タグ別アーカイブ: 子供部屋

【可愛らしくて実用的】小さめサイズの上げ下げ窓がたくさん入った明るく開放的なスペース



こちらのお宅のこのワークスペースの雰囲気、とっても素敵じゃないですか?

小さめサイズの上げ下げ窓を横に3つならべた窓際のワークスペース

シンプルなデスクとチェアの組み合わせ。サイドにキャビネットと観葉植物の置かれた明るく開放的なスペース。

壁に3つ並べて配された上げ下げ窓が、可愛らしくていいですよね。デスクの上のiMacが27インチモデルとして幅約65cm、上げ下げ窓の幅はサッシまで含めてもその3/4といったところですから、幅50cm弱といったところでしょうか。一般的によく使われるのは、幅60cm〜75cmくらいのタイプのものが多いと思いますから、こちらの上げ下げ窓はそれよりも一回り小さいタイプですかね。

 

実はこちらのこちらのお宅、ほかの部屋でも上げ下げ窓がたくさん使われてまして、これがまた、ことごとく素敵だったりするんです。

リビングにも上げ下げ窓。

小さめサイズの上げ下げ窓がたくさんあるリビング

一面に複数並べておいて、さらにその脇の面にももう1つ。やはりこちらの窓も、ワークスペースのと同様に若干小ぶり目なタイプのもののようです。

上げ下げ窓の下には、アナログレコードと観葉植物。

リビングの上げ下げ窓の下の観葉植物スペース

このスペース、この雰囲気、サイコーじゃありませんでしょうか。

 

ベッドルームにも上げ下げ窓を複数並べて。

上げ下げ窓が2つならんだ明るく開放的なベッドルーム

 

そして、もう1つのベッドルームにも当然上げ下げ窓。

上げ下げ窓が2つならんだ明るく開放的なベッドルーム2

「上げ下げ窓がたくさん」というよりは、「窓はほぼ全て上げ下げ窓」、という表現のほうが正しいかも。

上げ下げ窓っていいですよね。

縦に長いデザインからくる開放感、風の通りがいいとか、気密性が高くて断熱、防音的な部分でのメリットがあるとか、そういった機能的な面での魅力もありますけれど、なによりも、単純な見た目の可愛らしさが一番のポイントかなと(これは個人的な好みの問題もあるかもしれませんが)。

しかもこの見た目の話にもっと突っ込ませてもらうならば、少し開けておいて風を通す、とかそういった形にしたときに、普通の窓だと、何だかちょっと中途半端というか、「早く閉めなきゃ」というような気持ちにさせられるような気がしちゃいますけれど、上げ下げ窓だと、その状態がまた絵になるような気がしません?

一通り書き終わってみて気がつきましたが、これ、全部僕個人の好みの話かもしれません…。スイマセン…。

でもやっぱり、「開けてよし、閉めてよし、中途半端にしておいてもよし」な、独特の可愛らしさ、間違いなくあると思います。

シェードカーテンと組み合わせたりしてみると、可愛らしさが倍増してしまう上に、上部だけ開けて周囲からの視線は遮りつつ光を入れるとか、そういった実用的面での使い勝手や機能がさらにアップしちゃったりして、なお宜しいのではないかと存じます。

 

せっかくだったら1つじゃなくて複数並べた方がいいのは当然のこととして、できることなら2つといわず、3つも4つも並べたいですな。

そうすると必然的に小さいもののほうが何かとやりやすいということになるわけですが、このお宅みたいな小さめのものって、日本メーカの標準的なラインナップのものでもあるんですかね?

 

ということで、参考に、LIXILとYKK APのカタログで数値をチェックしてみました。

こちらがLIXILのエルスターS 上げ下げ窓FS。

LIXIL 上げ下げ窓FS 寸法

W640mmかW730mmあたりがよく出るものだと思いますけれど、その下がW500mm。ありますね。

 

YKK APのAPW 310。

YKK AP APW310 サイズ表

W640mmと730mmの下は、W405mmと一気に小さくなります。 サッシまで含めて40cmちょい。ここまで来ちゃうと小さすぎるかも。小窓的な感じでしょうか。ちょっとイメージが違うでしょうか。

この2メーカで選ぶなら、LIXILのW500mmのものがドンピシャですかね。

 

まあ、大きいのを2つ入れるよりも、小さいのを3つ入れるほうが当然お金もかかるわけで、そこらへんは現実的な話としてはちゃんと考えなければいけないとは思いますけれど、光や風通しなんかの微調節もそれだけ細かくセッティングできちゃうわけですし、その上、可愛らしさもそれだけ増幅されちゃうわけで、検討の余地、十分にあるのではないかと。

幅4mくらいの壁面に小さめの上げ下げ窓が4つ並んでて、季節や天気に合わせて窓やシェードカーテンの開け方をいろいろ調節して、みたいなの、素敵だと思います。

 

窓って、確認申請の段階までに位置やサイズを確定させなきゃならないので、家全体のイメージが細かいレベルで固まり切っていない段階で決めきゃならないというパターン、結構あると思うんです。例えば、間取りやインテリアをどんな感じにするかとか、そういう部分って、もう少し後のフェーズで具体的になってくるような部分もありますしね。でもだからこそ、もうひと踏ん張りして頑張りを見せておきたい、大事なポイントの1つなのではないかなとも思います。

