タグ別アーカイブ: 暖炉

【包まれてごろ寝】勾配天井の下の寛ぎスペース



ごろ寝用のデイベッドスペースだったら、勾配天井の下でも全然問題無いですよね。

湖そばのロッジの勾配天井の下の包まれ感のある寛ぎスペース1

これは良いですね〜。全然問題無いどころか、天井が低ければ低いほど、包まれ感があってより寛げる空間になってくれそうな感じ。

 

スペースの中央には焚き火台まで用意されちゃってたりして。

湖そばのロッジの暖炉の周りの寛ぎスペース

天井が高くなっているエリアの上部には、約12.5畳のロフトスペースも作られてます。

斜めになった天井の下のスペースを有効活用するために色々頭を捻って無理やり収納スペースを作り込んだりするくらいだったら、最初から潔くこんな感じの「完全なる遊び用のスペース」を作ることを考えてしまうというのが宜しいのでは無いかと。

 

ちなみにこちら、実は一般のご家庭ではなく、ノルウェー北西部のフィヨルド地帯の山間部に作られた山小屋でして、約20畳のフロア+12.5畳のロフトを合わせたこの空間全体で最大で21人のゲストを収容できるように設計されているんだそうです。

躯体の外観デザインも、手付かずの自然そのものの周辺環境に溶け込むように考慮されてまして、真冬になるとこんな感じ。

ノルウェー北西部の雪に覆われた狩猟小屋

実際にここで寝泊まりするということがどういうことなのか、日本の都市部で暮らす僕には想像もできませんが、空と大地以外には何にも無いこの感じ、ちょっと素敵かも。

いつか引退して田舎に移り住むようなことがあったら、こういう家を建ててみるというのも楽しいかも知れませんね〜(想像を絶するような大変さに直面して、あっという間に音を上げて逃げ出すことになりそうな気もしますけど……)。

( Photo #1-#2 via ARCH ATLAS , Photo#3 via Snohetta )

【自宅でリゾート気分】木の生い茂る吹き抜けのリビング



こちらのお宅のこのリビング、素敵過ぎません?

屋内に木が植えてある家の吹き抜けのダイニング

こちら、27年前にチリの著名な建築家フェルナンド·カスティーヨ・ベラスコによって建てられたお宅なんですが、この家に、同じくチリの若手建築家カロライナ・カッツさんファミリーが移り住んだ際に、自分たちで色々と手を入れて、建物中央の吹き抜けのダイニングスペースに直接木を植え、こんな感じのリビングにリノベーションしてしまったんだそうで。

屋内に木が植えてある家の吹き抜けのダイニング1

植えてあるのは、いちじくが4本とアーモンドが1本。

 

リビングのテーブルの上には、焚き火台も用意されてたりして。

屋内に木が植えてある家の吹き抜けのダイニングとテーブルの上の焚き火台

週末の夜、この焚き火台に火を入れて、その灯りだけでのんびりお酒でも飲んだら、自宅のリビングに居ながらにして、木々の生い茂るリゾートのコテージのテラスにでもいるような雰囲気で寛げちゃいそうですよね。

 

ウッドデッキのパティオも、一部が掘り込まれて花壇に。

ウッドデッキのパティオに掘られた畑で家庭菜園

こちらは、観葉植物では無く、レタス、トマト、ほうれん草、ハーブなど、家庭菜園がメインだそうで。まあ、屋内に木が生えてるなら、観葉植物はもう十分足りてるでしょうしね。脇がウッドデッキになっているこの作り、奥へ楽々アクセスできてなかなか良いかも。

 

このお宅、サイコーすぎるくらいに素敵なんですけれど、管理の手間のことを考えると、ちょっとコワい気もします。

植物の育成環境ということだけを考えても結構色々と考慮が必要そうですし、天窓は最低限必須ですかね。あ、でも、日照をあまり必要としないような種類の木だったら、サイドに大きめの窓を作るだけでも何とかなるんでしょうか。植え込みは当然地面直でしょうから、湿気とか冷気とかが上がってきたりしないのかというあたりも気になります。

いちじくもアーモンドも落葉しますから、その時期の掃除のこととか考えるだけでも気が遠くなりそうな気もしますが…。

 

これだけの環境を手に入れようと考えたら、それなりの労力が必要になるのも当然といえば当然なんでしょうけれど、そこを敢えてメンテナンスの手間が極力掛からない作りにできたら最高なんでしょうけどね。

日照や水があまり必要なくて、気温、通風などへの対応幅も広く、落葉もしないし虫もつかなくて、ちょっとやそっとでは枯れない、なのに、常に青々とした生命力溢れる雰囲気で葉を生い茂られていてくれる。

そんな木があったら、是非うちのリビングの吹き抜けの下にも植えてみたいですけれど、そんな木、さすがに無いですかね…。

( via 1Kindesign )