タグ別アーカイブ: 寝室

【居心地の良い上下2段のスペース】リビングの入口の上の低めのロフト



ロフトというと、通常よりも多少は天井が高いスペースに作られていることが多いイメージがありますけれど、場合によってはこういう作り方もありかも知れませんよね。

それほど高くない階高(といっても、2m台の後半はありそうですけれど)のリビング上部に作られた低めのロフト。

リビングの入り口の上に作られた低いロフトとその下のスペース

リビングの入口上部に作られているからというのもあるでしょうけれど、あまり圧迫感も無く、どちらかと言うと、包まれ感のような面白さのある雰囲気を醸してくれてたりするかなと。

 

ロフトの上はベッドルーム。

リビングの入り口の上に作られた低いロフトとその下に置かれたテーブル&チェア

場合によっては、ここにちゃぶ台とテレビでも置いて、ワークスペース兼リビング的な使い方をするという手もありかも。冬になったらこたつを置いて、なんてのも落ち着いて寛げそうで良さそうですね〜。

 

このロフトの下部がどの程度の高さを確保できているのか、正確な数値はちょっと確認出来なかったんですけれど、窓やオイルヒーターの高さから推測するにちょうど2m弱、恐らく1.8m程度といったところだと思います。

低いロフトのあるリビング

ロフトの方もそれほど高さはなさそうで、1.2m〜1.3mといったところでしょうか。高さ1.4m以下であれば日本の建築基準法上もロフト(小屋裏収納)扱いにできるわけですけれど、この作りなら十分その範囲内に収まってくれそうです。

部屋の入口の上に低めのロフトを作るこのやり方、リビングだけじゃなく、ベッドルームとか子供部屋とか、上手に応用すれば色々なところで使えそうな気がします。

※日本の建築基準法では、小屋裏収納は居室として使用することは認められていません。また、本ポストは、法令・条例等に違反することを助長する意図はございません。本ポストを何らかの参考とされる場合には、ご自身の責任・判断でご利用いただけますようお願いいたします。

( via http://nicety.livejournal.com/ )

【空間の仕切り方】大小2つの引き戸でつながったリビングとベッドルーム



リビングと、そこに隣接するベッドルームをこんな感じにつなげるというのも、なかなか良いアイディアかなと。

大小2つの引き戸で分けたり繋げたりできるリビングとベッドルーム

こちらのお宅、リビングの隣にベッドルームが作ってありまして、その間を大小2つの引き戸でつなげてあるんです。

 

扉は壁の戸袋に引き込まれるようになっているので、開け放った状態は、「扉を開けてある」というよりも、元から1つの空間だったようなイメージで使うことができます。

大小2つの引き戸で分けたり繋げたりできるリビングとベッドルームをベッドルーム側から

この作り、ちょっと良くないですか?

普段は大きな扉を開いて全体を1つの空間として使いつつ、来客時や夜寝る際などには扉を閉じて2つ空間に分けつつ、出入りは窓側の小さな扉から、というように、空間の仕切り方を状況に応じて柔軟に切り替えることができます。

真夏や真冬の冷暖房時なんかにも、効き方の面でもコストの面でも随分と変わってくると思いますしね。 

 

ちなみにこちらのお宅、ベッドルームの中にも格子ガラスの引き戸が。

クローゼットとの間にも格子すりガラス入った大きな引き戸が

 

引き戸を開けると、その向こうにはウォークインクローゼット。

クローゼットとの間の格子すりガラス入った大きな引き戸を開けたところ

単なるドアじゃなくて、ガラス入りなところが良いですよね。この場合は2つのスペースを完全に仕切った感じにする必要もないわけで、光も通って、うっすらと向こう側が感じ取れるこのくらいがちょうど良いのかなと。見た目的にも可愛らしい感じがしますしね。

 

空間の仕切り方って、構造からくる制約さえクリアすれば選択肢はいくらでもあるわけですけれど、こういう感じに、「引き戸を使って、状況に応じてフレキシブルに仕切る」というのは、なかなか良い選択肢の1つですよね。

後付で手を入れていくのはさすがにちょっと大変ですけれど、家を建てたりリフォームする際に、そこでどうやって暮らしていきたいのかを、季節やシチュエーション毎に具体的にイメージしておくことができれば、きっと自分たちの日々の生活にピッタリとマッチした最高のアイディアを盛り込むことができるのではないかと。

( via Home Adore )