タグ別アーカイブ: インテリア

【エメラルドグリーンの夢】カラフルなアンティークの器



以前にちょっと書いたことがあるんですけれど、この半年くらいの間、自宅のインテリアでカラフルさを楽しむために、少しづつグリーン系のものを増やしていってみてます。

具体的には、家具やファブリックなんかで色を選択出来るときにはできる限りグリーン系のものを選ぶようにしてまして、リビングを中心に徐々にではありますがグリーン基調の良い感じなまとまりが出てきてくれてます。
で、この度、そんなアテクシのハートにビンビンと響いてくれてしまう写真を見つけてしまったので、自宅用としてちょっと記録しておきたいと思います。
コチラ、グリーンの食器類でございます。
食器の色を特定の色に統一してしまうという発想は僕にはちょっと無かったんですが、コレは相当にイカしてるのでは無いかと。
既存の食器類とかを処分するわけにもいかないので、現実的にはこんなコト真似出来るわけも無いんですが、もしも僕がコレから一人暮らしを始めたり結婚するんだとしたら、是非ともこんな感じで頑張ってみたいですけどね〜。
コーヒーカップとかの特定の食器だけに絞ってだったら、グッと現実的になって来そうな気も。
コチラは米国ピッツバーグのMcKee Glass Companyのアンティークのカップです。
くすんだグリーンの色合いが良いですね〜。
どこまで行っても所詮は無い物ねだりになってしまうと思うんですけれど、タッパー類とかだけだったら何とかなるかも…?
コレはコレで面白そうですけれど、実際には冷蔵庫の扉はいつも閉まってますからね…。
冷蔵庫を開ける度にこんな風景が見られたら、日々の生活がちょっとだけより楽しいモノなってくれそうな気はしますけどね〜。
でも、やっぱ食器が良いですかね。
夢は大きくというコトで、「20カ年計画くらいで少しずつアンティークのお皿を集めていく」というプランもチャレンジのし甲斐があって面白いかも…?
※そういえば、最近は長女が大好きなピンク勢が力を蓄えてきてまして、既にホウボウがピンクに侵食されて来ているような気もするんですが、ま、ピンクとグリーンは比較的相性が良いのでそれもまたヨシということにしておこうかなと…。

【横の広がりと奥行き】ボーダーの柔らかさとインテリア



ちょっと系統の違うネタなんですが、偶然にも連続して発見してしまったので。

こういうボーダーのカーテンって、ちょっと良くないですか?
海を想像させられるような、白と深いネイビーブルーとの組み合わせ、良いです。
インテリアにこういう太いボーダー柄を入れると、横の広がりが強調されて、何というかものすごく柔らかい雰囲気になってきますよね。
逆にストライプ(ココでは縦縞のコトをストライプと表現させて頂きます)を入れると、縦方向に伸ばされる感じで、強制的にシャキッと引き締められるような雰囲気になって行きます。
洋服などで、ボーダーを着ると恰幅が良さげに見えて、ストライプを着ると細身に見えるのと一緒です。
もういっちょ見つけたのは、コチラのリビング。
明る目のカーキ系の色でまとめられていますので、元々全般的に暖かく柔らかいイメージになってるんですが、ソコに加えてボーダーのカーテンを持ってくると、かなり可愛らしい感じになってきます(やり過ぎという噂もありますが…)。
仮にココにストライプのカーテンを持ってきたら、随分と雰囲気が変わるんだろうなと。
例えばこんな感じの内装の家があったとするじゃないですが。
かなり強制的にシャキッとさせられちゃうかなと。
コレはコレで好みではあるんですが、人間、自宅の中で常にシャキッとしていたい訳でも無いと思うので、カーテンくらいでコントロールできるようにしておくと意外と良いのかなと思ったりしまして…。
ベースとなる部分はなるべく中立で作りこんでおいて、カーテンをストライプにしたり、ボーダーにしたり、季節と色でもいくつかの組み合わせを考えておいたりして、そこまで考えた結果を更に家の内装の方にもフィードバックしておいたりすると、かなり色々と楽しめちゃったりするのでは無いかなとか。
( photo#1 via FRONT & MAIN , #2 via freshhome , #3 via Home DSGN )