タグ別アーカイブ: 包まれ感

【包まれ感でリラックス】勾配天井の下の寛ぎ空間



このバスルーム、ちょっと良くないですか?

勾配天井の下の包まれ感のあるバスルーム1

上手に使うのが難しい勾配天井の下にバスタブ。基本体を横たえる場所ですから、高さが無くても全然問題ありませんし、このほうが包まれ感があってリラックスして入浴できちゃうかも。

シャワーブースは、これとは別にしっかりと用意されていますのでご心配なく。

勾配天井の下の包まれ感のあるバスルーム2

 

こちらのお宅、ともかく勾配天井の下のスペースの使い方にはこだわりがあるようで、それがまたどれもなかなか良い感じなんです。

 

階段を上がった上の廊下も勾配天井の下。

階段上の勾配天井の窓に作られたワークスペース2

 

で、天井を削り取るように埋め込まれた窓際にデスクを置いて、通路脇のワークスペースに。

階段上の勾配天井の窓に作られたワークスペース1

こんな場所じゃちょっと落ち着かないような気もしますけど、人がいつ通るか分からないという程良い緊張感が雑念や様々な誘惑を遮断して、思いのほか集中して作業ができちゃいそうな気も。

 

ベッドルームはこんな感じ。

勾配天井の下の包まれ感のあるベッドルーム1

こちらも独特の包まれ感があって、落ち着いてぐっすり眠れそうな感じです。でも、寝ぼける人は奥側じゃなくて通路側で寝たほうが良いかも知れませんね〜。

勾配天井の下の包まれ感のあるベッドルーム2

 

勾配天井の下のスペースをこうやって上手使うことができれば、単にスペースが有効活用できるだけじゃなく、普通の天井の下では実現できない独特の面白さのある空間を作り込むことができちゃうんですよね。

日本の、特に都市部の狭小住宅なんかの場合だと、斜線制限や建物の作りの関係でこういった斜めの天井部分ができてしまうというのは珍しいことじゃないと思うんですけれど、だったらいっそのこと、最初からこういう狙いで行ってみるというのもアリかも知れません。

( via VIRLOVA STYLE )

【区切って色々作り込み】ロフトの多目的スペース



こちらのお宅のこのロフト、かなり素敵です。

勾配天井の下のリビングスペース。

ロフトのリビング

包まれ感のある落ち着いた雰囲気と、天窓から差し込む光の組み合わせが、このソファに身を任せるだけで自然とリラックスさせてくれそうで良い感じ。

 

で、ずずいと横に回り込んで裏を覗いてみますと、

ワークスペース付きのロフトのリビング

 

そこには何と、こんな感じのワークスペースが作り込まれてたりして。

ロフトのリビングの壁の裏のワークスペース

斜めの天井の下の、コンパクトで包まれ感のあるワークスペース。何だかとっても落ち着いて作業に没頭できちゃいそうじゃないですか?

完全な個室というわけでは無く、後ろのリビングスペースとは同一の室内ながらも、実際にココに座っている姿は回り込んでこなければ見られないという、この付かず離れずの微妙な位置関係も良いですね〜。

 

リビングとワークスペースを隔てている壁に細かい穴が開いているところも、何気に芸が細かくて宜しいのでは無いかと。2つのスペースをより隔てた感じにしたければ、穴を小さくしたり、いっそ穴無しにしたりすれば良いんでしょうし、逆に大きめの穴にすれば、それだけリビングとの距離感を縮めることもできます。

どんな材質の壁なのか分かりませんが、こんな感じの壁なら、PILLAR BRACKETを使って柱を立てて、その間にハンズやホームセンターなんかで売っている発泡スチロールのブロックに色を塗ったものを積み上げるだけでも作れちゃいそうですし、単純にスペースを区切るだけの目的だったら、却ってその方が、必要に応じて壁を増やしたり撤去したりも簡単にできて良さそうですよね。

有孔ボード的なもので作っておいて、小物などを引っ掛けて収納できるスペースにしちゃったりするのも良いかも。

これ、近い将来に予定している自宅の子供部屋リフォームプランの1つとして使えそうな気がします。

 

このロフトのリビングスペース、これだけでも十分素敵な感じなんですけれど、それだけじゃないんです。

ソファの後ろには、こんな感じの作り付けの巨大本棚

巨大な本棚のあるロフトのリビングスペース

これだけの容量があれば、夫婦2人の、長く取っておきたいような思い入れのある書籍/雑誌類と、書類関係程度であれば十分収納しておけそうです。

 

しかも、その脇には、こんな感じのカウンターテーブルまで用意されちゃってたりして。

バーカウンター付きのロフトのリビング

ロフトのバーカウンター

ここに小さな冷蔵庫と流しでも用意しておけば、ちょっとお茶したりするのにも、いちいち下のフロアに行かなくても良いので楽ですし、夜リビングで寛ぎながらちょっとお酒を飲んだりするのに便利そうです。流しがあると、食器類の片付けまで含めて全部このフロアで完結できるので何かと手軽ですし、スペースの使い方にグッと幅を持たせられるようになりますよね。

 

座り心地の良いソファと大きな本棚とテレビとワークスペースがあって、そこに美味しいコーヒーとキンキンに冷えたビールまで用意されてるなんて、他にもう何も要らないんですけど……。

( via INT2 architecture )