タグ別アーカイブ: ベッドルーム

【使いでのある頭上空間】複数のロフトのある58平米のアパートメント



こちら、ニューヨーク州ブルックリンのプロスペクト・ハイツに建つスモールアパートメントなんですが、作りがちょっといい感じだなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

広さわずか625スクエアフィートのブルックリンのスモールアパートメントの玄関

 

先ほど「スモールアパートメント」と書きましたが、具体的にどの程度のサイズなのかといいますと、「広さ625スクエアフィート」とのことですから、メートル換算で約58平方m程度、35畳ちょいという計算。3LDKにはちょっと足りなくて、2LDKなら普通かな、というくらいのサイズ感だと思いますから、日本の感覚では「スモール」とまではいえないかもしれませんかね。

※ちなみにですが、つい先日たまたま目にした「スマートアセットの調査結果を元にMy Big Apple NYがまとめたデータ」によりますと、2016年現在のニューヨーク州における2LDKアパートメントの平均家賃は3,692ドル。≒1ドル110円換算で406,000円程度。適正な家賃を所得の28%までと想定した場合、ニューヨーク州の2LDKに住むためには、最低でも15万8千ドル(同110円換算で1,738万円)以上の年収が必要になる計算なんだそうで…。「ニューヨークに住む」ということはそういうことなのかな、とも思いますが、2LDKといえども、実際にはかなりの高級な住まいというイメージでしょうかね。

広さわずか625スクエアフィートのブルックリンのスモールアパートメントのキッチン

 

そんな話はさておいて、広さ自体はそんな微妙なサイズのこちらのアパートメント、では一体なにがいい感じなのかといいますと、ズバリこちら、

広さわずか625スクエアフィートのブルックリンのスモールアパートメントのリビング・ダイニング

高めの天井を活かして、リビング・ダイニングの上にロフトが作ってあるんです。

 

ただのロフトじゃありませんよ。当然のことながら、「いい感じ」のロフトです。

梯子を使って上へ上がりますと、そこにはベッドが。

広さわずか625スクエアフィートのブルックリンのスモールアパートメントのリビングの上のロフトベッドエリア

 

枕元には、壁面一杯の大きな造作本棚も作り込まれちゃってたりします。

広さわずか625スクエアフィートのブルックリンのスモールアパートメントのロフトベッドエリア ベッドサイドに巨大な造作本棚付き

まあ、ロフトの上という場所柄、日常使いの収納スペースとしてはあまり使い勝手が良いとはいえないかもしれませんけれど、寝る前に読みたいものを置いておくにはベストですし、いつまででもとっておきたいような愛蔵書とか、かさばりがちなのに捨てられないお気に入りのムック本、各種の書類、写真や手紙の類などを収めておく場所としては結構重宝するのではないかと。

このくらいのサイズがあればかなりの収納力を発揮してくれそうですから、子どもの絵や工作なんかを保管しておくスペースとしても使えそうですしね。

 

そして、キッチンの上にも、このロフトとは別にもう1つロフトスペースが設けられてまして、

広さわずか625スクエアフィートのブルックリンのスモールアパートメントのキッチンの上のロフトのセカンドリビング

そちらはこんな感じの、ワークスペースとしても使えそうな、スモールリビング的な空間になってるんです。

この作りだったら、天井高も1.4mはなさそうですから、日本の建築基準法でいうところの「小屋裏収納」扱いになるような形でも作れそうですかね。

 

下のフロアに加えて、この2つのロフトがそれぞれ4〜5畳の部屋くらいの役割を果たしてくれますから、実質的には35畳+2ルームのイメージという感じでしょうか。ロフトのお陰で、トータルのスペース的にはかなり余裕を持って使えるようになってくれるのではないかと。

これからお家を建てたりリフォームしたりするご予定のある方で、ロフトを作れそうなスペースの候補がいくつかあるよ、という恵まれた方がいらっしゃいましたら、こんな感じのロフトスペース、思い切ってたくさん作ってみてはいかがでしょうか?

