タグ別アーカイブ: バルコニー

【立地を活かして外部に開く】コンパクトで開放的な吹き抜けのロフトハウス



こちら、スウェーデン ストックホルム市南部の中心地的な繁華街 セーデルマルム地区に建つアパートのペントハウスのリビングなんですけれど、この開放的な雰囲気、最高に素敵じゃないですか?

バルコニーと吹き抜けのあるペントハウスのロフトリビング

上部は吹き抜け。そのさらに上には天窓。

 

ぽっかりと口を開けた大開口のガラススライドドアの向こうには、頭上を鮮やかな山吹色のオーニングに覆われた、広々としたバルコニー。

開放的なバルコニー付きのペントハウスのロフトリビングダイニング

ペントハウスのロフトリビングのバルコニー

 

よく見ると、コーナーには暖炉まで据え付けてあったりして。

ペントハウスのロフトリビングのバルコニー1

 

吹き抜けの上にはもう1フロア。階段を上がると、そこには、これまた明るく開放的なワークスペースが。

ペントハウスのロフトリビングの上の吹き抜けの上のワークスペース2

ペントハウスのロフトリビングの上の吹き抜けの上のワークスペース3

 

大きな天窓から望む青空と、眼下に広がる北欧の街並み。サイコーに贅沢ですね〜。

吹き抜けの上のワークスペースからの風景 天窓

 

下のフロアに戻りまして、吹き抜けの下の奥側に回り込んでみますと…。

ペントハウスのロフトリビングの上の吹き抜けの上のワークスペース1

 

こちらは、変則的な形状の勾配天井の下のベッドルーム。

ペントハウスの天窓付きのベッドルーム1

高い位置に埋め込まれた天窓から差し込む光と、斜めの天井の下の包まれ感の組み合わせ。こういの、良いですよね。

ペントハウスの天窓付きのベッドルーム

 

こちらのお宅、これだけの贅沢な作りをしていながら、床面積の合計は93平方mと結構コンパクト。間取り的にも、吹き抜け上のスペースを一部屋と捉えても2LDKだったりして。

それでも、ペントハウスだと思ったらちょっとやそっとでは手を出せない感じがしてしまいますけれど、もしもこれが一風変わった作りの一軒家だとしたら、グッと現実味を帯びてくるような気がしません?

周辺環境に恵まれた土地を見つけて、立地を活かしつつ、こんな感じのゆったり贅沢で開放的な2階建てを建ててみる。素敵な狭小住宅のアイディアとして、もしかするとこういうのもありなのではないかと。

( via Wrede )

【スキップフロア状の庭】立体的につながる屋外スペース



こちらのお宅、屋外スペースの作り込みがサイコーに素敵かなということで。

まずは2階。バルコニー付きのベッドルームからの眺めはいきなりこんなです。

2階のバルコニー付きのベッドルームからの眺め

「眼下に広がる青い海」っつーのはそれだけで完全に反則な気もしますけど、屋内の延長線上にある屋外リビング的な空間を敢えて使用せずに、その手前から、バルコニーを含めた風景を楽しみつつのこの余裕が素晴らしいかなと。

 

そして、1階メインエリアのリビング・ダイニングの全開口スライドドアを開放致しますと…。

全開口ドアでウッドデッキの庭とつながるダイニング2

全開口ドアでウッドデッキの庭とつながるダイニング1

 

そこにはウッドデッキの屋外リビング。

スキップフロア状のウッドデッキの庭とバルコニーのある家

 

スキップフロア状に50cmほど上げられた一番高いスペースには、太陽の光を全身に浴びながら優雅にお昼寝をするための立派なデイベッドが。

ウッドデッキの庭と開放的なバルコニーのある家

 

ウッドデッキからの眺め。

ウッドデッキの庭からの眺め

 

建物と庭の全体像はこんな感じ。

ウッドデッキの庭の屋外空間がスキップフロアで立体的につながる家

ウッドデッキの庭自体が海沿いの地面から50cmほど高く作られていて、その中の一部が更に50cmほど高いエリアになっているわけです。

単なるフラットなウッドデッキにしていたら、ただのだだっ広いのっぺりとした空間になってしまいそうなところを、スキップフロア状に接続された立体的な屋外空間として作り込んだこのスペース、アクセントが効いててなかなか素敵じゃないですか?

実際のところ、温暖でカラリとした地中海性気候の南カリフォルニアの海沿いというこの環境がそれだけで素晴らしいという話も当然あるわけですけれど、屋内のみならず屋外にも立体的な空間作りをするというこういったアイディア、別に南カリフォルニアじゃなくても、海沿いじゃなくても、そして広々ゆったりしたお庭じゃなくても、真似してみても宜しいのでは無いかと。

( via Home Adore )