タグ別アーカイブ: 開放感

【贅沢で余裕のあるスペース】L字型カウンターを対面に組み合わせた開放的なキッチン



こういうレイアウトのキッチン、良くないですか?

L字型カウンターを2つ組み合わせたような、広く余裕のあるレイアウトのキッチン

ゆったりとしたスペースの両サイドに、対面にL字カウンターを組み合わせたこの作り、今どきの住宅事情からするとかなり贅沢だとは思いますけれど、とても使い勝手が良さそうかなと。 

見方によっては、コの字型キッチンの端に短い対面型のオープンカウンターを足したような形ともいえるこのレイアウト、手前のカウンターに背の高いスツールでも用意して、キッチン直結のバーカウンター的なスモールダイニングエリアとして使ってみたりするのもいいかも。

 

周囲をぐるりとカウンターで囲ったような形ですので、かなりのサイズのスペースが確保できて、何をするにも作業がしやすそう。

カウンタースペースだけの話をするならば、普通のⅡ型のキッチンでもそれなりに近いイメージにはなりますし、2つのカウンター間の距離も近くなって作業動線的にもメリットがあるとは思いますけれど、中央のスペースがなくなる分、結構窮屈な感じになりますよね。

その点、こんな感じに中央に十分な空間が確保できていると、2人3人での作業でもごちゃごちゃとせずにできるのは当然のことながら、ホームパーティ的な集まりの際などに、大人数がキッチンに出入りするようなシチュエーションでも大丈夫そうです。

向かい合わせのエリア同士が遠く離れてしまう点は確かにデメリットになるとも思いますけれど、作業の流れや動線的につながってくるようなアイテムを1つのL字の中にセットで落とし込むような配置で設計できれば、そこらへんも問題なく対応できそうですしね。

 

デッドスペースになりがちなコーナーが2箇所ありますけれど、ココも忘れすに有効活用するアイディアを盛り込んでおけるとなお宜しいかなと。

L字型カウンターを2つ組み合わせたような、広く余裕のあるレイアウトのキッチンのコーナー

まあ、これだけの余裕があるということは、逆にいえば物理的なスペースを相応に専有とするということでもあるわけで、そもそもそれだけの広さが確保できていないと厳しいわけではありますが…。

でも、キッチンって、主婦にとっては(今どきは別に主婦だけの話じゃなくて、男性も、共働きの女性も、誰でも、ですけれど)、毎日毎日相当な時間を過ごす「メインのスペースの1つ」なわけで、そこを、家の中のどこよりも重要なスペースとして位置づけて贅沢な作りにするというプラン、ありだと思うんですよね。

これからお家を建てたりリフォームしたりするご予定のある方で、家の中のどこかに、多少なりとも余裕のあるスペースを割り当てられるプランを考えられそうだという幸せなお方がいらっしゃいましたら、こんな感じの「広く余裕のあるキッチン」、検討候補の1つに入れてみてはいかがでしょうか?

( via Revista AD )

【シンプルで可愛らしいスペース】大きな上げ下げ窓が2つ並んだ明るく開放的なベッドルーム



こちらのお宅のベッドルーム、素敵なんです。

白基調のシンプルなスペースに、ゆったりとしたサイズの寝心地の良さそうなベッド。

大きな上げ下げ窓が2つ並んだ明るく開放的なワンルーム的な部屋のベッドサイド

 

窓際の壁面の大部分を占める2つならんだ上げ下げ窓がまた、なんとも可愛らしくていい感じですよね。

明るく開放的なワンルーム的な部屋のベッドサイドの可愛らしい上げ下げ窓

 

自宅のベッドルームがこんなだったら、毎朝寝室で目を覚ますというただそれだけのことを、ちょっと楽しみにしながら日々を過ごせそうな気がします。

明るく開放的なワンルーム的な部屋のベッドサイドの可愛らしい上げ下げ窓2

明るく開放的なワンルーム的な部屋のベッドサイドの可愛らしい上げ下げ窓の間の棚のあるスペース

 

こちらのベッドルーム、ベッドの脇に作り込まれたワークスペースがまたいい感じなんですよ。

白いペンキ塗りのレンガの壁に、ロイヤル金具を直付して作った造作の棚。

大きな上げ下げ窓が2つ並んだ明るく開放的なワンルーム的な部屋のワークスペースの壁の棚 ロイヤル

 

そこに、2つの架台の上に板を渡しただけのワークデスクを置いた、シンプルなスペース。

大きな上げ下げ窓が2つ並んだ明るく開放的なワンルーム的な部屋のワークスペース

 

こちら、NYを拠点に活動するデザイナーであり、自らのデザインしたアクセサリーやハンドクラフト品を販売するウェブサイト ”Jacqueline Rousseau”のCEOでもあるジャクリーンさんの、ワンルーム的なご自宅なんです。

大きな上げ下げ窓が2つ並んだ明るく開放的なワンルーム的な部屋

広さ400スクエアフィートとのことですから、メーター換算で37平米ちょい≒22.5畳。日本の感覚で言うと、ちょっと広めの単身者向けワンルームマンションか、ギリギリ2人+αくらいで暮らせる、若いご夫婦向け物件といったところでしょうか。

大きな上げ下げ窓が2つ並んだ明るく開放的なワンルーム的な部屋の冷蔵庫とコンロ

このサイズですから、このままこの間取りを一軒家のレイアウトに持ってくるというのはちょっと無理があるとは思いますけれど、こういうの、ちょっと広めのベッドルームに応用してみたり、ワークスペースやサブの遊べる空間があるような作りのリビングを考える際のアイディアとして引き出しに入れておくと、面白いスペースを作るのに役立ってくれたりするかなと。

これから家を建てたりリフォームしたり、就職、転勤、結婚などで新たな地での新生活をスタートするご予定のある方がいらっしゃいましたら、こんな感じのお宅を参考にしつつイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか。

( via apartment therapy )