タグ別アーカイブ: DIY

【DIYでも作れそう】シンプルな木製自転車ラックMake



こちらの自転車ラックはどうでしょう?

こちら、カナダ・モントリオールに拠点を構えるconsultというデザインスタジオが作ったMakeという自転車ラックなんですが、木の素材を上手に生かしたシンプルなデザインが中々良い感じなのでは無いかと。
フレームのトップチューブを引っ掛けて載せるだけの、非常にシンプルな作りです。
近年の自転車ブームにも助けられて、日本、特に都市部ではかなり自転車の地位が向上がしているような気がします。
確かに都市部だと、車で出かけるといちいち駐車場を探さなければならなかったりしてやたらと手間が掛かりますし、何よりも小回りが効かなくて街中をウロウロするのにも向いていません。
その点、自転車はそういったあたりの問題を見事にクリアーしてくれますし、小さな子供さんが居ても、2人乗り、3人乗り自転車を活用すれば、家族皆でお出かけすることもできますので、休日のお出かけの機動力をグッとアップさせてくれるわけです。
ただし、いざ買ってみてから自宅での自転車置き場所に困るというケースって珍しく無いんですよね。
例えば
・そもそも、自転車なんて適当に何処かに停めておけば良いと思っていたら、「適当な何処か」というのが無かった。
・思いの外自転車が楽しくて、奮発して良い自転車を購入したら、今度は盗難が気になって表に置いておきたくない…。
・夫婦2人の自転車で2台のつもりだったのが、いつの間にか子供の自転車が増えて…。
etc…という感じでしょうか。
そこでこういった自転車ラックの出番になるわけです。
壁に取り付けるだけで、床から浮かせた形で自転車を載せておくことができますので、屋内に自転車を持ち込んでもフロアが汚れません。
取り付け位置を多少高くしておくだけでも、玄関のちょっとした収納の上部スペースなどを有効活用することもできますし、頑張って1m強の高さに取り付けておけば、元々1台しか停めておけないスペースに、上下に2台停めておくこともできるようになります。
残念なことに、この製品はハンドルバーが19インチ≒48cm強までの幅の自転車しか搭載出来ないらしいので、ハンドルバーの長いマウンテンバイクなんかだとちょっと厳しいですかね。
材質はウォルナット又はメープル、お値段は180ドルで、海外向け発送も応相談(と、サイトには書いてあったような…。当方英語力には相当自信がございませんので、予めご承知おきいただきたく…)。
でも、(こんなコト書いたら怒られるかも知れませんが…)日本の工務店さんには腕の良い職人さんが一杯いますので、家を建てるときとかにこの写真を工務店さんに見せて、「こういうの作ってください」とお願いしておけば、簡単に作ってくれちゃうような気もしますね。
その際には、
(1)ハンドルバーが長めな自転車にも対応できるように、横板を少し長めにして作ってもらうこと。
(2)下部の壁にタイヤがあたって汚れるのを防ぐために、壁に何かの措置(ウォールスティッカーを貼るとか、壁の色をダーク系にしておくとか)をしておくこと。
(3)屋外に設置する場合には、盗難防止用のワイヤーなどを通せる穴を作ってもらったり、周囲の壁面あたりに丸カンなどを埋め込んでもらうと良いかも知れません。
という感じで頼んでおけばよりベターでしょうか。
DIYで休日にコツコツつくってみても面白そうですね
その場合は完全に自己責任になりますけど。
強度設計だけはしっかりとやったほうが良さそうですね。
( via consult )

シンプルで良い感じのウォールシェルフシステム



作り付けの棚とかウォールシェルフシステムが結構好きでして、このサイトでも今までにも何度かご紹介してきているんですが、なかなか良い感じのウォールシェルフシステムを発見したのでちょっとご紹介させて頂きます。

