タグ別アーカイブ: ロフト

【緩くつながる頭上空間】中二階付きの明るく開放的なリビング・ダイニング・キッチン



こちらのお宅のリビング・ダイニング・キッチン、ちょっといい感じなんですけど。

明るく開放的な雰囲気の天井の高いリビング・ダイニング・キッチン

ゆったりとした作りの、明るく開放的な雰囲気のリビング・ダイニング・キッチン。

キッチンの壁面には、有孔ボード的な、穴のあいたパネルを利用した収納棚が取り付けられています。

壁面に、有孔ボード的なパネルを用いた大きな可変棚のあるダイニング・キッチン

こういう棚、今までにも何度かご紹介したことがあるんですけれど、いいですよね。シンプルな見た目が個人的にツボというのもありますけれど、やはり、簡単に組み替えができるという、実用面でのメリットは大きいと思います。

料理や片付けなど多種多様な作業を毎日行う、家事における主戦場の1つであり、そこで使用されるたくさんの道具類の収納場所でもあり、且つ、その道具類も、追加や入れ替えが日常的に行われるキッチンという場所。当然のことながら、ベストな収納スペースの形というのも日々刻々と変化していくわけですけれど、収納が思い立ったらすぐに組み替えができるような作りになっていると、そこらへんにも柔軟に対応できてよろしいのではないかと。

 

こちらのリビング・ダイニング・キッチン、魅力的なのは、キッチンの棚だけじゃないんです。

4m前後はあろうかという高い天井。だからこその、この開放感なんですが、その頭上には、実はこんな感じの中二階的なスペースが作り込んでありまして、

頭上にメゾネット的な中二階ロフトスペースのあるリビング・ダイニング・キッチン

頭上にメゾネット的な中二階ロフトスペースのあるリビング・ダイニング・キッチン2

リビング・ダイニング・キッチンからメゾネット的な中二階のロフトスペースに上がるための階段

 

そこが、こんな感じのワークスペースになってたりして。

リビング・ダイニング・キッチンの頭上に作り込まれたメゾネット的な中二階ロフトのワークスペース2

リビング・ダイニング・キッチンの頭上に作り込まれたメゾネット的な中二階ロフトのワークスペース

上と下で、それぞれ別々のスペースに居ながらにして、相手がいま何をしているのか、なんとなく感じ取ることができる、会話をしようとすればできる、分かれつつも緩くつながっているこういう感じ、好きなんですよね。

 

ちなみにこちらのお宅、ベッドルームにもやはり同じような中二階スペースが作ってありまして、こちらは上下両方ともベッドルームになってます。

頭上にメゾネット的な中二階のロフトスペースのあるベッドルーム

大掛かりな2段ベッドみたいなイメージでしょうかね。同性の兄弟2人用の子供部屋とかにするといいかも。

頭上にメゾネット的な中二階のロフトスペースが複数作り込まれたマンションの平面図

 

個室には個室の良さ、メリットがあるとは思いますけれど、こういう空間の区切り方/つなげ方にも、これにはこれで良さがあるかなと。まあ、なんにせよ天井が高いからできるわけで、そういう意味ではかなり贅沢な作りともいえるわけですけれどね。

幸いにして、ご自宅の天井が比較的高い作りだったり、階高高めの家が建てられちゃいそう、というような恵まれた方がいらっしゃいましたら、容積率の一部を、こんな感じの頭上空間に割り当ててるプランを考えてみるというのはいかがでしょうか?

( via Standard Studio )

【包まれてリラックス】勾配天井と天窓の下の明るく開放的な寛ぎスペース



ロフトとかで、屋根の裏の斜めになった形がそのまま出てきているような勾配天井の下のスペースって、ちょっといいですよね。

たとえばこんな感じのキッチンとか、どうでしょう?

大きな天窓の入った勾配天井の下の明るく開放的なロフトのキッチン

頭上に大きな天窓の入った、明るく開放的なキッチン。斜めになった天井の下のスペースの、おもしろさと包まれ感のような落ち着く感じがまざりあったようなこの独特の雰囲気、好きなんですよね。

大きな天窓の入った勾配天井の下の明るく開放的なロフトのダイニングキッチン

ちょっと話それますけれど、この写真を見てて思ったんですが、「勾配天井の下にダイニングテーブル」って、もしかして結構ありかも知れませんね。

天井や壁が斜めになっていると、壁にピッタリと寄せて物を置くことができませんから、何かを設置しようとするとちょっと不便じゃないですか。工務店さんに頼んで、傾斜にあわせて家具を造作してもらえばいいんでしょうけれど、手間もコストもそれなりにかかりますし、賃貸だったりしたら尚の事ハードルも高くなりますしね。一度作ってしまったら模様替えもなかなかできないというあたりも引っかかってきたりします。

その点、ダイニングテーブルの上って、特に作業をしたりするわけでもないので実際にはそこまでの高さを必要としないわけで、だったらそこにこういう感じにテーブルを置いてしまうというの、意外と正解だったりするのかなと。

 

まあ、そういう意味では、ソファを置くというのもありですよね。

大きな天窓の入った勾配天井の下の包まれ感と開放感の共存するロフトのリビング・ダイニング・キッチン

寛ぐだけなら特に高さは必要ありませんし、勾配天井の下の独特の包まれ感と相まって、より一層リラックスして過ごせそうな感じのスペースになってくれたりもしますしね。

大きな天窓の入った勾配天井の下の包まれ感と開放感の共存するロフトのリビング

 

ベッドなんかも当然ありだと思います。

大きな天窓の入った勾配天井の下の包まれ感と開放感のある明るいベッドルーム

天窓の真下に、シンプルに最上級のマットレスをそのまま置いて。スキップフロア的に1段高くしてあるところがまたいい感じ。※本当にこんな感じの寝室をお作りになる場合には、「明るいと寝られないの」という方は、シェードやブラインドなどで天窓をきっちりと閉じる方法を検討、導入おくことを「強く」オススメいたします。うちの嫁さんがまさにそうなんですが、寝室の天窓のお陰で、日の出の早い季節には、強制的にものすごく早起きをさせられてるらしいです…。

 

バスルームというのも、これまたありですよね。

大きな天窓の入った勾配天井の下の明るく開放的なバスルーム1

勾配天井の下で、湯船に体を浮かべてリラックス、みたいなの、いいですね〜。このバスルームを作る前にあらかじめ月の軌道を確認しておいて、湯船に浸かりながらお月見ができるような位置関係で天窓とバスタブを配置できちゃったりしたら、これもう最高でしょうね。

 

とまあ、なんだかひたすら個人的な思い(&妄想)が全開な感じのポストになってしまいましたが、つたない文章ながらも、僕がいかに勾配天井下のスペースを愛しているかについて、みなさまに多少なりともお伝えすることができたのではないかと思います。

お宅の3階にも(別に3階に限りませんが)、こんな感じの勾配天井下のスペース、おひとついかがでしょうか?

( via archilovers )