タグ別アーカイブ: ロフト

【いくつかの面白いアイディア入り】ロフトのベッドルーム付きリビング・ダイニング・キッチン



こちらのお宅の作り、ちょっと面白くて素敵なんですけど。

天井の高い広々としたダイニング・キッチン。

ロフトのあるダイニング・キッチン1

 

キッチンの逆サイドにはロフトが作り込まれています。

ロフトのあるダイニング・キッチン3

 

ロフトの下はリビングスペース。

ロフトのベッドルームとその下のスモールリビング

天井の低い、このこじんまりとした雰囲気、何だかとっても落ち着けそうじゃないですか?

 

しかもこのロフト下のスペース、引き戸がついてまして、引き戸を閉じて個室的に使用することもできるようになってるんです。

引き戸で個室にすることのできるロフトの下のスモールリビング

このアイディア、ありそうで意外と見かけることがなかったりするかなと。

 

周囲の壁と引き戸に防音加工を施しておけば、楽器練習用の防音室としても使えそうですし、アンプやスピーカー類を充実させてホームシアター的な使い方をしてみても面白いかも。

ロフトの下のスモールリビング

 

ちなみに、このリビングスペースの隣はバスルーム。

ロフトのあるダイニング4

ダイニングのロフトの下のバスルーム

このコンパクトなスペースにリビングとバスルームを作り込んでしまうこのアイディアもいいですね〜。

 

ロフトの上はこんな感じのベッドルームになってます。

ダイニングのロフトの上のベッドルーム

 

そして、ロフトのベッドルームの逆サイド、キッチンの上部側には、ロフトの収納スペースが。

ダイニングの上のロフトスペースからダイニング・キッチンを見下ろす

 

この収納スペース、こんな感じに、キッチン側ともつながった作りになってたりして。

ロフト収納とつながるキッチン

ロフト収納とキッチンがつながった作りになっている理由はいまいち良く分かりませんが…。でもこの作り、大きなものをここから出し入れしたりするのに便利なのかも。もう少し低い位置にしておいたりすれば、キッチン関係のものを収めておく収納としても使えそうですしね。

 

もともとは、広めのワンルームか1LDK程度のスペースなわけですけれど、そこを上手に分割して様々なスペースを作り込んでしまうこのアイディア、なかなか秀逸なのではないかと。

これから家を建てたりリフォームしたりするご予定のある方で、ロフトを作ったり、コンパクトでも居心地の良いスペースを作り込んだりしてみたいな、とお考えの方がいらっしゃいましたら、こちらのお宅を参考に、色々と面白いスペースについてのアイディアを練ってみるというのはいかがでしょうか?

( via DIAKRIT )

【入り口の上に作る】ダイニングの上のコンパクトで開放的なロフト



ロフトつながりということでもう1つ。こちらのお宅のダイニングとロフトの作り、ちょっと良いなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

玄関を入ったすぐ脇に、こじんまりとしたコンパクトなダイニング・キッチン。

コンパクトなトレーラーハウスの玄関脇のダイニング

コンパクトなトレーラーハウスのダイニングスペース1

 

そして、そこから一歩下がると、唐突に梯子が登場…。

コンパクトなトレーラーハウスのダイニングの上のロフト2

 

梯子の上は当然ロフト。

コンパクトなトレーラーハウスのロフト1

かなりコンパクトなロフトですけれど、大きめの窓も作ってあって、結構明るくて開放的な感じしません?

しかも こちらのロフト、逆側も開いてまして、梯子を掛ければこちらからも上がれるようになってるんです。

コンパクトなトレーラーハウスのロフト2

 

ロフトって(必ずそうだとはいいませんけれど)壁沿いに作られてることが多くないですか?

フロアのレイアウト的に仕方がないことなのかも知れないですけれど、こういう感じに、フロアの真ん中に、両サイドの開いているロフトを作ってしまうというの、ちょっと良くないですか?

 

あと、これは昨日ご紹介したお宅のロフトとも共通する点があると思うんですけれど、「入り口の上」というところも、このロフトのポイントの1つなのかなと。

コンパクトなトレーラーハウスのダイニングの上のロフト1

昨日のお宅のロフトもこのお宅のロフトも、ロフト自体が結構低い位置に作ってあると思うんですけれど、これって入り口の上だからこそ許容される作りなのではないかと。

「部屋の奥側に低いロフトがあって、奥に行くほど圧迫感がある」というのはちょっときつい気がしますけれど、「入り口がちょっと低くなってて、でも奥に行けば普通に開けてる」という作りだと、作ってあるロフト自体は全く同じ大きさだったとしても、気持ち的な部分ではかなり違ってくると思うんですよね。

 

「両方サイドが開いている」という作りも「(家の中央にある)入り口の上」というレイアウトから来ているわけで、そう考えると、「入り口の上にロフト」、プランの1つとしてありなのではないかと。

ちなみにこちらのお宅、すでにお気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、普通の家ではなくてトレーラーハウスなんです。

コンパクトなトレーラーハウスの外観1

こういう家を車で引きながら、1〜2ヶ月おきに色々な場所を移動して四季折々の風景を眺めながら日本中を旅したりとか、良いですね〜。

日本だと、スペースの問題とか住民票の問題とかが色々あって、現実的にはちょっと難しいのかも知れませんけれど。

コンパクトなトレーラーハウスの外観2

よく考えたら、それ以前に仕事とか子供の学校とかがあるから無理ですね…。早くても15年後とかですか…。

( via http://tallmanstinyhouse.com/ )