タグ別アーカイブ: 暖炉

【ニーズに合わせて組み合わせ】可愛らしくて実用的な陶器製のストーブ ”Stack Stove”



暖炉も当然素敵ですけれど、こういうストーブも良いですよね。

陶器製のストーブ スタック オーク材の足の「スタック・ウッド」

そろそろ汗ばむほどの陽気な日も珍しくないこの時期、ちょっと(かなり?)季節外れな感は否めませんが、発見してしまったものは仕方がないということで、ご紹介させていただきたいと思います。

 

こちら、イタリア製の”StackStove”という陶器製のストーブなんですが、このなんとも可愛らしい独特のデザインが素敵かなと。

陶器製のストーブ スタック 色々なタイプ

円形と四角形の2種類の形状の本体と3種類の足、その上に乗せる放射孔のついた上部筐体を、お好みの色で選択して組み合わせることができるようになってます。

 

円形の黒いボディに普通の足の組み合わせ。

陶器製のストーブ スタック 足もセラミックの足の「スタック・スリム」

 

四角いボディにオーク材の足。

陶器製のストーブ スタック 四角いタイプcubi

 

薪などを置いておける、サイドテーブル付きの足を選択することも出来ます。

陶器製のストーブ スタック サイドテーブル付きの足

 

ぱっと見、高さ5〜60cmの、オーブントースターとか電子レンジくらいの大きさなのかと思いきや、高さ1m強×幅(直径)60cm前後とのことですので、洗濯機とかそういった大物家電の類くらいの、結構な大きさのものです。

陶器製のストーブ スタックのサイズ感 結構大きい1

 

こちらは四角いタイプの上部に鉄板を配置した「クッキングスタック」というタイプ。

陶器製のストーブ スタック 上部にクッキングプレート

ストーブの上でお料理できちゃいます。

 

暖房能力は、四角いタイプが22坪=44畳、円形の28坪=56畳とのことですから、家の作りにもよるとは思いますが、一般的なご家庭ならばリビング・ダイニング・キッチン+αくらいのスペースまで、これ1台で十分賄えるレベルの出力かなと。

上部に「ヒートエクスチェンジャー」と呼ばれる筐体をさらにもう一段追加することで、約12.5%出力を上げることもできるようになってます。

陶器製のストーブ スタックにヒートエクスチェンジャーを積み重ねる

陶器製のストーブ スタックのサイズ感 結構大きい2 ヒートエクスチェンジャーあり

これはちょっとおもしろいアイディアかも。陶器製のシンプルな筐体だからこそ、こういう自由な組み合わせに柔軟に対応することができるんでしょうね。

 

同素材の陶器製のキューブを積み重ねたものの内部にラジエターを埋め込んだ「サーモスタック」というオプションも用意されてまして、これを導入することで複数の熱源を配置することも可能です。

陶器製のストーブ スタックのラジエーター サーモスタック

こちらの「サーモスタック」は、既存のセントラルヒーティングの熱交換システムとも接続可能で、このストーブを使って家全体を温めるようにすることもできるんだそうで。

「自宅で炎を楽しむ」という暖炉的な使い方ができるのはもちろんのこととして、それに加えて、暖房器具としての性能や使い勝手という面もきちんと考えられて、いろいろなものが兼ね備えられているところが素晴らしいですよね。

 

気になるお値段ですが、もっともシンプルな作りのクッキングスタックで90万円程度、通常のタイプで120万円〜150万円程度とのこと。

決してお安くはないですけれど、でも、普通の暖炉だって本体だけで100万円くらいはするわけですし、それをビルトインしてあーだこーだして、という施工費用まで含めたら、結果的にはこちらの方が安価に導入できるかもしれないくらいかなと。

ビルトインの暖炉と違って、設置場所を移動できるという点も結構大きなメリットだと思いますしね。

 

これから暑〜い夏が来るわけですが、冬に使うものを冬に用意し始めたのでは当然間に合わないわけで、冬の記憶の残る春の終わりくらいまでにイメージを膨らませ、夏に検討を重ね、秋に導入し、冬に使う、という流れで進めてみるというのはいかがでしょうかね…?

( via StackStove )

【空間のつなげ方】木漏れ陽とタープの下のデイベッドのあるウッドデッキの屋外リビング



庭やテラス、バルコニー、屋外リビング/ダイニングに一定以上の思い入れのある方だったら、思い切ってこんな感じの屋外スペースのある家を目指してみるというの、良いと思うんですよね。

タープの張られたデイベッド付きウッドデッキの屋外リビング

ウッドデッキのバルコニーの屋外ダイニング。頭上の木々と、その間に張られたタープの隙間から降り注ぐ柔らかな木漏れ陽の下にデイベッド。

自宅にこんなスペースがあったらサイコーですね〜。

 

こちら、アメリカ西海岸 ロサンゼルス北部のイーグル・ロックの街に建つミッドセンチュリースタイルのお宅なんですけれど、このバルコニーだけじゃなく、家全体がかなり良い感じの作りになってます。

上の写真のウッドデッキスペースの上には、こんな感じのバルコニーが。

タープの張られたウッドデッキのバルコニー

これだけでも十分に屋外スペースを楽しめちゃいそうな感じ。

 

このフロアの内部はこんな感じ。

タープの張られた落ち着いた日陰の庭に面したリビング2

壁のかなりの範囲が窓になっていて、ややもすると外から丸見えになってしまいそうな気もするところを、外部からタープで覆うことで、開放感を損なわずに外からの視線を上手に遮ってます。

タープって良いですよね。必要に応じて張ったり外したりが柔軟に出来ますから、こうやって日差しや視線を手軽にコントロールすることができます。これからお家を建てる予定の方、もしも可能なら、庭やテラスの壁、家の外壁あたりへのヒートンや丸金具の取り付けを検討しておくと、庭やテラスにタープを張るときに重宝しますし、それ以外にも後々色々なことに使えて便利ですよ。

タープの張られた落ち着いた日陰の庭に面したリビング1

 

このリビング、サイドには暖炉まで用意してあったりして。

ミッドセンチュリーハウスの暖炉のある落ち着いた雰囲気のリビング

 

暖炉の脇には、こんな感じの包まれ感のある寛ぎのスペース。

ミッドセンチュリーハウスのスキップフロアでつながるリビング・ダイニング

 

そこから、スキップフロア状に数段の階段を介して接続された半フロア高いスペースが、ダイニング・キッチン。

ミッドセンチュリーハウスの落ち着いたダイニング

ミッドセンチュリーハウスの落ち着いたダイニングキッチン1

 

外部からリビング、ダイニング、キッチンと続く一連のスペースの緩く連なった感じ、なかなか良くないですか?

しかもこのキッチンからも、こんな感じでバルコニーに出て行くことができるようになってたりして。

ミッドセンチュリーハウスの落ち着いたダイニングキッチン2

こういう複線化された動線が、スペース全体に更なる奥行きと拡がりを持たせてくれてますよね。

 

こういう空間のつなげ方の各種アイディア、色んなところに応用してみるというのも良いと思うんですよね。例えば、都市部の狭小住宅なんかに取り入れてみても、別に広々ゆったり贅沢に、みたいな作りのお宅とは一風変わった感じで、それはそれでまた面白い感じになってくれたりするのではないかと。

( via apartment therapy )