【小分けエリアの使い方】全部入り超狭小メゾネット



こちら、一見何の変哲もないリビングの一画のように見えますが…。

鏡張りのワークスペースの扉

この不思議な構造物、前面に見えている部分は実は鏡張りの引き戸でして、それをガラガラッと横に開けますと…。

中はこんな感じのワークスペースになってるんです。

構造体の中のスモールワークスペース

デスク以外には本当に椅子1つしか置けない超狭小ワークスペースですが、ちょっとパソコンに向かって調べ物するくらいだったら、このくらい狭いほうが却って落ち着いて作業できそうな気もします。

実はこのお宅、メゾネット形式の2フロア構造のマンションでして、他のスペースも含めて、かなり面白い作りになってます。

 

1階は、このワークスペース以外はリビング・ダイニング・キッチンとトイレ。

超狭小メゾネットの図面
1フロアあたり大体18平方m。2フロア合計で36平方m弱≒11坪、22畳といったところでしょうか。

玄関を開けるといきなりキッチンですが…。

玄関前のリビングダイニングキッチン

 

最初の写真のワークスペースの脇の階段を上がっていきますと、2階はクローゼットとベッドルーム、バスルームです。

2階に上がってきたとろのクローゼット前

階段上がってすぐの右手はクローゼット。

奥に進んでいくと、ベッドルームとバスルームがあります。

ベッドルームとシャワー

トイレとシャワールーム

バスルームといってもバスタブは無く、シャワーと洗面台、トイレだけ。

 

36平方mというと、僕が独身時代に一人暮らしをしていた1LDKのマンションくらいですので、お世辞にも広いとは言い難いわけですけれど、1つ1つのスペースは小さくても、2フロア構造で、さらにこういう風に色々なエリアに小分けしてあると、結構プライベートな空間も確保できそうな気もします。

もしかすると、若い夫婦2人くらいだったら、普通に2人で住めちゃうかもしれませんね。

このスペースの区切り方や使い方、狭小住宅を建てる場合はもちろんのこと、普通の一戸建てを建てる場合にでも、応用したり参考にできそうな部分があるかなと。

※先週末〜昨日にかけて、サイトのリニューアルを実施しました。お気づきの点等ありましたら、ご指摘頂けますと幸いです。

( via Behance )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>