タグ別アーカイブ: バルコニー

【きっと色々刺激的】森に突出るウッドデッキのベランダ



このベランダ、素敵ですね〜。

森の中に建つ家のハンモックのあるウッドデッキのベランダ

シンプルな布張りの椅子に2人で並んで座って、明るいうちからちょっとビールかワインでも、なんてのも良いですし、更にのんびりする余裕があるときは、ハンモックの中でゆらゆらしちゃったりして。

 

逆側にも、もう1つハンモック。そしてデイベッドまで用意されちゃってたりします。

森の中に建つ家の、デイベッドの置かれたウッドデッキのベランダ

 

“Pensatorium”と名付けられたこちらの建物、ブラジルの著名な芸術家であり建築家でもあるTUNGA氏の自宅兼アトリエなんです。

森の中に建つ家のウッドデッキのベランダ沿いのリビング

鬱蒼と木々の生い茂ったこの広大な熱帯雨林を高く評価した氏は、ここで、森に住むサルやオオハシ、アライグマなどの多種多様な動物たちと共に生き、そこから得られたものを自らの創作活動の中に取り込んでいくことを考えて、この家をデザインしたんだそうで。

森の中に建つ家のリビング

 

このお宅を見ていてふと思ったんですけれど、ここまで行ってしまうと、もう、「この土地を自分が所有している」という感覚では無く、「単にそこに土地(森)があり、自らもその一部となってそこに暮らしている」という感覚だったりするのかなと。

あまり上手い説明ができないんですけれど、「自分の土地」「自分の家」といった「不動産所有」の概念って、感覚的には、ある一定のレベル以上に、整地されたり周辺道路の整備などが行われた状態のものに対してしか持て無いような気がするんですよ。

例えば、自らが所有している手付かずの自然そのものな森や山があったとして、書類上/登記上はそれは確かに自分の所有する不動産なわけですけれど、自らがコントロールし切れていない状態にあるその森や山って、実際の感覚としては、単に自然そのものがそこに広がっていて、自分も単にその一部の中で暮らしているだけ、という感じになってくるんじゃないかなと。

そういうのって、イメージとしては、穏やかそうな、何かちょっと寂れたような感じだったりもしますけれど、実際には、日々暮らしていくだけでもものすごく大変で色々とエネルギーが必要でしょうし、それと同時に、逆に自然からエネルギーを返してもらったり、別な形で与えてもらったり、都会で暮らすのとは全く別の意味で、ものすごく刺激的でエネルギッシュな生活が送れそうな気がするんですよね。

 

まあ、こういうのも所詮は街中でしか暮らしたことの無い人間の感覚でしか無くて、野山の近くで自然とともに先祖代々暮らして来たような方々からすると、全然そんなことは無かったり、または、全然別の感覚で受け止めるものが色々とあるのかもしれませんけれど。

もしも機会があれば、一生のうちに一度くらい、何年間かこんなところに住んでみたいですけれどね〜。

( via CASA VOGUE )

家の中心に据え付けられた巨大な多機能ボックス



こちらのお宅、ちょっと面白いんですけれど。

内部に構造躯体以外のものがほとんど無い家の外観

 

家の内部に入ると、柱や梁などの構造躯体的なものと壁以外、ほぼ何もないようなガランとした空間に、

内部に構造躯体以外のものがほとんど無い家の内側

合板で作った、「サービスボックス」と呼ばれる巨大な物体が。

家の中央に設置された合板製のキッチン他多機能サービスボックス

 

こちら、ぱっと見は、上部に本棚のついた木製の造作システムキッチンという感じなんですが、脇を抜けて奥に行きますと…。

多機能サービスボックスの脇の通路

内部に階段が作られてまして、

多機能サービスボックスの内部に作られた階段

 

階段を上がった先、ボックスの上部には、こんなワークスペースが作られてるんです。

多機能サービスボックスの上はワークスペース1

 

階段を上らずに進んだ1階の奥側はトイレとクローゼットです。

多機能サービスボックスの奥側のトイレ

 

こういうの、なんて言うのんですかね?

キッチン兼収納兼階段兼トイレの箱?

 

でも、ちょっと面白いですよね。

スケルトン・インフィル住宅じゃないですけれど、まず周りのガワだけ、きっちりとしたものを作っておいて、内部側は、住む人のニーズに応じて多機能のボックスをオーダーメイドで作り込む、とか。

リフォームするのも簡単ですし、もしもいつの日か、こういうのが一般化した世の中が到来したら、1人一個/一家に1つとかで、みんなそれぞれ規格化されたこのボックスを持っていて、引っ越すときにはこのボックスを移設したりして……。

 

ちなみに、ベッドルームとお風呂はこのボックスには含まれていませんで、2階の、ワークスペースとは逆のエリアに、普通のフロアとして作られてます。

内部に構造躯体以外のものがほとんど無いスケルトンハウスの中の唯一の2階フロア

多機能サービスボックスの奥のベッドルームとバスルーム

あのボックスが無いと、ここに上がってくることも出来ないんですから、やっぱ少し(かなり?)変わってますかね……。

 

何はともあれ、こんな感じでダイニング・キッチン・収納・ワークスペース・トイレ・バス・寝室と一通り揃っているわけですが、あれ? じゃあ、リビングは無いの……?

ということで、キッチン脇のドアから外に出てみますと……。

ウッドデッキのベランダの屋外リビング2

ドアの先はウッドデッキのベランダになってまして、ここと庭がリビングスペースというわけで。

ウッドデッキのベランダの屋外リビングで寛ぐ

ウッドデッキのベランダの屋外リビング1

 

便利か不便か、実用性がどうだとか、実際には色々あるのかも知れませんけれど、住んだらともかく楽しそうなお家ですよね。

内部に多機能サービスボックスを収めたスケルトンの家

スケルトンの家の塀

スケルトンの家の塀に吊り下げられたハートマーク

( via archilovers )