タグ別アーカイブ: 書斎

【離れの多目的スペース】ロフト付き超狭小ワンルーム



こちらの、ロフトベッド付きの超コンパクトなワンルーム、ちょっと良い感じじゃないですか?

ロフトベッド付きのコンパクトなワンルーム

 

ロフトの上のベッドルームは、高さこそ無いものの、横幅は結構ゆったり目、大きな窓も用意されていて、意外と居心地が良さそうな感じ。

コンパクトなワンルームキャンピングカーのロフトベッド

 

ロフトに上がるための階段の下も、収納スペースとしてきっちり活用。

ロフトベッドに上がるための収納付き階段1

ロフトベッドに上がるための収納付き階段2

 

さすがに夫婦やカップルでこんな部屋で暮らしたいかというと、ちょっと微妙な気がしますけど(それはそれで楽しそうな気もしないでも無いですが…)、子供部屋用のレイアウトを考えるにあたって参考にさせてもらうアイディアとしては十分過ぎるくらいにアリかなと。

 

実はこちら、超狭小ワンルーム住宅、というわけではありませんで、キャンピングカーなんです。

コンパクトなワンルームキャンピングカー

 

広さ159スクエアフィートとありますから、メートル法に直すと約14.3平方m=8.7畳弱という狭さ…。見れば見るほど小さいですけれど、お庭に置いて、こんな感じのウッドデッキのテラスでも用意しておけば、結構これもアリかも。

コンパクトなワンルームキャンピングカーにウッドデッキ

 

日頃は離れの子供部屋か、お父さんの書斎兼多目的ルームとして使っておいて、長い休みなったら、そのまま家族でキャンプに出かけちゃうなんてのも、夢があってなかなか宜しいのではないかと。

でも、4万7千ドルは、ちとお高いような気もしますけどね……。

( via Tiny House Listings )

【通したり遮ったり】ガラスとカーテンで空間を仕切る



こちらのお宅、スペースの仕切り方がちょっと良いなと思ったのでご紹介させていただきます。

例えばリビング・ダイニングの一画に、壁で囲むんじゃなくて、こんな感じに格子ガラスとカーテンの組み合わせで区切ったスペースが作ってあったりするんです。

格子ガラスで仕切られたリビング・ダイニングの一画

 

書斎はこんな感じ。

格子ガラスで仕切られた書斎

 

ベッドルームもこんな感じになってます。

格子ガラスで仕切られたベッドルーム1

格子ガラスで仕切られたベッドルーム2

 

これ、なかなか良いアイディアなのではないかと思うんですけど。

 

防音という面では、普通の壁に比べたら確かにちょっと弱いかも知れませんね。

断熱や冷暖房の効率という意味でも、壁で区切られた部屋に比べたら決して効率良くはないでしょうし。

でも、壁も何もない素通し状態よりは当然格段に断熱/冷暖房の効率は良いですし、カーテンを厚手のものにしてみたり、厚手のガラスや複層ガラスなどを選んだりすれば、防音の面も含めて、かなりの効果が期待できると思います。

 

何よりもこの作りだったら、その日の気分や必要に応じて扉とカーテンを開けたり閉めたりすることで、光や空気を通したり、視線や音を遮ったりと、単なる壁で囲われた普通の部屋では絶対に実現できない色々なバリエーションをかなり柔軟に楽しめちゃうわけです。

こういうの、四季のある日本に、結構合ってると思うんですよね〜。

暑い夏、寒い冬に活躍してくれそうなのは当然のこととして、春や秋なんかの良い感じの気候なんかも、自然な感じで楽しめちゃいそうな気がしません?

 

後から手直ししたり取り除いたりするのも比較的自由に出来そうですし、リフォームやリノベーションをする際に使ってみたいアイテムとして引き出しの中のどこかにしまっておくと良いかも。

( via int2architecture )