カテゴリー別アーカイブ: 内装や雰囲気

【寛ぎのサイドスペース】ウッドデッキのテラスと2つのデイベッドのある開放的なダイニング・キッチン



こちらのお宅のこのダイニング・キッチン、雰囲気がとても素敵だなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

ウッドデッキのテラスと2つのデイベッドスペースのある明るく開放的なダイニング・キッチン

大きな開口部がふんだんに設けられた、明るく開放的なダイニング・キッチン。

鴨居の上部、妻小壁的な部分もガラス張りになってます。

ウッドデッキのテラスと2つのデイベッドスペースのある明るく開放的なダイニング・キッチン ウッドデッキ側から

 

キッチンの向こう側には、ガラスのスライドドアで屋内とフラットにつながるウッドデッキのテラス。

ウッドデッキのテラスと2つのデイベッドスペースのある明るく開放的なダイニング・キッチン2

 

そして、テラスと屋内双方に、こんな感じのデイベッドスペースが作り込まれてたりして。

デイベッドスペースとトップライトのあるウッドデッキのテラス

ダイニング・キッチンの片隅に作り込まれたデイベッドスペース

いいですね〜。自宅にこんなスペースがあったら、家にいるときは常にここで過ごすような生活になってしまうのではないかと。

 

このデイベッドを見てて思い出したんですけれど、こういうスペース、僕の自宅にも欲しいと思ってたんですよ。これ、以前にも書いたことがある話題な気がするんですけれど、うちの自宅、ちょうど10年くらい前に建てたんですけれど、計画段階では、ダイニングの壁際にこういうデイベッドスペースを作るはずだったんです。でも、建ててる最中にちょっとしたゴタゴタがあったもんで、デイベッドの件を後回しにしちゃいまして。「まあ、住み始めてからまた考えればいいか」みたいな感じで。で、その後どうなったかと言いますと、当初デイベッドが置かれる予定だった場所には今は子どもたちの勉強机が置いてありますね。

こういうのって、保留にしたりしてちゃダメなんですよね…。家って生き物みたいなものなので、一度住み始めると、こちらの意図に反して勝手にレイアウトを決めてどんどんと仕上がっていってしまう(まあ、実際には仕上がってないんですけどね)ようなところがあると思うんです。だから、躊躇したり後回しにしているものやスペースは、いつの間にか自然消滅的になくなってしまうという…。なので、優先順位を明確にして、欲しいと思ったスペースは最初からきちんと確保して作っていくいくことが何よりも大切なのかなと。

なんだか後半が完全に僕の反省みたいになっちゃいましたね…。まあ、勉強机を置く場所も当然必要なわけですから、別に構わないんですけどね…。でも、いつの日かの模様替えでは僕の欲しかったものを取り返せるように、こういうデイベッドスペース、自宅のリフォーム計画アイテムの一項目にしっかりと加えておきたいと思います。

( via Parsonson Architects )

【コンパクトスペースに遊び心満載】サブウェイタイルと白いペンキ塗りのレンガで囲われたロフトハウスのバスルーム



こちらのお宅のバスルームの雰囲気、可愛らしくてとっても素敵なんですけど。

サブウェイタイルと白いペンキ塗りのレンガで囲われたロフトハウスのバスルーム

サブウェイタイル貼りの白基調のバスルーム。壁面には、上部がアーチ状になったニッチの小物置きスペースが掘り込まれてます。

サブウェイタイルと白いペンキ塗りのレンガで囲われたロフトハウスのバスルームの壁に作られたニッチの物置スペース

 

その向かいは、大きな鏡の入った洗面台エリア。こちらの壁は白いペンキ塗りのレンガです。

サブウェイタイルと白いペンキ塗りのレンガで囲われたロフトハウスのバスルームの洗面台

コーナーには、ガラスブロックで作った縦長の明かり取り窓も。

サブウェイタイルと白いペンキ塗りのレンガで囲われたロフトハウスのバスルームのコーナーのガラスブロックの小窓

コンパクトながらも、随所に遊び心が盛り込まれたこういう感じ、良くないですか?

自宅のインテリアでいろいろと遊んでみたいけど、リビング・ダイニングとかのメインスペースで頑張り過ぎちゃうと、人を呼んだときにちょっとアレな感じになっちゃうかも…というようなことを考えて、どうしても今一歩のところで踏み込んでいけないようなことってありません? かくいう僕も結構人目を気にするほうでして、なかなか思い切ったことができないタイプの1人なんですけど、その点、バスルームって、他のスペースと比べると、他人の目に触れる機会が比較的少ないわけで、そういう場所を使って自由に遊んでみるのって、ありだと思うんですよね。

自宅であれこれやってみたいアイディアはあるんだけれど、ちょっと恥ずかしがり屋さんなせいで、なかなかそれを表に出していけないというシャイな紳士淑女のみなさま、そのアイディアと遊び心、まずはバスルームに詰め込んでみるというのはいかがでしょうか?

( via FREE PEOPLE )