タグ別アーカイブ: バルコニー

【リラックスできるシンプルな空間】ベランダの屋外リビング付きのコンパクトなリビング・ダイニング・キッチン



こちらのお宅のリビング、ちょっといいなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

シンプルなウォールシェルフのあるベランダ付きのコンパクトなリビング

3m×3m、5〜6畳程度のこじんまりとしたスペースに、奥行きの深いゆったりめのソファとシンプルなウォールシェルフ。コンパクトながらも、ものすごくリラックスして過ごせそうですよね。

 

ソファの正面の扉の向こうには、ベランダの屋外リビング。

ベランダのコンパクトな屋外リビング

この位置関係だと、屋内のリビングとひとつづきのイメージで、思い立ったときにサッと外に出ていけるような使い勝手の良さがありそうです。

ソファの置かれたコンパクトな屋外リビング

ラグを敷いてソファを置いただけのなんということもないスペースですけれど、ここで本を読んだりコーヒーを飲んだり、夕暮れの町並みを眺めながらビールで一杯、なんてのも素敵ですね〜。

 

屋内側の逆サイドはダイニング・キッチン。

コンパクトなダイニング・キッチン

リビング側と合わせた全体でも、せいぜい15畳程度といったところでしょうか。家具は、窓際に置かれた小さなダイニングテーブルと2脚の椅子のみ。

窓際のコンパクトなダイニング

 

このくらいシンプルな空間、ちょっと素敵ですよね。若い夫婦の2人暮らしだったら、これで十分ですしね。このお宅をみてたら、結婚してから子供ができるまでの数年間、妻と2人だけで住んでいた2DKのアパートを思い出しました(当然こんなに洒落てなくて、ホントにボロいアパートでしたけど…)。子供が生まれたら、こういうところで暮らすのはいろいろな意味で厳しくなってきちゃうでしょうし、そう考えると、こういうところに住めるのって、人生の中のほんの短い一時期だけなんですよね。

あ、でも、老後はもしかすると再びこんな感じになることもあるのかも。老夫婦がこんなところでひっそりと暮らすというのは、それはそれでちょっと静かすぎて寂しいような気もしますね…。2世帯住宅の一部をこんな感じにして、たまに孫が遊びに来てくれるような感じだったらいいかも。

息子か娘、結婚して子供作って2世帯住宅建てて僕ら夫婦と一緒に住んでくれますかね…? 今のうちから、ちゃんと教育しとかないと。

( via Bliss )

【アイディアの積み重ね】テラスの屋外リビング・ダイニング・キッチンを使い倒す



こういうテラスはいかがでしょう?

バルコニーの屋外ダイニング

使い込まれたシャビーなテーブルとチェアのセット。屋内となんら変わらずに使えそうなこんな屋外スペースが自宅にあったらいいですよね。

 

ダイニングエリアの隣には、テラス用のキッチンとシンク。

屋外キッチン付きのバルコニーの屋外ダイニング

屋外ダイニングの脇に作られたしっかりとした屋外キッチンスペース

できればちょっと大きめのシンクを入れて、油ギトギトのBBQグリルとか激しい汚れ物とかを、ガシガシと遠慮なく洗えてしまうような感じにしておきたいですね。

で、洗ったものはそのまま外で乾燥させて、翌日の朝に定位置へと収納、という感じに、屋外でのもろもろの作業を全てこのエリアだけ完結できるようになってたりすると、なおサイコーかなと。

 

壁には、屋外で使うクッションなどを引っ掛けておけるフックが用意されてたりして。

バルコニーの屋外ダイニングの脇のくつろぎスペース

屋外で使うクッションのたぐいって、どこかにしまっておいて、使う際に出して、という使い方をするのが一般的だと思うんですけれど、実際のところはそれだとちょっと面倒で、ややもすると、その面倒さのせいで、いつの間にか使わなくなっちゃったりもしそうじゃないですか。かといって、いかに屋外用としての加工がされたものであっても、使った状態そのままで屋外に常に置きっぱなしにしておくと傷みも早そうですし、雨の多い時期には水が溜まった裏側にカビや苔が生えてきたりもしそうで、出しっぱなしにしておくのはちょっと抵抗があったりもしますよね。

その点、いつでも使えるような状態でこうやって片付けておけると、出したりしまったりの億劫さもなくて、思い立ったときにすぐにテラスに出て寛ぐことができて宜しいのではないかと。

ほんのちょっとしたアイディアですけれど、こういうのの積み重ねが、実生活の中での各スペースの使いやすさのキモになってきたりするんだと思います。

 

家を建てるときに、寝室やリビング、ダイニング、キッチン、どんな場所でも、「その場所をどんな風に使うか」を考えて、それに必要なものが何かを考えるじゃないですか。

庭やテラス、バルコニーなんかの屋外空間も、それと全く同じで、そうやってしっかりと考えて、いろいろなものを作り込んでいけると使い勝手が格段に良くなってくれますし、使い勝手が良いからこそ、その場所をより楽しんで使っていけるのかなと。

せっかく素敵な屋外スペースを作るんだったら、やっぱりそこを日々とことん使い倒していけるようにしたいですもんね。

( via Adam Robinson Design )