タグ別アーカイブ:

大きな窓のある明るいバスルーム



コチラのお風呂場、かなり良い雰囲気です。

ぱっと見、なんの変哲も無い「ちょっと良い感じ」なバスルームと思ってしまいそうですが、実際にご自分が住んでいるお家やご自分が建てたお家と比較してみていただくと、「かなり良い感じ」だと思われるのでは無いでしょうか。
限りある「スペース」という資源のなかで、お風呂場にこれだけのゆったりとしたスペースを割くことは結構厳しいと思いますし、実際のところ、「洗い場とシャワーとバスタブを押し込めただけ」のお風呂場になってしまうケースの方が圧倒的に多い、というのが現実だと思います。
ではこのお風呂が実際にどの程度の「余裕のあるスペース」を使っているのかをちょっと考えてみたいと思います。
写真だけからだと正確なことはいえないんですが、少なくとも標準的な日本のお風呂と比べると、余裕のある造りをしていることは間違い無いのでは無いかと。
日本のお風呂の「最も余裕が無い」パターンといえばユニットバスになるわけです。
ひとり暮らし用のマンションなどにあるタイプだと、内寸160cm×160cmの一坪タイプや、更にその下の内寸160cm×120cmの0.75坪タイプというのもあります。
で、ユニットバスの中でも、「そこそこ大きい」サイズで考えてみますと、1.25坪タイプが内寸160cm×200cm、もうワンサイズ上が既製品で最も大きい位のものになり、1.5坪タイプで内寸160cm×250cmというサイズになります。
1.5坪タイプまでいけば、ユニットバスとはいえ、それなりの広さと開放感がある感じになると思います。
で、こちらの写真のお風呂はというと(写真ではバスルームの全容がわかりませんのでなんとも言えないので、想像を交えて考えてみます)、仮にこの写真の左右がいきなり壁だったらこの雰囲気は台無しなわけで、バスタブの左右に、最低でも各50cm位の空きスペースは欲しいところです。
すると、バスタブの幅が大きめにみて180cm(日本のお風呂は160cm位です)として、バスルーム全体の幅は230cm。ちょっと切り上げて250cmとしてみます。
で、奥行きですが、バスタブ幅が大きめにみて100cm(日本のお風呂は80cm位)、足拭きの置いてあるあたりが余裕を見て100cm、でその手前にさらに余裕スペースで50cmから100cm位あればこんな感じなのかな、と。
すると、バスルーム全体のスペースとしては、大きめにみて2.5m×3m、7.5平方m、約2.3坪/5.5畳といったところでしょうか。
コレが内寸の値で、上記の1.5坪タイプの倍弱の広さということになりますので、外寸としては3坪弱という位になる計算です。
3坪のお風呂といえばかなりの贅沢なお風呂という感じですが、数字で比較すると、日本の一番大きなユニットバスの約倍、専有面積にして1.5坪広いということになります。
でも、この位の余裕があれば、作り様によっては脱衣所をこのスペースの中に持ってくることが十分できると思いますので、「(脱衣所の広さを含まないで1.5坪を占有する)広めのユニットバスとの差」を縮めることもできます。
また、まとまった1つの空間にすることで、浴室乾燥機などの設備と組み合わせて、他の場所に作る予定の物干しエリアなどを取り込むなど、全体としてのスペース効率化を考えることもできそうです。
1.5坪の違いをどう考えるか、という部分が住む人の価値観に関わってくるわけですが、「お風呂タイムを重要視したい」という方であれば、そこまで極端な違いでは無い様にも思えますね(全く逆の考え方をするならば、その1.5坪/3畳の部分をクローゼットにしたり、リビングを広くしたり、ということに充てるという考え方になるわけですが)。
このバスルームの雰囲気には広さ的な余裕が影響していることは間違いないとは思いますが、この雰囲気、それだけでは無いのでは無いかと。
窓がいいです。
これだけ大きな窓を作れると、開放感が断然違ってくると思います。
お風呂場の窓はプライバシーの問題などにも関わってきますので、大きな窓を作るということに躊躇してしまうかもしれませんが、バスルームを外から容易に見られない様な配置に持ってくることが出来ればそういった問題の多くは解消できますし、この写真のバスルームの様に、必要に応じてロールカーテンなどでしっかりと閉じることが出来れば、それほど気にしなくても大丈夫な気もします(でも、ロールカーテンは湿気を巻き込んでカビたりしそうな気が…)。
この位開放感がある窓があれば、もしかすると天井がちょっと低めでも、それが却って面白い雰囲気になるかもしれませんので、階段下やロフトなどの「屋根が低くなってしまう」場所を上手く使うという手もありかもしれませんしね。
Photo ©little.greene

