タグ別アーカイブ: ロフト

【包まれてごろ寝】勾配天井の下の寛ぎスペース



ごろ寝用のデイベッドスペースだったら、勾配天井の下でも全然問題無いですよね。

湖そばのロッジの勾配天井の下の包まれ感のある寛ぎスペース1

これは良いですね〜。全然問題無いどころか、天井が低ければ低いほど、包まれ感があってより寛げる空間になってくれそうな感じ。

 

スペースの中央には焚き火台まで用意されちゃってたりして。

湖そばのロッジの暖炉の周りの寛ぎスペース

天井が高くなっているエリアの上部には、約12.5畳のロフトスペースも作られてます。

斜めになった天井の下のスペースを有効活用するために色々頭を捻って無理やり収納スペースを作り込んだりするくらいだったら、最初から潔くこんな感じの「完全なる遊び用のスペース」を作ることを考えてしまうというのが宜しいのでは無いかと。

 

ちなみにこちら、実は一般のご家庭ではなく、ノルウェー北西部のフィヨルド地帯の山間部に作られた山小屋でして、約20畳のフロア+12.5畳のロフトを合わせたこの空間全体で最大で21人のゲストを収容できるように設計されているんだそうです。

躯体の外観デザインも、手付かずの自然そのものの周辺環境に溶け込むように考慮されてまして、真冬になるとこんな感じ。

ノルウェー北西部の雪に覆われた狩猟小屋

実際にここで寝泊まりするということがどういうことなのか、日本の都市部で暮らす僕には想像もできませんが、空と大地以外には何にも無いこの感じ、ちょっと素敵かも。

いつか引退して田舎に移り住むようなことがあったら、こういう家を建ててみるというのも楽しいかも知れませんね〜(想像を絶するような大変さに直面して、あっという間に音を上げて逃げ出すことになりそうな気もしますけど……)。

( Photo #1-#2 via ARCH ATLAS , Photo#3 via Snohetta )

【上下2段に割って使う】上段のワークスペースと下段のリーディングヌック



自宅の中に天井の高さを十分に確保できるスペースがあったら、吹き抜けを作ってみるのも悪くないですけれど、こんな感じに、上下2段に割って使ってみるというのも宜しいのではないかと。

吹き抜けの上のロフトのワークスペース

上段は見晴らしの良いワークスペース。勾配天井の下の包まれ感のある雰囲気と、天窓から差し込む光の組み合わせが良い感じ。

そして、天井の低い下段は座り心地の良い一人掛けのソファを置いて、こじんまりとした読書スペースに。天井は高さ1.8m程度といったところでしょうか。この何とも居心地の良さそうなコンパクトなスペース、最高ですよね〜。

 

階段には雑誌を重ねちゃったりして。

ロフトに上がる階段を雑誌置き場に

本当はいけないんでしょうけれど、たかだか7〜8段、ワークスペースに上がるお父さん以外は誰も使わない階段ですから、こういうのもありかなと。

 

この上下2段の組み合わせ、抜き出た開放感のあるスペースと低い天井の包まれ感のあるスペースの2つを同時に楽しめる、なかなか面白いアイディアなのでは無いかと。

天井の高さが確保できるようなお宅を建てるご予定がありましたら、選択肢の1つに入れて検討してみてはいかがでしょうか? もしかすると、例え天井の高さが確保できないようなお宅でも、「低い天井」+「低い天井」の2段重ねでやってみるというのも、それはそれで面白そうな気もします。

( via Garance Dore )