タグ別アーカイブ: 書斎

【削って埋め込む】勾配天井の下の寛ぎ空間



こちらのワークスペース、ちょっと雰囲気が良い感じかなということで。

丸い窓のある勾配天井下のワークスペース1

ベッドルームの勾配天井をかなりの大きさで削り取って窓を埋め込んで、そのスペースに机が丸ごと収められちゃってます。

しかも窓は半円窓。

http://juutakudesign.com/wordpress/wp-content/uploads/041e87b1fc1a6af349a7198d1944a318.jpg

窓際にテーブルを置いただけだというのに、この洒落っぷり。どうでしょう? 自宅にこんなワークスペースがあったら良いですね〜。

 

ベッドも勾配天井の下。

勾配天井下のベッドルーム

包まれ感があって、落ち着いてぐっすり眠れそうな感じ。

 

こちらのお宅、このベッドルームだけじゃなくて、至るところが洒落てます。

隣のもう1つのベッドルームも勾配天井の下。

丸い窓のある勾配天井下のベッドルーム3

 

で、こちらにも半円窓。

丸い窓のある勾配天井下のベッドルーム2

 

ベッドルームに隣接するリビング・ダイニングはこんな感じ。

こちらも勾配天井の下のエリアですが、ワークスペースよりも更にガッツリと大きく天井を切り取りまして、そこにソファを置いちゃってます…。

ニッチのある勾配天井の下のリビング

巨大なニッチ的な感じ…? このソファも、きっと絶妙な包まれ感があってサイコーに寛げちゃうでしょうね〜。

 

隣接するダイニングエリアも当然のことながら勾配天井の下。

丸い窓のある勾配天井と吹き抜けの下のダイニング3

窓はやはり半円窓。

 

このリビング・ダイニングと吹き抜けでつながるロフトスペースに上がってみますと、

丸い窓のある勾配天井と吹き抜けの下のダイニング2

 

こちらは丸屋根。

丸い屋根の下のリビング

 

そして壁には巨大な半円窓。

丸い窓と丸い屋根の下のリビング1

丸い窓と丸い屋根の下のリビング2

素敵すぎるんですけど…。

 

「勾配天井を削って半円窓( or ニッチ的なスペース)」

せっかく家を建てたり買ったりするんだったら、妙な遠慮はしないで、思い切ってこのくらいやっちゃいたいですよね〜。こちらのお宅みたいに、家中全部をこんな感じにするというのはさすがにちょっと難しいかもしれませんけれど、ポイントを見つけてこんな感じの遊び心を盛り込んでみることができたら、それはきっととても幸せなことなのでは無いかと。

( via alvhemmakleri.se )

【離れの多目的スペース】ロフト付き超狭小ワンルーム



こちらの、ロフトベッド付きの超コンパクトなワンルーム、ちょっと良い感じじゃないですか?

ロフトベッド付きのコンパクトなワンルーム

 

ロフトの上のベッドルームは、高さこそ無いものの、横幅は結構ゆったり目、大きな窓も用意されていて、意外と居心地が良さそうな感じ。

コンパクトなワンルームキャンピングカーのロフトベッド

 

ロフトに上がるための階段の下も、収納スペースとしてきっちり活用。

ロフトベッドに上がるための収納付き階段1

ロフトベッドに上がるための収納付き階段2

 

さすがに夫婦やカップルでこんな部屋で暮らしたいかというと、ちょっと微妙な気がしますけど(それはそれで楽しそうな気もしないでも無いですが…)、子供部屋用のレイアウトを考えるにあたって参考にさせてもらうアイディアとしては十分過ぎるくらいにアリかなと。

 

実はこちら、超狭小ワンルーム住宅、というわけではありませんで、キャンピングカーなんです。

コンパクトなワンルームキャンピングカー

 

広さ159スクエアフィートとありますから、メートル法に直すと約14.3平方m=8.7畳弱という狭さ…。見れば見るほど小さいですけれど、お庭に置いて、こんな感じのウッドデッキのテラスでも用意しておけば、結構これもアリかも。

コンパクトなワンルームキャンピングカーにウッドデッキ

 

日頃は離れの子供部屋か、お父さんの書斎兼多目的ルームとして使っておいて、長い休みなったら、そのまま家族でキャンプに出かけちゃうなんてのも、夢があってなかなか宜しいのではないかと。

でも、4万7千ドルは、ちとお高いような気もしますけどね……。

( via Tiny House Listings )