タグ別アーカイブ: バスルーム

【毎日リラックス】明るく開放的な自宅用のサウナルーム



自宅に暖炉を作る」というのも、なかなか思いつかない、契機となるような何かと偶然に近いような形で出会ったりしない限り、あまり辿りつけない選択肢の1つだと思うんですけれど、「自宅にサウナを作る」というのは、それと同じか、もしかするとそれ以上に辿りつきづらい場所にあったりするのかなと。

なので、本日、ここに1つ、緒の端を垂らしてみたいと思います。

自宅にこんなサウナがあったら良くないですか?

ガラス張りの開放的な個人宅用サウナTulikivi

 

日本で取り扱われている個人宅用のサウナって、一人用のカラオケボックスとか、楽器練習用の防音室みたいな、なんだかものすごく狭苦しい個室イメージのものが多かったりするじゃないですか。

それでもサウナとしての用は成すんでしょうけれど、せっかくリラックスするためにサウナに入るのに、何だかちょっともったいないかなと。

 

その点このお宅のサウナは素晴らしいです。

隣のシャワールームとの間の壁はガラス張り。

ガラス張りの明るく開放的な個人宅用サウナ

大きな窓もあり、この上なく明るく開放的な雰囲気ですよね〜。

 

ベンチやデッキ材はポプラ。もともとあまり耐朽性の高くない木材ですが、サウナの内装用に、しっかりと表面処理を施してあるんだそうで。軽やかで暖かみのある柔らかい質感が、裸で過ごすプライベートタイムを、より心地良い時間にしてくれそうです。

ポプラ材で作った明るくゆったりとした個人宅用サウナの内装

 

サウナのシステムは、フィンランドのTulikiviというメーカーのものでして、タッチパネル式のコントローラーから石の入った電熱式のストーブを制御して、任意の温度や湿度に設定が出来るようになってます。

家庭用サウナシステムのストーブ

こんな素敵なサウナが自宅にあったら、季節を問わず、毎日のように入っちゃうと思うんですけど。

 

コストやスペース的な面でのもろもろの制約を考えると、1人2人で入るためのサウナにこれだけのスペースを割り当てるというのは、かなり贅沢な話なのは間違い無いとは思いますけど、自宅で毎日リラックスしてストレス解消できて、その上健康にも良いと考えれば、思い切って作ってみるだけの価値は十分あると思うんですよね〜。

でも、目ん玉飛び出るくらい電気代掛かるんですかね……?

( via moderni puutalo )

【青いタイルが素敵】マドリッドの明るく開放的な浴室



こちらのお宅のこのバスルームの雰囲気、良くないですか?

マドリッドのデザイナーの家の屋外のような明るブルーのタイル張りの明るいバスルーム1

 

こちら、スペイン マドリッドを拠点として活動するムンバイ出身のデザイナー、Paco Pintónさんの自宅のバスルームなんですが、光の差し込む明るく開放的な雰囲気と、くすんだようなシャビーな青いタイルの組み合わせが最高かなと。

マドリッドのデザイナーの家の屋外のような明るブルーのタイル張りの明るいバスルーム2

新しさや清潔感のようなものは微塵も感じられませんけれど、かと言って、汚らしさや不潔な印象を与えられるようなイメージというわけでも無く、人の手のあまり入っていない、自然に近い環境の中に身をおいているような、そんな気持ちになれそうなバスルームですよね。

 

こういうの、真似しようとして簡単に真似出来るものでは当然無いとは思いますけれど、「こういうのもアリなんだ」という選択肢の1つとしてイメージを引き出しの中に入れておけると、どんな家に住みたいか、どんな家を建てたいか、というコトを考えて、色々な方向にアイディアを膨らませていく際に、幅がグッと広がってくれそうかなと。

( via The Selby )