タグ別アーカイブ: 作り付け

【シンプルで良い感じ】片隅の小さなワークスペース



1m×1mくらいの「隙間スペース」があったら、そこにこんな感じのワークスペースを作ってみるというのもアリですよね。

こういうシンプルな感じ、好きですね〜。
リビングやダイニングの片隅の壁にいきなり取り付けても全然違和感が無さそうですし、廊下や階段の踊り場なんかでも大丈夫そうな感じ。
コチラ、スウェーデンのstringというシェルフシステムだと思うんですけれど、このくらい可愛らしくてシンプルな雰囲気だと、取り付ける場所もかなり幅広く柔軟に選べそうで良いですよね。
日本でもmoda en casaやSEMPREなんかで取り扱われているようです。
汎用性という意味ではロイヤルなんかの方が扱いやすいかも知れませんけれど、流石にリビングの壁にいきなりロイヤルの支柱が取り付けてあったらちょっと目立っちゃうと思いますし、棚を作り付ける場合の選択肢としてコチラも引出しに入れて持っておいて、目的や用途、室内の雰囲気などに応じて適宜選択していけると良いですよね〜。
個室の書斎や勉強部屋も当然良いとは思いますけれど、リビングやダイニングの片隅にこんな感じのシンプルな家族共用のワークスペースを作っておいて、共有空間の中でそれぞれ思い思いに勉強したり本を読んだり仕事をしたりという使い方をするのもアリかなと。
( via decora )

【遊び心の収納場所】グラスやカップ類専用の作り付け棚



コレは人によって意見が別れるところなのかも知れませんけれど、グラスやカップの類って必要以上に色んな種類のモノが沢山欲しくなったりしません?

僕は飲むものやシチュエーションにあわせて色んな種類の器を取っ替え引っ替えするのが好きでして、4人家族なのにも関わらず、グラスやカップ、タンブラーその他、「飲み物を飲む系の器」については結構な種類を保有してます。
例えばコーヒーだったら、書斎でじっくり仕事をしたいときには大き目のマグカップ、ホームパーティの後にちょっと皆でコーヒーでもというときには小さめの可愛らしいコーヒーカップという感じになりますし、ビールだって、大き目のタンブラーに350ml全部をなみなみ注いで飲みたい時もあれば、小さめのグラスに注いで飲みたいときもあります。
和食器系でいえば、そば猪口なんかは種類も豊富ですし、そばを食べるときだけじゃなくて、日本酒を飲むのに使ったり小鉢の代わりに使ったりと使途も豊富で、一度集め始めると結構大変なコトになり勝ちなものの1つかも知れませんね〜。
他にもワイングラスやシャンパングラスなど、上げ始めたらキリが無いですよね。
器をちょっと変えた所で実際には大した違いは無いなのかも知れませんけれど、そうやってちょっとしたコトで日常を楽しむというのは人生にとっては結構大切なことなのかなと。
でも、グラスやカップの類って、結構嵩張るじゃ無いですか。
形が形だけに重ねておくのにも限界がありますし、あんまり奥まったトコロにしまってしまうと日常使いもしづらいですし、数が増えてくると収納場所が結構悩ましかったりします。
というわけで、ご自宅に1つ、こんな感じのグラス/カップ系専用棚はいかがでしょう?
こちらの棚、アメリカ カンザス州に住むアーティストの女性が自宅にDIYしたモノなんですが、非常にシンプルながらも使い勝手が良さそうで結構良い感じかなと。
大きさがマチマチなトコロもまた良い感じですね〜。
器って当然種類によって大きさが違いますから、こんな感じにしておいたほうが何かと使い易そうです。
場合によっては2つ3つ重ねて入れても良いですしね。
キッチン脇の壁にこんな感じの棚を作ってお気に入りの器をズラリとディスプレイしておけたら、便利なのもさることながら、毎日がなんだかちょっと楽しくなっちゃいそうじゃ無いですか?
地震大国ニッポンの場合、もしかすると前面にガラス扉が欲しいですかね…?