※日本の建築基準法では、小屋裏収納を居室として使用することは認められておりません。また、本ポストは、法令・条例等に違反することを助長する意図はございません。本ポストを何らかの参考とされる場合には、ご自身の責任・判断でご利用いただけますようお願いいたします。

( via A CUP OF JO )

【随所に盛り込まれた可愛らしさと遊び心】コンパクトスペース同士が直接つながる広さ80平米のアパートメント



こちらのお宅、コンパクトな中に上手に詰め込まれた各スペースがなかなかいい感じだなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

白基調のシンプルなベッドルームのすぐ脇には、大きな窓に面した明るく開放的なダイニング。

すぐ脇にスモールダイニングが隣接する明るく開放的なベッドルーム

広さ80平方mの平屋の明るく開放的なスモールダイニング

上部がアーチ型になった窓枠と、垂壁の上部から伸びるアームドランプ。コンパクトな中に遊び心と可愛らしさが盛り込まれたこの感じ、いいですね〜。

 

スモールダイニングの脇がリビング。

広さ80平方mの平屋の明るく開放的なスモールダイニングとその脇のリビング

こちらは少し余裕をもった作り。

広さ80平方mの平屋のゆったりとしたリビング

 

リビングを抜けた向こう側がキッチン。

格子窓の入った縦長の上げ下げ窓のある細長いキッチンスペース 遠景

キッチンからダイニングへは、リビングをまたいで、という形になるわけで、これは導線的にはどうなんでしょうかね。

とはいえ、まあ実際には大した距離じゃないですし、例えば誰かがキッチンに立っているときに、他の家族がすぐ隣のリビングにいて、会話なんかもできて、というように、近い空間で一緒に過ごしているような感じで過ごすことができると考えれば、こういうレイアウトもありかも。

 

細長のキッチンは、突き当りがシンク、サイドが調理や作業のためのスペース。

格子窓の入った縦長の上げ下げ窓のある細長いキッチンスペース

シンクの正面には、格子の入った可愛らしい縦長の上げ下げ窓。

ちなみに、2つ目のベッドルームも、同じ格子入りの上げ下げ窓が入ってます。

広さ80平方mの平屋のデイベッド的なベッドの置かれたセカンドベッドルーム

窓の中心にあわせるように置かれた小ぶりな観葉植物がまたいい感じ。こういう遊び心とか可愛らしさって、本当に大事だと思うんです。

 

こちら、1930年台に建てられたシドニーの古いアパートメントを、オーストラリアのデザイナーFrag Woodall氏がご自宅用にリノベーションした物件でして、広さは80平米程度とのこと。

廊下なしでスペースとスペースがそのままつながっていくこういう作り、日本の狭小住宅の作りにも通ずるものがありますよね。80平米といいえば、少し広めの3LDKくらいといったところかなと思いますけれど、それよりも広いような感じがするのは、やはりこの作りからくるものでしょうか。こういうのを応用して、平屋の一軒家とかで、スペースがフラットにつながっていく平屋独特のおもしろさや利便性と、廊下なしでスペース同士が直接つながっていくようなレイアウトを上手に組み合わせて「回廊のようにぐるりと一周できる家」みたいな感じにしてみたりするのもいいかも。

これからお家を建てたりリノベーションしたりするご予定のある方で、スペースのつなげ方や動線についてちょっと考えてみたいという方がいらっしゃいましたら、こちらのお宅を参考にしてイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか?

あ、でも、本当にこういう作りにする場合には、壁やドアがあまりないので、空気や風の流れ、冷暖房の効率とか、音とかにおいの問題あたりについてはしっかりと考えておかないと、後からいろいろ困ったり悩んだりすることになることもあるかもしれませんから、そのあたりはきちんと確認/検討をしておくことをオススメしておきたいと思います。

( via MR.FRAG )