タグ別アーカイブ: ワークスペース

【居心地の良い上下2段のスペース】リビングの入口の上の低めのロフト



ロフトというと、通常よりも多少は天井が高いスペースに作られていることが多いイメージがありますけれど、場合によってはこういう作り方もありかも知れませんよね。

それほど高くない階高(といっても、2m台の後半はありそうですけれど)のリビング上部に作られた低めのロフト。

リビングの入り口の上に作られた低いロフトとその下のスペース

リビングの入口上部に作られているからというのもあるでしょうけれど、あまり圧迫感も無く、どちらかと言うと、包まれ感のような面白さのある雰囲気を醸してくれてたりするかなと。

 

ロフトの上はベッドルーム。

リビングの入り口の上に作られた低いロフトとその下に置かれたテーブル&チェア

場合によっては、ここにちゃぶ台とテレビでも置いて、ワークスペース兼リビング的な使い方をするという手もありかも。冬になったらこたつを置いて、なんてのも落ち着いて寛げそうで良さそうですね〜。

 

このロフトの下部がどの程度の高さを確保できているのか、正確な数値はちょっと確認出来なかったんですけれど、窓やオイルヒーターの高さから推測するにちょうど2m弱、恐らく1.8m程度といったところだと思います。

低いロフトのあるリビング

ロフトの方もそれほど高さはなさそうで、1.2m〜1.3mといったところでしょうか。高さ1.4m以下であれば日本の建築基準法上もロフト(小屋裏収納)扱いにできるわけですけれど、この作りなら十分その範囲内に収まってくれそうです。

部屋の入口の上に低めのロフトを作るこのやり方、リビングだけじゃなく、ベッドルームとか子供部屋とか、上手に応用すれば色々なところで使えそうな気がします。

※日本の建築基準法では、小屋裏収納は居室として使用することは認められていません。また、本ポストは、法令・条例等に違反することを助長する意図はございません。本ポストを何らかの参考とされる場合には、ご自身の責任・判断でご利用いただけますようお願いいたします。

( via http://nicety.livejournal.com/ )

【離れの子供部屋(またはワークスペース)】わずか10平方mの全部入りワンルームハウス



スペースに余裕があるならば、こういうのを子供部屋やワークスペース/書斎として割り当ててみるというのも良さそうです。

10平方mの木製ワンルームハウス

こちら、スウェーデンの建築事務所Tengbom Architectsが、ルンド大学の学生寮用としてデザインしたワンルームハウスなんですが、接地面積わずか10平方mという超コンパクトな作りの中に、必要にして充分な機能がしっかりと詰め込まれちゃってます。

 

玄関を入ってすぐのエリアはダイニング・キッチン。

10平方mのワンルームハウスの入り口周辺のダイニング・キッチン

ちょっと変わった形のテーブルですが、そこそこの広さがありますので、ちょっとした作業スペースとしても問題なく使えそうな感じ。

流しもありますので、お茶を入れたり、水を使う作業なんかも出来ます。

10平方mのワンルームハウスのキッチン

 

奥側にも小さなテーブルがもう1つ。

10平方mのワンルームハウスのロフトへ上がる収納階段

 

そして、収納にもなっている階段を登っていきますと、その上がロフトのベッドエリア。

10平方mのワンルームハウスのロフトのベッドエリア

ロフトの下に吊られたハンモックも良いですね〜。

 

ロフトの上から見下ろした室内。

10平方mのワンルームハウスのロフトからダイニング・キッチンを見下ろす

 

まあ、こうやって見ていくと、仮にこれを「離れの子供部屋」として使うとしたら、流石にそれはちょっと贅沢かなという感じもしますが(一人暮らしで生活するように設計されてるわけですから、当たり前といえば当たり前ですけれど)、自宅メインでお仕事をされている方用のスモールオフィスとして使うのにちょうど良い感じだったりするかなと。

 

こういうの、例えば庭の片隅に職場用として新しく建てたとしたら、建築費とかも含めて丸ごと減価償却で経費にできるんでしょうかね?

うちに庭があったらホントに建ててみたいところですが、残念ながらうちには庭は無いので無理ですね…。

( via TENGBOM )