タグ別アーカイブ: 雰囲気

【コンパクトスペースでリラックス】2つのロフトに作り込まれた3つのベッドルーム



こういう低い勾配天井の下のスペースって、ものすごくリラックスして過ごせそうでいいですよね。

ロフトの天窓付きの低い勾配天井の下のベッドルーム

独特の包まれ感のような雰囲気があって、落ち着いてぐっすりと眠れそうな、天窓つきのロフトのベッドルーム。

 

逆サイドにも、同じ作りのロフトスペースがもう1つ。

ロフトの天窓付きの低い勾配天井の下のベッドルームを、逆側のもう1つのロフトからのぞむ

 

こちらは背の低い棚で仕切って、緩く区切られた2ベッドルームの作りに。

ロフトの天窓付きの低い勾配天井の下のベッドルームを低い棚で区切って2部屋に

同性の兄弟だったら、こんな感じでも十分ですよね。お子さんが小さいうちは、兄弟でシェアする子供部屋として使っておいて、将来はどちらかひとりの部屋に割り当てるとか、少し手を入れて、ロフトのワークスペースにリフォームしちゃうとか、いろいろな使い方ができそうです。

 

実はこちら、例のごとく、このサイトではよく登場するトレーラーハウスのロフトスペースなんですが、トレーラーハウスじゃない普通のお宅でも、こういうロフト、あったらいいかなと思いまして。

2つのロフトと3つのベッドエリアのあるトレーラーハウス

トレーラーハウスのロフトの天窓付きの低い勾配天井の下のベッドルームとその下のリビングスペースを逆のもう1つのロフトから見下ろす

 

正確なサイズや広さはちょっとわからなかったんですが、見た感じからのおおよそのサイズでいいますと、どんなに大きく見積もっても幅3m弱×全長10m弱、30平米といったところでしょう。床面積だけで考えたら単身者向けの広めのワンルームか1DKといった程度のこのスペースで3ベッドルーム3DKですから、これはなかなかおもしろいのではないかなと思います。

まあ、毎日生活する家のベッドルームがここまであけっぴろげというのは、現実的にはちょっとアレかも知れませんけれど、このサイズのスペースでも作り方によってはこんなベッドルームが作れるんだというあたりは、狭小住宅系の家を建てる際などの参考にできる部分もあるかなと。

このポストをご覧になっている方の中で、新築やリフォームの間取りを検討中の方や、子供部屋のリフォーム計画をご検討中の方がいらっしゃいましたら、こんな感じのロフトのベッドルーム、参考にしてイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか。

( via TINY HEIRLOOM )

【外を眺めて寛ぎのひととき】外部とつながる縁側的ベンチシートのあるダイニングスペース



こちら、香港で3軒の独立系カフェを運営するElephant Groundsの上環(ションワン)の店舗の窓際席の写真なんですけれど、作りがちょっとおもしろいなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

壁際に縁側的なベンチシートのある開放的なカフェのダイニング コーナーから

 

壁際に設置されたベンチ席がそのまま外部とつながる縁側的な作りになってまして、ここに腰掛けて、街の風景を眺めながらお茶したり、道行く人と話をしたりしながら過ごしたりできるようになってるんです。

壁際に縁側的なベンチシートのある開放的なカフェのダイニング

道路よりも店内の方がフロアが少し高い作りになってますので、道路側には縁台的な足置きを設置。

壁際に縁側的なベンチシートのある開放的なカフェのダイニング サイドから

自宅にこういう作りのスペース欲しくないですか?

こちらは店舗なわけで、当然個人の邸宅とはちょっと話が違うわけですけれど、例えば自宅のリビングダイニングと庭やテラスのあいだがこういう縁側になってたら、とか想像してみると、かなりいい感じですよね。

壁際に縁側的なベンチシートのある開放的なカフェのダイニング 室内から窓 縁台側をのぞむ

 

この縁側的窓際スペースあるダイニングエリアの右側はこんな感じのカウンター席になってるんですが、このカウンター席、よく見ると全体が巨大な上げ下げ窓的な作りになってまして、これまた可愛らしくて素敵かなと。

右サイドの半屋外のカウンター席 正面から

 

これに気がついてから先程のダイニングエリア側をもう1度よく見てみたら、こちらも同じように大きな上げ下げ窓的な作りになってました。

壁際に縁側的なベンチシートのある開放的なカフェのダイニングと右サイドのカウンター席 正面から

壁際に縁側的なベンチシートのある開放的なカフェのダイニングと右サイドのカウンター席

この「縁側&巨大上げ下げ窓」の組み合わせ、アイディア的にはかなり「あり」だと思うんですよね。

季節の良いときには、こんな感じに開け放って使うのが当然一番でしょうけれど、この作りだったら、真冬や真夏なんかでも楽しめちゃいそうじゃないですか? 例えば冬場だったら、窓は閉めておいても天気さえよければ窓際はポカポカでしょうから、サンルーム的な感じでゴロゴロしながら日向ぼっして過ごしてみたり、逆に酷暑の真夏には、窓を閉めて、まずは室内に程よい感じにクーラーを効かせておいてからの、降り注ぐ日差しを全身に浴びながらの真っ昼間からキンキンに冷えたビールなんてのも、自宅に居ながらにして「カラリとした西海岸リゾートの夏」的な楽しみ方とかできちゃって、これまた最高な自宅でのひとときを過ごせてしまうのではないかと。ちょっと変わったところでは、温かいコーヒーを手に、しとしとと降る冷たい秋の雨を眺めながら、みたいなのもけっこう好みです。

こういう素敵なスペースのある建物をみちゃうと、どうしても妄想が全開になっちゃうんですよね…。スイマセン…。

それにしてもこのスペース、ここ最近で見たいろいろなアイディアやスペースの中ではかなりピンポイントに個人的なツボの中心近くのあたりに刺さってきたのは間違いないかなと。

このポストをご覧いただいている方の中で、自宅に「リラックスできる半屋外空間」「寛ぎの窓際スペース」みたいなのが欲しいなとお考えの方がいらっしゃいましたら、こんな感じの「縁側&巨大上げ下げ窓」、導入を検討してみてはいかがでしょうか?

僕も、「自宅用」のタグを付けておいて、いつの日か、リフォームや建て替え、引っ越しを行う日のためのアイディア集の1つに加えておきたいと思います。

( via ZACH HOME )