タグ別アーカイブ: 遊び心

【遊び心のリラックススペース】白いタイルに囲われた明るく開放的なバスルーム



こういうバスルーム、いいですよね。

白いタイル貼りの明るく開放的な白基調のバスルーム 段差あり

壁面に設けられた大きな窓から光の差し込む、白いタイル張りの明るく開放的な空間。

いまどきはユニットバスでもいいのが結構ありますし、断熱性や水漏れ関連のリスクの低さ、価格的なメリットなどまで考えると、どうしてもそちらに行ってしまいがちですけれど、こういうのをみてしまうと、やはり在来工法のバスルームにもひかれちゃいますね。

バスタブ側に向かって階段状に上がっていくようなこの作りが、またちょっと素敵です。

白いタイル貼りの明るく開放的な白基調のバスルームのコーナーに置かれた観葉植物

天井に埋込み式のミストサウナを入れて、この段差部分に檜の一枚板でも敷いておけば、少し時間に余裕があるときに気軽に楽しめる簡易サウナ的なスペースが作り込めちゃいそう。

白いタイル貼りの明るく開放的な白基調のバスルームの鏡 タイルアップ

「ちょっとやり過ぎちゃったかも」くらいの感がある、こういう遊び心のあるスペースの作り込みやアイテムを思い切って実行してしまうの、ありだと思うんですよね。

多くの方が「家を建てようかな」と考えるタイミングって、お子さんがまだ小さくて、使い勝手や安全性の面を考えて何かを躊躇してしまったり、コストの面でも、できるだけ節約したい、別の部分にそのお金を回したい、どうしてもそういう考え方になりがちな時期だったりするのかなと。確かに、10年後15年後、子どもたちが成長して独立も見えてきて、そろそろ将来夫婦2人で暮らすときのことも視野に入れつつ家のリフォームを考えるか、というあたりのタイミングでこういうのを、という選択肢もあるんでしょうけれど、そうすると今度は、自分たちの老後のことなんかまで気になってきちゃったりして…。

メンテナンスにコスト、その他にも考えなきゃならないことはまだいろいろとあるかもしれませんれど、10年先20年先になったらそれができるなんて保証、どこにもありませんもんね。こと、家に関することについては、大抵のかたにとってはそう何度も何度も機会があるものじゃありませんから、「これいいかも」「できるかな」「できるかも」と思ったそのタイミングこそがやりどきと捉えて、何事も前向きに検討を、という考え方もあるのではないかなと。

( via frenchyfancy )

【イメージ作りやプラン検討の参考にも】コンパクトスペースにアイディアを盛り込んだメゾネットの2LDK



こちら、ロンドン中心部、インナー・ロンドンの1区画、イズリントン自治区に建つメゾネットのお宅なんですけれど、つくりがちょっとおもしろいなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

エントランスから室内に入ると、まずはいきなり広々としたリビング。

ロンドン北部イズリントンの街に建つメゾネットの2LDKのエントランスのリビング・ダイニング

 

そして、このリビングの奥がダイニング・キッチン。

ロンドン北部イズリントンの街に建つメゾネットの2LDKのダイニング・キッチンと階段

階段と一体になったつくりのキッチンカウンター。

ロンドン北部イズリントンの街に建つメゾネットの2LDKの板目の白木の木目が美しいキッチン

 

シンプルな白い木肌に浮かび上がる、味のある板目の木目のこの感じ、結構素敵じゃないですか?

