タグ別アーカイブ: 寝室

【随所に盛り込まれた可愛らしさと遊び心】コンパクトスペース同士が直接つながる広さ80平米のアパートメント



こちらのお宅、コンパクトな中に上手に詰め込まれた各スペースがなかなかいい感じだなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

白基調のシンプルなベッドルームのすぐ脇には、大きな窓に面した明るく開放的なダイニング。

すぐ脇にスモールダイニングが隣接する明るく開放的なベッドルーム

広さ80平方mの平屋の明るく開放的なスモールダイニング

上部がアーチ型になった窓枠と、垂壁の上部から伸びるアームドランプ。コンパクトな中に遊び心と可愛らしさが盛り込まれたこの感じ、いいですね〜。

 

スモールダイニングの脇がリビング。

広さ80平方mの平屋の明るく開放的なスモールダイニングとその脇のリビング

こちらは少し余裕をもった作り。

広さ80平方mの平屋のゆったりとしたリビング

 

リビングを抜けた向こう側がキッチン。

格子窓の入った縦長の上げ下げ窓のある細長いキッチンスペース 遠景

キッチンからダイニングへは、リビングをまたいで、という形になるわけで、これは導線的にはどうなんでしょうかね。

とはいえ、まあ実際には大した距離じゃないですし、例えば誰かがキッチンに立っているときに、他の家族がすぐ隣のリビングにいて、会話なんかもできて、というように、近い空間で一緒に過ごしているような感じで過ごすことができると考えれば、こういうレイアウトもありかも。

 

細長のキッチンは、突き当りがシンク、サイドが調理や作業のためのスペース。

格子窓の入った縦長の上げ下げ窓のある細長いキッチンスペース

シンクの正面には、格子の入った可愛らしい縦長の上げ下げ窓。

ちなみに、2つ目のベッドルームも、同じ格子入りの上げ下げ窓が入ってます。

広さ80平方mの平屋のデイベッド的なベッドの置かれたセカンドベッドルーム

窓の中心にあわせるように置かれた小ぶりな観葉植物がまたいい感じ。こういう遊び心とか可愛らしさって、本当に大事だと思うんです。

 

こちら、1930年台に建てられたシドニーの古いアパートメントを、オーストラリアのデザイナーFrag Woodall氏がご自宅用にリノベーションした物件でして、広さは80平米程度とのこと。

廊下なしでスペースとスペースがそのままつながっていくこういう作り、日本の狭小住宅の作りにも通ずるものがありますよね。80平米といいえば、少し広めの3LDKくらいといったところかなと思いますけれど、それよりも広いような感じがするのは、やはりこの作りからくるものでしょうか。こういうのを応用して、平屋の一軒家とかで、スペースがフラットにつながっていく平屋独特のおもしろさや利便性と、廊下なしでスペース同士が直接つながっていくようなレイアウトを上手に組み合わせて「回廊のようにぐるりと一周できる家」みたいな感じにしてみたりするのもいいかも。

これからお家を建てたりリノベーションしたりするご予定のある方で、スペースのつなげ方や動線についてちょっと考えてみたいという方がいらっしゃいましたら、こちらのお宅を参考にしてイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか?

あ、でも、本当にこういう作りにする場合には、壁やドアがあまりないので、空気や風の流れ、冷暖房の効率とか、音とかにおいの問題あたりについてはしっかりと考えておかないと、後からいろいろ困ったり悩んだりすることになることもあるかもしれませんから、そのあたりはきちんと確認/検討をしておくことをオススメしておきたいと思います。

( via MR.FRAG )

【柔軟に区切ったりつなげたり】包まれ感と開放感が共存する屋根裏部屋のベッドルームとバスルーム



こちらのお宅のこの屋根裏部屋のベッドルーム、素敵じゃないですか?

包まれ感と開放感が共存する屋根裏部屋のベッドルームとバスルーム

勾配天井の下の居心地の良い独特の雰囲気と、複数の大きな天窓から差し込む眩しい太陽の光の組み合わせ。包まれ感と開放感がほどよく混ざり合ったようなこういう感じ、いいですよね。

 

しかも、斜めになった天井の形にあわせて本棚を造作して、区切られたその向こうのスペースにはバスルームを作り込んじゃったりして。本棚のあいだからパネルカーテンが引き出せるようになってますから、こちらと向こうを、必要に応じてしっかりと仕切ることもできます。

これ、なかなかおもしろいアイディアなのではないかと。

勾配天井の下のスペースって、先程も書きましたけれど、雰囲気的にはちょっと面白い感じがあっていいんですけれど、実際に使うとなると、家具も置きづらいですし、使い方がいろいろと難しかったりすると思うんですよね。その点、斜めの天井にあわせた形であらかじめ家具を造作しておければ、斜め部分の使いづらさというデメリットを上手に解消できますし、造作家具を入れた後は、その周囲は普通の「水平×垂直」のスペースになりますから、既存の家具でもカーテンでも、なんでも自由に使えるようになってくれちゃうわけで。

こちらのお宅はベッドルーム+浴室の組み合わせですけれど、普通にリビング+ダイニングとか、2部屋を区切ったりつなげたり、というような感じでも応用できたりするのではないかと。

 

実はうちの自宅も3階がちょうどこんな感じに勾配天井のスペースになってまして、2人の子どもたちがもう少し大きくなったら、それに併せてリフォームをしようと考えてるんです。1人は男、1人は女、小学校低学年と幼稚園児なもんで、いまのところは一緒に寝てますけれど、性別が違うのでいつかは部屋も分けなきゃならないんですよね。でも、まだまだそんな必要のない現段階でいきなり分けるというのは本人同士も寂しいだろうし、とはいえ、「最初は一緒で、2〜3年経ったらまたリフォームして分けて」みたいなのも結構面倒くさいというかちょっと現実的じゃないような気もしますし…(実際のところは、みなさまそうやってこまめにリフォームとかされてるんでしょうけれどね)。その点こういうやり方だったら、子どもたちの成長に併せて、スペースの区切り方を柔軟に変えていくこともできます。

そう遠くないいつの日にかまでに、勾配天井下のスペースを区切るためのリフォームプランを考える必要がある僕にとっては非常に興味深いアイディアでした。

屋根裏部屋を作ったり、北側斜線や道路斜線の関係で斜めの部分が出てきてしまったりと、勾配天井下のスペースがあるお宅ってけっこうよくあると思うんですけれど、天井の形にあわせて造作した家具を用いるこのアイディア、参考にしてみてはいかがでしょうか。

( via The Design Files )