タグ別アーカイブ: ベッドルーム

【DIYで手軽にリフォームも】シンプルな木製フレームで緩く仕切られた空間



こういうの、ちょっといいですよね。自宅のリフォーム用のアイディアとしてストックしておきたいかなと。

木のフレームを組み合わせてざっくりと空間を仕切る 2×4 リビング・ダイニング

木材を組んだシンプルなフレームでざっくりと仕切られた空間。このままでも緩く区切った感じで、これはこれでおもしろいと思いますし、必要に応じて薄手のファブリックやカーテン、シェードなんかを取り付けて、視線/光/空気の流れをいろんな遮り方でコントロールしてみたりするのも良さそうです。それ以外にも、ガラスやステンドグラス、樹脂製パネルの類というのもありでしょうし、こういうのとはちょっと違いますけれど、防音パネルを使ってAVルームとか防音室的なものを作ったりするようなパターンでも使えそうですよね。

 

こういうの、以前にこちらのサイトでも何度かご紹介したことのある、2×4材を使って柱を作れる”PILLAR BRACKET”という製品を応用すれば、結構簡単にDIYできるかな、とか考えてたんですけれど、もっと向いてそうなのを見つけちゃいまして。

こちら、アメリカ製の「SIMPSON金具」という2×4材に特化した接合金具(一部1×4材や4×4材対応のものもあり)なんですが、なんと24種もの金具が用意されてるんです。

2×4材を使って家具や柱やウッドデッキなどをDIYできるSIMPSON金具 ラインナップ表

これだけ用意されていれば、おおよそ思いつく範囲のありとあらゆる接合パターンが、全てこのシリーズのみでまかなえてしまうのではないかと。

 

実際の使い方はこんな感じ。

2×4材を使って家具や柱やウッドデッキなどをDIYできるSIMPSON金具 柱を建てるアジャスター金具他 使い方

 

当然、PILLAR BRACKET的な、柱を作るためのアイテムも用意されてます。

2×4材を使って家具や柱やウッドデッキなどをDIYできるSIMPSON金具 柱を建てるアジャスター金具

価格も、安いものは1点数十円から、高くてもせいぜい5〜6百円程度と結構リーズナブル。例えばですが、最初の写真にあった木製フレームが300cmの2×4材8本と20箇所分の接合金具/アジャスター金具で作れるとして、2×4材が1本600円程度と仮定して計算すると、1万円ちょい〜せいぜい1万5千円もあれば作れてしまう計算になります。これって、「ちょっと試しにやってみたい」というレベルのDIYでのリフォームのハードルをかなり下げてくれるのではないかと。

ついこのあいだちょっと考えた、「自宅のベッドルーム&子供部屋リフォームプラン」なんかも、この金具があれば、簡単に自分でリフォームできちゃいそうな気がします。

 

家って、「1度リフォームしたらそれでOK」というよりは、子どもの成長とかライフステージに合わせて段階的にいろいろと手を入れて変えていく必要があるものなんだと思うんですけれど、そういう意味でも、こういうアイテムがあると、使い方を考えればかなり柔軟にいろいろとできておもしろいと思うんですよね。SIMPSON金具、ご興味ある方はチェックしてみてください。

Amazonでも取り扱いがありましたけど、体系立てて並べられていないせいか、用途ごとに必要な金具を探すのがちょっと面倒くさそうな感じ。八幡ねじさんが正規代理店になってるんですが、ざっと見た感じでは価格もそちらの方が安そうですし、そちらで探すのが良いと思います。

( Photo #1 via SARAH AWAN , #2-#4 via 八幡ねじ )

【コンパクトスペースに遊び心満載】ロフトとベランダ付きの20平米のツリーハウス



こちらのツリーハウス、作りや雰囲気がとても素敵だなと思ったので、ちょっとご紹介させていただきたいと思います。

森に建つツリーハウスの夕暮れ

 

内部はわずか20平米程度の広さ。その大部分をリビングに割り当て、上部には天窓付きのロフトのベッドルーム。

森に建つツリーハウスのロフト付きリビング

 

サイドの壁面にはカウンターテーブルを造作して、小さなダイニングスペースに。

森に建つツリーハウスのリビングの壁際に造作されたカウンターテーブル

 

そして、外には広いベランダまで作ってあったりして。

森に建つツリーハウス

ツリーハウスというと、一般的には1本の木を支柱にして作られたものが多いようですけれど、このくらいたくさんの木を使って作ってあると、強さや安定性が確保できるのもさることながら、こんな感じに周りにいろいろ作り込めていいですね。

 

躯体の中央を貫いて支える支柱を、そのままロフトに上がるための梯子にしてあるところがまたおもしろいですよね。

森に建つツリーハウスの支柱をそのまま使って作ったロフトの上がる梯子

こういうアイディア、普通のお宅にロフトを作るときにも応用したら、階段が無い分、省スペースで簡単に作れたりして良かったりするのかなと。

まあ実際には、危ないは、荷物は上げづらいはで、不便な面も多々あることは確かでしょうし、そういった意味では、小さいお子さんのための子供部屋とかそういったスペースとして使うわけにはいかないんでしょうけれど、大人のための部屋、例えばお父さんの書斎とか、趣味のスペース的なものだったらこういうのもありですよね。

 

普通の住宅の間取りでいうならば、ちょっと大きめのリビング・ダイニングにロフトのベッドルームと広めのベランダがついた、一風変わったワンルーム、といったところでしょうか。コンパクトなスペースを有効活用して、自宅に面白さのある空間を作り込んでみたいなとお考えの方がいらっしゃいましたら、こういうお宅を参考にしつつイメージを膨らませてみると、いろいろとおもしろいアイディアが生まれてくるかもしれませんよね。

( Photos #1-#4 via Voice of Nature , #5 via green line ARCHITECTS )