この雰囲気、どうでしょう?
シンプルでどんな場所にもマッチしてくれそうな感じなのに、かなり実用性も高そうで、コレは相当な高ポイントを叩きだしてくれる予感がします。
ダイニングって、食事もするし、家族で寛いだりテレビを観たりと、ともかく長い時間を過ごす場所なので、思った以上に色々な種類のモノを置いておく必要があったりします。
で、そういった場所を油断して放っておくと、どんどんとモノでごちゃごちゃになってしまい勝ちなんですが、とは言えモノを収納するためにあまり圧迫感のある棚とかを入れてしまうと、それはそれで雰囲気的に許せなかったりもするわけで…。
その点、こんな感じのスッキリとしたウォールシェルフシステムを一つ入れておくと、棚の構成なんかも自由に選んだり必要に応じて組み替えたりできますし、趣味と実益の両立をかなり良い感じにサポートしてくれるのでは無いかと。
こちらスウェーデン製の”string”というウォールシェルフのシステムなんですが、日本でもmoda en casaやセンプレ、二子玉川ライズのイルムスなど、結構色々なトコロで取り扱いがされているので、個人で購入してDIYするのも難しくなさそうです。
気がついてなかったんですが、以前にご紹介したコチラ、あとコチラも、この”string”だったようで…。
せっかくなので、今までにご紹介してきたウォールシェルフ/作り付けラックのシステムを振り返って、簡単にまとめてみたいと思います。
(1)ロイヤル
言わずと知れたチャンネルサポート金具の定番。実用的で実績も十分。家を建てる際に壁に埋め込む方法が一般的で、後付もできますが、後付すると見た目が出っ張っちゃったりしてちょっとイマイチ。また、金具やシステムトータルでのデザイン性も正直今一歩で、このあたりがネックといえばネック。個人的にはウォークインクローゼットなど、あまり人目に付かない場所に使用したいですかね。
(2)elfa
スウェーデン製のチャンネルサポート金具。ロイヤルよりもデザイン性は多少上かなと。ワイヤーバスケットのオプションなんかもあり、日本に販売代理店もありますが、取り扱い点はかなり少ないようで、入手の容易さや施工周りがネックになりそうです。
アメリカ製のチャンネルサポート金具。こちらもロイヤルよりはデザイン性は多少上。ただし、(調査時段階では)日本の販売代理店などは無いようで、個人で輸入することになりそうなところがネック。
(4)IKEA関連でDIY
チャンネルサポートを後付するくらいなら、いっそのこと柱を立てて、ラックシステムを入れちゃいましょう、というやり方です。ウチの自宅でもStolmenを使ってますが、壁が無くても棚を作ることができますので、ある意味チャンネルサポート系よりも柔軟性は高いかなと。デザイン性の面ではどちらが好きかという好みの問題になると思いますが、IKEAのラックシステムは、Stolmen以外にも、Broderなどいくつものシリーズがあるので、用途や好みで色々と選べるというメリットもあります。
専用設計の金具を2×4材に取り付けるだけで、どこにでも柱を作れてしまうという斬新なシステムです。壁にも天井にも穴を開けずに柱を立てられるので、賃貸住宅でもラックシステムやウォールシェルフ的なものを作り付けることが出来ます。個人的にはデザイン的な面もかなり好み。自宅にIKEAのラックシステムを使っておきながらアレですが、今のところこのPILLAR BRACKETはかなりオススメの製品だと思ってます。
今回ご紹介したウォールシェルフシステムです。「壁に金具を取り付けて、そこに棚を作り付ける」という仕組みとしては、(1)〜(3)のチェンネルサポート系のシステムにかなり近いと思います。前出の3製品は「壁への埋め込み前提(というわけでもないのかも知れませんが)」のようで、後付すると、チャンネルサポート金具が壁から出っ張ってしまうところが若干気になりますが、この製品の場合はそもそもが「後付」前提のようで、その分、デザイン的にも後付してもあまりそこら辺が気にならない感じになっているかなと。
総じていいますと…
壁面が無くても棚を作れるという面では、(4)「IKEAのラックシステム」と(5)「PILLAR BRACKET」に優位性あり。
日本での入手の容易さという点では、ホームセンター等でも買える(1)「ロイヤル」がダントツですが、通販でも買える(5)「PILLAR BRACKET」、(6)そこそこの取り扱い店舗数がある「string」が次点あたりで、IKEAが近隣にある地域の方であれば(4)「IKEAのラックシステム」もそれに準じた位置付けといったところでしょうか。
棚の組み方の柔軟性などの実用性面ではどのシステムを用いて棚を作り付けても大差は無いと思いますので、あとは、「家の建築時に導入するのか/後付にするのか」というあたりと、「デザインの面でどれが好きか」というあたりで決めて行くのが良いのでは無いかと。
過去から沢山紹介してきた割には、あまりポイントを押さえたお話が出来ずにお恥ずかしいですな…。
次回までに、もうちょっと勉強しておきます…。
( via string )