ロンドン北部イズリントンの街に建つメゾネットの2LDKの白木の木目の美しい板張りのキッチン

 

このキッチンカウンター、逆サイドの階段に面した部分は棚になってるんです。

ロンドン北部イズリントンの街に建つメゾネットの2LDKの白木の木目の美しい板張りの階段

ロンドン北部イズリントンの街に建つメゾネットの2LDKの白木の木目が美しい板張りの階段の階段脇収納

こういうの、このサイトでもいままでにも何度かご紹介したことがありますけれど、いいですよね。階段エリアって、居室として使えるわけでもなく、「必要だから当然」というだけで確保されている、ある意味デッドスペース的な部分なわけですけれど、そこにこうやってちょっとしたアイディアを盛り込むことで、かなりの容量のある収納スペースが1つ確保できてしまうわけで。

 

しかもこちらの階段エリア、素敵なのはこの棚だけじゃないんです。

階段を上った先の踊り場に、こんな感じのワークスペースが作り込んであったりして。

ロンドン北部イズリントンの街に建つメゾネットの2LDKの階段の踊り場に作り込まれた明るく開放的なコンパクトなワークスペース

これ、ありだと思うんですよね。

作業場所って、「クローズドで静かで作業に没頭できて」みたいなのも、当然ありだと思うんですけれど、場合によってはそうじゃないほうが、全然頑張れちゃうこともあるのかなと。

細かい作業、ものすごい集中力を必要とする作業とかの場合には、たしかにそういう静かな環境というのも大事だとは思うんですけれど、例えば、出先の喫茶店とかファミレスとかで、結構騒々しい環境なのに妙に集中して作業できちゃうことってありません? ああいうのって、適度な雑音とか、周囲の人、他人から感じ取る、緩やかな「何か」が、集中力をアップさせてくれるんだと思うんですよね。普通のオフィスだって、特別に静かな環境なのかといわれたら、大抵の場合はそうじゃないですもんね。

自分のケースでちょっと考えてみても、似たような感じで思い当たることがあります。うちの自宅、狭いながらも、個室の書斎的な(物置的な?)作業スペースがあるんですけれど、休日にちょっと作業をしたいときなんかにそこにこもると、それなりに作業がはかどる場合もあれば、いろいろな誘惑に思いっきり負けてしまうこともあるんです(ちょっと気になってるアレをネットで探してみたり、今日やってるあの試合のライブをネット配信でみたくなっちゃったり……なんてことしてると、1時間なんてあっという間です……)。というか、3回に1回、いや、もしかするとそれ以上の確率で誘惑に負けちゃってるような…。その点、家族のいるダイニングの片すみで、「悪いけど、1時間だけ仕事するわ」と潔く宣言して作業を始めると、家族の手前、怠けたり遊んだりするわけにもいかず、1時間くらいかかると思ってた作業が、ほんの20〜30分で終わっちゃったりすることもあったりして。

ちょっとだらだらと書いてしまいましたが、何が言いたかったのかといいますと、こういう、「いつなんどき誰が通りかかるかわからない場所」って、イメージよりもずっと作業に適している面も持ち合わせてたりするかな、という話でして。なによりもスペースの有効活用という面でも、かなり大きなメリットにもなりますしね。

 

話をこちらのお宅の紹介に戻したいと思います。

先ほどのワークスペース通り抜けた上のフロアには、ベッドルームが2つ。

ロンドン北部イズリントンの街に建つメゾネットの2LDKの平面図

 

1つは6畳程度のコンパクトなお部屋。

ロンドン北部イズリントンの街に建つメゾネットの2LDKの上階のベッドルームその2 子ども部屋

子ども部屋とか、そんな感じですかね。

もう一つが、10畳くらい。

ロンドン北部イズリントンの街に建つメゾネットの2LDKの上階のメインのベッドルーム

こちらはメインのベッドルームという感じでしょう

 

2つのベッドルームの間にはバスルーム。

ロンドン北部イズリントンの街に建つメゾネットの2LDKのバスルーム

 

こうやってみてみると、この2フロアにまたがる2LDKのこのお宅、各区画ごとにそれぞれのスペースが分割されて、コンパクトながらも必要にして十分という感じで、なかなか上手に仕上がっているのではないかと。

一軒家にも応用できそうなアイディア盛りだくさんのこんな感じのメゾネット、ご自宅の新築やリフォームのプランを考えるの際の参考にしつつ、いろいろとイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか?

ロンドン北部イズリントンの街に建つメゾネットの2LDKのダイニング・キッチンをテラスから

( via LARISSA JOHNSTON ARCHITECTS )