僕自身も、もしもいつの日か自宅を建てなおす日がやってくることがあったら、そのときには、今の家よりももっともっと窓にだわってみたいと思ってます。

このポストが、これからお家を建てるご予定の方にとって、少しでも何かのお役に立てましたら幸いです。

( Photo #1-5 via A CUP OF JO , #6 via LIXIL , #7 via YKK AP )

【庭に置かれた開放感あふれるコンパクトな離れ】多目的に使える家遊びのためのユーティリティスペース



こちらのこの離れ的な建物、ちょっと素敵なんですけど。

10.7畳のスペースに2つのダブルベッドとリビング、キッチン、バスルームのあるコンテナハウスのウッドデッキのテラス

正面には、頭上にオーニングの張られたウッドデッキのテラス。屋外用のテーブルとチェアのセットを置いて、ちょっと何かを飲みながらのんびりと過ごせそうな開放的なスペースが設けてあります。

逆サイドのドアを抜けた向こう側にも、ガーデンテーブルのセットが置かれた屋外ダイニング的なスペースが作ってあったりして。

10.7畳のスペースに2つのダブルベッドとリビング、キッチン、バスルームのあるコンテナハウスの裏庭側

 

既にお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、こちら、使用済みのコンテナを流用して作ったコンテナハウスなんです。

10.7畳のスペースに2つのダブルベッドとリビング、キッチン、バスルームのあるコンテナハウス ウッドデッキのテラスの屋外ダイニング側から

そしてこちら、離れではなく、れっきとしたメインの住宅、母屋なんだそうで。といっても、本当に人が住んでいるわけではなく、アメリカ カリフォルニア北部に本社を構える出版社”Sunset”が、その本社の駐車場に設置した試験的な住宅なんですけれどね。

この建物、このサイズの中に、4人分のベッドスペースとミニキッチン、バスルームに収納スペースまで収められちゃってるんだそうです。広さ190平方フィートとのことですから、メートル換算で≒17.65平方mということはわずか10.7畳程度。数字だけで考えると、ちょっと信じがたい話なんですが、その内部は実際のところどうなっているのかと言いますと…。

まず、左の扉から入ってすぐのスペースがキッチン。

10.7畳のスペースに2つのダブルベッドとリビング、キッチン、バスルームのあるコンテナハウスのキッチン

 

その向かいが、バスルーム。

10.7畳のスペースに2つのダブルベッドとリビング、キッチン、バスルームのあるコンテナハウスのキッチンとバスルーム

 

そして、メインのスペースが先ほど最初の写真で御覧いただいたこちら。チェアとテーブルとソファの置かれたリビング・ダイニングです。

10.7畳のスペースに2つのダブルベッドとリビング、キッチン、バスルームのあるコンテナハウスのウッドデッキのテラス

10.7畳のスペースに2つのダブルベッドとリビング、キッチン、バスルームのあるコンテナハウスの裏庭側2

10.7畳のスペースに2つのダブルベッドとリビング、キッチン、バスルームのあるコンテナハウスのリビング

確かにキッチンとバスルーム、リビング・ダイニングはありますが、どう考えてもベッドルームの収まるような余裕はどこにも残ってなさそうな…。

と思っていたら、リビングのソファ上部の壁面に取り付けられたスクリーンのようなものが、実は、こんな感じになっちゃいまして、

10.7畳のスペースに2つのダブルベッドとリビング、キッチン、バスルームのあるコンテナハウスのリビング 上部に吊り式収納のダブルベッド

ベッドになっちゃうんです。

そして、下部のソファもこんな感じにダブルベッドになっちゃうんです。

10.7畳のスペースに2つのダブルベッドとリビング、キッチン、バスルームのあるコンテナハウス 上部も下部もダブルベッドに

まあ、上部の方はどうひいき目に見てもセミダブルくらいしかありませんから、ここで寝られるのはせいぜい3人(無理すれば上で2人眠れるかもしれませんけど、寝返りうったら落ちますよね…?)ですけれど、床にあと1〜2人は眠れそうですから、確かに4人分の寝床は確保できそうですね。

 

こういうの、ちょっと良くないですか? さすがに4人家族とかでこの建物だけで暮らすというのはちょっと無理があるかもしれませんけれど、自宅の庭にこんな離れがあったらいいですよね。

家や庭をより快適に楽しむための、家遊びのためのユーティリティスペースとしてだけでも十分に役に立ってくれそうなんですけれど、あるときはワークスペース兼書斎として、またあるときは家に遊びに来てくれたゲストとともにゆっくりと過ごすための茶室や飲み部屋として、という感じで、多目的に使えそうです。ベッドもありますから、そのままゲストに泊まっていってもらうこともできますし、親類が遠くから訪ねて来たときなんかにも重宝しそうですし。

将来的にこの離れを子供部屋に転用するというのもありかも。あ、でもこんなの与えたら、悪さばっかりして仕方ない気がしますので、それはやめたほうがいいですかね。まあ、ホントにホントの話を考えちゃうと、うちには庭がありませんから、どっちみちこんなの置きようがないんですけどね…。

バルコニーに無理やり置いちゃおうかな。

( via Sunset )