気候と家の内外の境界 – 開放的な海沿いの豪邸



こちら、オーストラリア東海岸の不動産屋、TOM OFFERMANN REAL ESTATEで現在販売されているブリスベン サンシャインコーストの海沿いに立つ大豪邸です。
何といいますか…。ともかく良いです。
RC造で4ベッドルーム+3バスルーム+駐車スペース2台分。
ビーチまで500m。
寝室や洗面所にはジャロジーの窓が使われていて、なんというか、屋内にいても随所で外の空気を感じられそうな雰囲気があります。
ちなみにお値段は”2.695m”とありましたので、1オーストラリアドルが85円として、2億3千万円位。
高いような安いような…。
やっぱり安いと言ってしまって良い気がしますね。
そりゃ、2億円もポンと出せるわけは無いんですが、東京で家を建てたり、ちょっと良い目のマンションを買おうと思ったら、数千万円台の半ばから後半は覚悟しなきゃいけないわけで、それに対して2億3千万円でコレが買えるなら、と。
話が脱線してしまいましたので、強引に戻したいと思います。
このオタク、色々魅力的なんですが、特に何が気に入ったかというと、やはりこの家全体にあふれる開放感ですね。
温暖で雨の少ない亜熱帯気候に属するブリスベンで、海まで500mという立地。
冬場、最も寒い7月ころでも、平均最低気温は10度近くはあり、平均最高気温は20度以上になります。
暑い夏場も、湿度が低く海からは涼風が吹いてくるため、非常に過ごしやすい気候です。
この素晴らしい気候を十分に堪能できる様に家が作られている、という感じがします。
例えば一枚目の写真のリビング、庭に面するテラスとリビングの間は、全開放型のガラス折れ戸になっています。
夜間の少し冷え込む時間帯は閉じておいて、昼間はすべて開けはなっておくことで、リビングにいても温暖な気候の素晴らしさを感じながら過ごすことができる様になっています。
前出の色々な場所に作られたジャロジーも外からの空気を屋内に吹きこませてくれますし、こんな感じの屋外ダイニングも作ってあったりします。
中途半端な作りはしてないですね。
もう、このダイニングがメインのダイニングでOK、という感じです。
ブリスベンやゴールドコースト周辺の温暖な気候であれば、真冬の夕食だけは屋内で、という感じかもしれませんが、それ以外の全ての季節、全ての食事はこのダイニングでイケそうです(フリース位着ていれば冬でも大丈夫そうですが。あとは、冬場の夜のちょっとした暖房設備として、暖炉とかを設置しても面白そうですね)。
そういった気候を踏まえてこういった作りの家になっているわけです。
当然、そもそもの気候の良さ、というのがあるわけですが、その気候にあったライフスタイルを想定して、そのライフスタイルにマッチした家を作る、という一連の流れがしっかりとできている点が素晴らしいです。
日本には日本の気候があるわけで、当然その気候にも素晴らしい点がたくさんあります。
個人的には、日本の春、初夏、秋というあたりは、過ごしやすく、季節の移り変わりを感じ取れる素晴らしい気候なのでは無いかと思っています。
このオーストラリアの豪邸の良い点はそのままでは日本の家に適用することはできませんが、ポイントや考え方は、家を建てる時に応用することはできるのでは無いかと思います。