タグ別アーカイブ: 子供部屋

【上げ下げ窓の持つ可愛らしさ】階段室に作り込まれた開放感あふれる寛ぎスペース



こちらのお宅のこの階段、素敵じゃないですか?

二面の壁全体に上げ下げ窓を埋め込み、壁際にデイベッドを配した、サンルームのような明るく開放的な階段室

二面の壁を目一杯に使って、全体に上げ下げ窓を配し、その下の壁際には、デイベッドとしても使えそうなベンチをL字型に。これ以上ないというくらいに明るく開放的な空間で、階段室というよりは、まるでサンルームのような立派な寛ぎのスペースという感じですよね。

 

こちら、アメリカ東部ミネソタ州はミネアポリスを拠点に活動するインテリアデザイン事務所 Martha O’Hara Interiorsのデザインしたお宅でして、書斎がこれまたいい感じなんです。

落ち着きのあるシックな雰囲気のスペース。サイドに加えて、背面の造作棚の中央を繰り抜いて埋め込まれた上げ下げ窓が素敵です。

複数の上げ下げ窓を用いたシックな雰囲気の書斎 壁面一杯の造作棚にも上げ下げ窓を埋め込んで

 

こちらは同じデザイン事務所が手掛けた、ノースダコタに建つ別の物件。

二面の壁いっぱいに複数の上げ下げ窓を配した、明るく開放的なワークスペース。

二面の壁いっぱいに複数の上げ下げ窓を配した明るく開放的なワークスペース,子供部屋

こういう感じの子供部屋もいいかも。

 

こちらのデザイン事務所、ともかく窓、それも上げ下げ窓の使い方がいいんですよね。

例えばキッチンはこんな感じ。

シンクの正面に細長の上げ下げ窓を3つ並べて配した白基調の明るく開放的なキッチン

シンクの正面に、細長の上げ下げ窓を3つ並べて。

奥行きのあるランドリールームの突き当りの壁には、細長の上げ下げ窓を2つ。

突き当りの壁に細長の上げ下げ窓を2つ並べた奥行きのあるランドリールーム

 

サイドの壁際に2つの上げ下げ窓のある、シックな雰囲気のバスルーム。

バスタブの脇の壁に2つの上げ下げ窓のあるシックな雰囲気のバスルーム

どれもこれも最高にいい感じ。上げ下げ窓の持つ可愛いらしさを最大限に活かしてる感じがしますよね。

複数の上げ下げ窓を並べた明るく開放的なダイニング

 

新築やリフォームのプランを検討中で、窓についてお悩みの方、あれこれもっと考えてみたいなとお考えの方がいらっしゃいましたら、こちらを参考にして、心ゆくまでイメージを膨らませちゃってくださいませ。

( via Martha O’Hara Interiors )

【敢えて小さく作りこみ】大きな造作本棚と一人掛けのソファのあるコンパクトな階段下のリーディングヌック



自宅の階段下に、こんなスペースがあったらいいですよね。

階段下に作り込まれたリーディングヌック 大きな造作本棚と座り心地の良さそうな一人掛けのソファ

幅2m×奥行き4m足らず、せいぜい4畳ちょいといったところのスペースに、壁面一杯の造作本棚と、座り心地の良さそうな一人掛けのソファをおいたリーディングヌック。

こちら、アメリカ カリフォルニア州北部、サンフランシスコの北約50kmに位置する極上ワインの生産地として知られるワインカントリーの街、ベレットバレーのワイン園に建つ大邸宅の一画。別にお宅の中にスペースが足りないわけではありませんが、この「狭さ」からくる居心地の良さを求めて、敢えて階段下にこういうスペースを作り込んでるわけです。

階段下に作り込まれたリーディングヌック 大きな造作本棚1

広々ゆったりなリビングや書斎というのも当然素敵ではありますが、こういう包まれ感のあるこじんまりとしたスペースというのも、こういったスペースにしかない良さがありますよね。

ここまでの話の流れをぶった切る覚悟で現実的な話をさせていただくならば、階段下、しかもわずか4畳程度というそのコンパクトな隙間的スペースを使って作れてしまうという点も、都市部の狭小住宅に住む身としてはかなり魅力的です。

ご自宅に書斎が欲しいけれど、部屋数やスペースに余裕がなくて…とお悩みのお父様お母様がいらっしゃいましたら、こんな感じの階段下のリーディングヌック、導入をご検討してみてはいかがでしょうか。

壁沿いにテーブルを2つ3つならべて、家族皆で使える共用のワークスペース兼読書エリア、みたいにしてみるのも面白いかも。

( via WADE DESIGN ARCHITECTS )