タグ別アーカイブ: ロフト

【上下2段に割って使う】上段のワークスペースと下段のリーディングヌック



自宅の中に天井の高さを十分に確保できるスペースがあったら、吹き抜けを作ってみるのも悪くないですけれど、こんな感じに、上下2段に割って使ってみるというのも宜しいのではないかと。

吹き抜けの上のロフトのワークスペース

上段は見晴らしの良いワークスペース。勾配天井の下の包まれ感のある雰囲気と、天窓から差し込む光の組み合わせが良い感じ。

そして、天井の低い下段は座り心地の良い一人掛けのソファを置いて、こじんまりとした読書スペースに。天井は高さ1.8m程度といったところでしょうか。この何とも居心地の良さそうなコンパクトなスペース、最高ですよね〜。

 

階段には雑誌を重ねちゃったりして。

ロフトに上がる階段を雑誌置き場に

本当はいけないんでしょうけれど、たかだか7〜8段、ワークスペースに上がるお父さん以外は誰も使わない階段ですから、こういうのもありかなと。

 

この上下2段の組み合わせ、抜き出た開放感のあるスペースと低い天井の包まれ感のあるスペースの2つを同時に楽しめる、なかなか面白いアイディアなのでは無いかと。

天井の高さが確保できるようなお宅を建てるご予定がありましたら、選択肢の1つに入れて検討してみてはいかがでしょうか? もしかすると、例え天井の高さが確保できないようなお宅でも、「低い天井」+「低い天井」の2段重ねでやってみるというのも、それはそれで面白そうな気もします。

( via Garance Dore )

巨大食器戸棚のあるロフトのダイニング・キッチン



このロフトの下のダイニング・キッチン、良い感じじゃないですか?

広々としたロフトのリビングダイニングキッチン

広々と開放的な雰囲気もポイント高いですけれど、何が良いって、ダイニングエリアの正面スペースの壁面一杯に作り付けられたこの食器戸棚が良いですよね。

 

内部がうっすらと見えるこのすりガラスの前面扉、収納スペースとしての使い勝手向上に寄与するのは当然のこととして、インテリア的にもかなり良い感じです。

ガラス扉の大きな造作食器戸棚のあるキッチン1

幅4m近くはあるでしょうか。

食器って、家族で暮らしているとだんだんと増えていって、気が付くといつの間にか収納場所が足りなくなって困ったりすることも珍しくないわけですけれど、このくらいの容量が確保できていれば、とりあえずのところは一安心できそうです。

まあ、それでもいつかは結局スペースが足りなくなって、サブの収納スペースを作ることになるような気はしますけれど、メインにこれだけの容量が確保できていれば、やはり何かと使い勝手は良いと思うんですよね。

家を建てる際に、隙間スペースまで使って色々なところに収納を確保するように一生懸命考えたりもするわけですけれど、こんな感じに、まずはメインの一等地スペースを思い切って使って、できる限りの容量の収納を確保してしまうというのもアリのではないかと。

( via TRICIA JOYCE INC )