、ソレが一体なんだと言うんでしょう?
確かにこのテラスの景色はサイコーですが、どんなトコロにだって、ソコの風景というモノがあるわけじゃないですか。
たまたまこのテラスの景色が究極に良いだけの話で、結局のトコロは、どんな場所、どんな風景でも一緒の話なんでは無いかと思うんですよね。
ゆったりとしたテラスやベランダは、その「内部の雰囲気の良さ」があるのは確かだと思います。
でも、その分、「外部」を楽しみづらくなっているのも確かかなと。
例えば、幅奥行きともに5mづつくらいあるテラスがあったとしましょう。
15畳くらいの広さはあるわけで、そこで寛いでるときにはあまり外部に意識が行かないんじゃ無いかと思うんですよね。
それに対して、この写真のような幅1mくらいのテラスがあったとするじゃないですか。
そうすると、そこに居ても意識は常に外に向いてることになると思うんですよ。
下が運河なら川の上にいるような気持ちになれると思いますし、水の流れを感じながら会話を楽しむことになると思うんです。
仮に下が道路ならその道を歩いている気持ちになれると思いますし、道行く人の気配を感じ、足音を聞きながらお茶を飲むことになると思うんですよ。
この写真のテラスを見ていて思ったんですが、そういうのって、内に向かっていては得られない、とても面白いものなのでは無いかと。
「それじゃ落ち着かないよね」という意見もあるかも知れませんけれど、最初からプライベートなスペースでは無くて、半ばパブリックなどこかのカフェにでも居るつもりでいれば、そんなに問題じゃ無い気もしますしね。
別に広くてゆったりとしたテラスやベランダを否定するつもりはありませんが、そういうスペース的な余裕が無くても、やり方次第で「良い感じ」な場所を作ることは充分可能だと思いますし、これって、「どちらが優れているか」という話じゃなくて、単なる「違い」の話なのかなと。
広いテラスを作るのが無理だったら、気にせず小さなテラスを作ってみてはいかがでしょう?
ウチの3階にも1つ追加で欲しいくらいです。
後からテラス作るのって、大変なんでしょうかね…?

【ガツンと来る色使い】カラフルな屋外空間と遊び心



今年の夏は、こーゆーのにチャレンジしてみようかなと。

アテクシ、今年で40歳になるオッサンですが、大変お恥ずかしながら可愛らしいモノが好きだったりします。
目の覚めるようなショッキングピンクの雑貨とか見ると、今年3歳になる娘と同じくらいの勢いで食いつきますから。
でも流石にリビングのインテリアにショッキングピンクとかを多用しだしたら、娘は許してくれても、妻と息子に何か言われるような気がするじゃ無いですか…?
年に何回かある来客時に、「ざわ…ざわ…」とか微妙な感じになられても気まずいですしね…。
んで、ちょっと思ったんですけれど、テラスとかだったらアリかなと。
庭とかテラスのような屋外空間って、元々が遊び心を発揮するためのスペースだと思ってますし、日常的にソコで過ごすわけでも無ければ深夜まで働いてクタクタになったあとで身を置くような場所でも無いわけで、思い切っちゃっても大丈夫なのでは無いかと。
範囲も限定されてますから、飽きたときに模様替えするのにもそんなに手間掛かりませんし。
というわけで、今年の夏、ウチのテラスはめちゃめちゃショッキングな感じになる予定でございます。
ショッキングピンクとイエローとグリーン、思った以上に良い感じの組み合わせなのでは無いかと。
手前に写り込んでるお花なんて、天然でその組み合わせですもんね。
ちなみにこの写真のバルコニー、カラフルな家具はIKEAものだそうです。
そういわれてみれば、確かにこれはVAGOという椅子ですね。
椅子もテーブルの上のランタンも見覚えがあります。つーか、ウチにもあります。ROTERAって奴です。
こんな色もあったんですね…。
でも、あの鉢植えはどう考えてもIKEAものでもなければ、そもそも既成品として売られているとも思えませんが…。
…スプレーですね…。
参考になりますな。
早速発色の良いショッキングピンクのスプレーの手配に入りたいと思います。