タグ別アーカイブ: コンパクト

【コンパクトでも雰囲気最高】DIYで作り込んだコンパクトなベランダの屋外ダイニング



金曜の夜にもう1本、ちょっと素敵な屋外ダイニングを発見してしまったので、週末を迎える前に簡単にご紹介させていただきたいと思います。

こんな素敵なベランダ、自宅に欲しくないですか?

DIYで作り込んだコンパクトなベランダの屋外ダイニング 夕暮れにライトアップしてディナー

広さわずか2平方mとのことですから、幅1m弱×奥行き2mちょいといった感じでしょうか。数字だけでみると、この上なくコンパクトですけれど、夫婦2人でちょっとした時間を過ごすくらいだったらこれでも十分すぎるくらいですよね。

DIYで作り込んだコンパクトなベランダの屋外ダイニング 屋外家具のテーブルを上から

 

実はこちら、もともとは、素敵とは程遠い、こんな感じの単なる物置スペースでしかなかったところを、こちらにお住まいのJuditさんがご自分でDIYでここまで作り込んじゃったんだそうで。

DIYで作り込んだコンパクトなベランダの屋外ダイニング ビフォア

 

フェンスを白く塗り、床に人工芝のマットを敷き、壁には棚を造作、天井からは観葉植物と照明を吊るして。

DIYで作り込んだコンパクトなベランダの屋外ダイニング 頭上から観葉植物

DIYで作り込んだコンパクトなベランダの屋外ダイニング 壁の棚を下から

フェンスの上部に、ロマンチックな雰囲気を出すためにカーテンを取り付けてみたんだそうですが、これ、なかなかいい感じのアイディアなのではないかと思います。

 

ペンキを塗ったり棚を作ったりというあたりは多少は手間が掛かりそうですから、1人でやるのはちょっと大変かもしれませんけれど、代わりにこれだけの素敵なスペースが手に入るんだったら全然アリですよね。家具はIKEAのAPPLAROシリーズあたりで選ぶのがいいですかね。

IKEAのAPPLAROで作った屋外ダイニングスペース

 

2平方mという必要スペースのサイズも、この世の中にあるベランダであればまず間違いなく全てOKというくらいのコンパクトサイズですし、これはもう思い切ってDIYしてみるしかないのではないかなと。

このポストを読みながら、「そういえば、うちの自宅のベランダも単なる物置に…」と思っているお父様がいらっしゃいましたら、こんな感じの屋外ダイニング、夏に向けて日曜大工でコツコツDIYしてみるというのはいかがでしょうか?

( Photo #1-#5 via apartment therapy , Photo #6 via IKEA )

【小さく区切って作り込み】メインスペース脇のコンパクトなサンルーム・ダイニングとバスルーム



こちらのお宅のダイニング、作りがちょっといい感じだなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

まずこちらが、ダイニングに隣接するリビング。

サイドに細長いダイニングスペースのあるリビング1

 

右手に見えるドアをくぐりますと、

サイドに細長いダイニングスペースのあるリビング2

 

そこにはこんな感じのダイニングスペースが。

リビングの脇に作り込まれた大きな窓に面した細長いダイニング

細長い作りのこじんまりとしたスペースに、壁一面に埋め込まれた大きな窓の組み合わせ。半ばサンルームと言ってしまっても過言でないくらいの明るさが得られていて、最高にいい感じですよね。

コンパクトさと開放的が組み合わさった独特の雰囲気が素敵なのもさることながら、外部に面した部分にこういったスペースが作り込まれていることで、この部屋の空気の層が、魔法瓶のように外部からの熱や冷気を遮る断熱エリアとしての機能を果たすようにもなってくれると思うんです。コンパクトなスペースにしてあることで、冷暖房の効率も格段に良くなりますしね。例えば夏場の休日、家族皆で終日出かけて夕方帰宅した際、家中に1日分の熱気がたっぷり篭っていたとしても、とりあえずこの部屋の窓を開けて軽く換気してからエアコンを入れれば、ものの5分としないうちにあっという間に涼しくなってくれますから。平日の朝なんかも、家族が出かけるまでの時間であれば、こことキッチンくらいに冷暖房を入れればそれだけで十分に事足りてしまうわけで。

まあ最終的には、リビングや寝室なんかの冷暖房も必要に応じて入れる必要があるわけですけれど、こういうのが省エネとか光熱費の節約にも結構効いてきたりするのかなと。

リビングの脇に作り込まれた大きな窓に面した細長いダイニングの右端の棚 観葉植物

 

これだけ窓が大きいと、日の差し込む時間帯はかなり暑くなりそうな気もしますけれど、熱帯系の観葉植物なんかを並べて温室っぽいスペースとして楽しんじゃうというのもありかも。

リビングの脇に作り込まれた大きな窓に面した細長いダイニングの左端の棚 観葉植物

 

実はこちらのお宅、ベッドルームもちょっと似た作りになってたりするんです。

ヘッドボードの向こう側にバスルームのある明るく開放的なベッドルーム

 

と言いましても、別にベッドルームの脇にサンルーム的なスペースがあるわけではありませんで、ベッドルーム脇に用意されているのは、バスルーム。

ベッドのヘッドボードの向こう側のバスルームのへの通路1

ヘッドボードの向こう側の細長いバスルーム コーナーにオーバーヘッドシャワー

ヘッドボードの向こう側に、幅80cm〜1mちょい程度の、両脇からぐるりと回れる作りの通路のような作りのコンパクトなスペースが作り込まれてまして、そこがバスルームになってるんです。

ヘッドボードの向こう側の細長いバスルーム 裏側の洗面スペース

ベッドのヘッドボードの向こう側のバスルームのへの通路3

ここが断熱エリアとしての役割を果たしてくれるかどうかはちょっとわかりませんが、ベッドルームの隣に、こんな感じの明るく開放的な雰囲気のバスルームがあるというだけでも、十分に素敵なのではないかなと。

 

小さく区切られたスペースって、そういった空間からしか得られない独特の雰囲気やおもしろさみたいなものがあると思うんです。「広々開放的な大空間」みたいなのも、それはそれで当然いいとは思うんですけれど、その一部を区切ってこういったコンパクトなスペースを作り込むことで、スペース全体が、より楽しめる空間になってくれるのではないかなと。

このポストをご覧になっている方のなかで、これからお家を建てたりリフォームしたりするご予定のある方がいらっしゃいましたら、こういうメインスペース脇の少空間、いろいろと検討してみてははいかがでしょうか?

( via TFAD )