タグ別アーカイブ: 屋外家具

【頭上から降り注ぐ光】テラスの屋外リビングと一体につながる明るく開放的なダイニングスペース



こちらのお宅のこのダイニング、とっても素敵じゃないですか?

高い勾配天井に並ぶ、4つの大きな天窓。

屋外リビング的な庭に隣接する、大きな天窓がいくつも入った明るく開放的な半屋外的なダイニングスペース

隣接するテラスの屋外リビング的なスペースと一体となったような、明るく開放的なこの雰囲気、いいですね〜。

屋外リビング的な庭に隣接する、大きな天窓がいくつも入った明るく開放的な半屋外的なダイニングスペース

 

ちなみに、もしもこのお部屋に天窓がなかったとすると、こんな感じになるんだそうで。

頭上に大きな天窓が2つある明るく開放的なダイニング 天窓がなかったら CG

これ、CGなんですけどね。こうやって、実際には比較のしようがないはずの2つのパターンを見て比べられるのって、ちょっとおもしろいですよね。実際に家を建てる前にいろいろと検討されている方だったりすると、かなり具体的な形でイメージを固めることができたりして参考になるのではないかなと。

 

たくさんの天窓からふんだんに光が降り注ぐ、サンルームのようなスペース。

頭上に大きな天窓が2つある明るく開放的なダイニングの天窓を横から 閉じたところ

こちら、このサイトでは比較的よく登場するデンマークの天窓メーカー “VELUX”の天窓なんですけれど、自宅のダイニングがこんなだったらいいですよね。

 

天窓というと、開閉がちょっとめんどくさいようなイメージもありますけれど、こちらは電動式ですので、開け閉めラクチン、天井が高くても大丈夫。しかも、VELUXの最近のタイプのものは、雨が降ってくると、それをセンサーで感知して自動で閉じてくれる機能もついてるんだそうで。

頭上に大きな天窓が2つある明るく開放的なダイニングの天窓を横から 開いたところ

うちの自宅も3階の寝室に天窓が3個入ってるんですけれど、夏場は熱気がこもって暑くなっちゃって、それが結構悩みの種だったりするんですよね。3階ですから、思い切って開けっ放しで出かけてしまうという手もあるのかもしれないんですけれど、いつ来るかわからない夕立ちのこととかを考えると、なかなかそういうわけにもいきませんし。結局いつも締め切って出かけて、夜帰ってきてから、換気をしつつエアコンを全開にするという、環境にもお財布にもあまり宜しくなさそうな行動を取る羽目になってるんですけれど、この機能があれば、そこらへんの問題もクリアできちゃいそうな感じ。

LIXILやYKK APなんかも、最近は雨センサー付きのものを出してるらしいですから、これからお家を建てる方で、天窓を検討中の方には、そういった機能&(できれば)電動のシェードもセットになっているようなタイプのものを強くオススメしておきたいと思います。

 

それにしても、天窓ってやっぱりいいですよね。うちの天窓も、リフォームするときについでに、電動&雨センサ付きに替えちゃおうかな。でもきっとお高いんでしょうね…。光熱費のこととか考えたら、長い目でみたら意外とそうでもないのかな。

( Photos #1-2 via VELUX , #3-5 via HEGE IN FRANCE )

【自宅でのんびりリラックス】複数の屋外スペースが作り込まれた開放感あふれるロフトのリノベーションハウス



こちらのお宅のこのお庭、とっても素敵じゃないですか?

大きく開口する格子入りガラスドアで屋内とフラットにつながる石畳敷きのテラス

開口部を大きく取った格子入りのガラスドアで屋内とフラットにつながる石畳敷きのテラス。

サイドには、蓮の浮かぶ池も作り込んであったりして。

大きく開口する格子入りガラスドアで屋内とフラットにつながる石畳敷きのテラスのサイドの池.

こういう、シンプルでちょっと無機質な感じのところに、メダカやアカヒレ、ヌマエビなんかを入れて、いろいろな生き物が暮らすビオトープ的な空間にしてみたりすると面白いかも。

 

このお宅、もとは電化製品卸しの倉庫だったものを、こちらにお住まいの2人組の建築家ユニット、Neil RadcliffeさんとJacqui Keysさんが、ご自分たちでリノベーションしたものなんだそうで。

大きく開口する格子入りガラスドアで屋内とフラットにつながる石畳敷きのテラスを屋内のリビングから 吹き抜け

倉庫時代は大きなひとかたまりのスペースだったものを、内装に手を入れ、最低限の部分に壁を作り、残りはガラスのスライドドアでスペースを区切って。もとの建物が持っていた雰囲気を残したまま、開放的で遊び心のある面白いスペースに仕上げられてますよね。

室内と格子入りのガラス引き戸でつながるビルトインガレージ 駐車場

 

こちらのお宅、2階もこれまた素敵なんです。

2階には2つのベッドルームがありまして、まず1つ目は、先ほどのお庭に面したサイドのお部屋。

開放的な屋外リビング的バルコニー付きの2階のベッドルーム 庭の上部

幅5mくらいの細長いバルコニー付き。奥行きはそれほどありませんが、座り心地の良い屋外用のアームチェアでも置いておいて、朝夕、ちょっと時間の余裕があるときなんかに軽く出て、みたいな感じで過ごすには十分ですよね。

しかもこちらのベッドルーム、テラスとの間の部分が吹き抜けになってまして、こんな感じに階下のリビングとつながってるんです。

大きく開口する格子入りガラスドアで屋内とフラットにつながる石畳敷きのテラスから屋内のリビングを 吹き抜け

音や空気の流れのことまで考えると多少微妙な感じもしないでもないですけれど、上下のフロアと庭とテラスとが一体となったような、空間の拡がりが感じられるこの作り、ちょっと面白いかなと。

 

そして、もう1つのベッドルームには、こんな感じのゆったりとした作りのウッドデッキの屋外リビング的スペースが作り込んであったりして。

格子入りのガラスで囲われた中庭的な作りのバルコニーの屋外リビング ベッドルームに隣接

格子入りのガラスで囲われた、まるでサンルームのようなこのスペース、いいですね〜。

レイアウト的には、先程のベッドルームのちょうど逆サイド。

大きく開口する格子入りガラスドアで屋内とフラットにつながる石畳敷きのテラスのある家の平面図

こちらは周囲を壁で囲った作りになってまして、外部からの視線を気にすることなくリラックスして過ごすことができる、開放感とプライバシーを両立させた屋外空間になっています。

大きく開口する格子入りガラスドアで屋内とフラットにつながる石畳敷きのテラスのある家の外観

 

庭付きビルトインガレージ付き、タイプの異なる2つの屋外スペース付きベッドルームのある2階建て3LDK。自宅がこんなだったらいいですよね〜。

これからお家を建てたりリフォームしたりするご予定のある方で、「自宅には、リラックスしてのんびりできそうな開放的な屋外空間がたくさん欲しいな」とお考えの方がいらっしゃいましたら、こんな感じの遊び心あふれるお宅、参考にしてイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか。

( via desire to inspire )