タグ別アーカイブ:

【日常の中の遊びスペース】壁面にたくさんの棚と植物と雑貨のあるリビング



棚がたくさんあるスペースって、いろいろな遊び方ができそうでちょっと良くないですか?

壁面にたくさんの植物用の棚の造作されたリビング1

こちら、オーストラリアのメルボルンの観葉植物用の雑貨などを取り扱うIVY MUSEというお店の一画でして、棚も植木用の各種雑貨類も全部こちらの取り扱い商品なんですけど、どれもとっても素敵ですよね。

家を建てる前にどこかでこういうアイディアに出会えてたら、自宅のリビングの壁にもきっとこういう棚をたくさん作ってたんじゃないかなと。

壁面にたくさんの植物用の棚の造作されたリビングのコーナー

壁面にたくさんの植物用の棚の造作されたリビング2

 

僕自身が個人的に観葉植物や家庭菜園好きというのもあるんだとは思うんですけれど、緑に囲まれた室内空間って、庭やテラスなんかの屋外とはまたちょっと違っていい感じかなと。

植木そのものを置くのも当然いいですけれど、

IVY MUSEの植物用壁面造作棚4 観葉植物

 

植物用の各種ツールにちょっとこだわって、そういうのも一緒にディスプレイしてみたり、

IVY MUSEの植物用壁面造作棚1 多肉植物 スコップ

 

お気に入りの雑貨類をなんかを並べてみたりするのもいいですよね。

IVY MUSEの植物用壁面造作棚5 雑貨他

 

植物だったら、室内ですから、水気をあまり必要としないようなサボテンの類とか多肉植物なんかがいいんですかね。

IVY MUSEの植物用壁面造作棚2 サボテン他

 

イメージを膨らませて位置決めてという感じで、棚のレイアウトを考えるその作業そのものも含めて楽しめちゃいそうな気がします。高い場所にぽつんと1つ棚をつけて、そこに存在感のあるアイテムを置いてみたり、みたいなのとか、想像するだけでもちょっと楽しい気持ちになってきます。

でも、模様替えのこととかいろいろリアルに考えると、本当にこういう棚をつくるんだったら、ロイヤルの金具とかを使って自在に動かせるようにしておくといいのかも。シンプルな白いタイプのとかを壁に埋め込んでおけば、あまり目立たなくて、金具自体も気にならない気がしますし、例えば植物を育てるにしても、必要な日照量や温度、通風なんかの条件に合わせて季節ごとに気軽に位置をずらして、みたいな感じで使えますしね。

 

自宅の中に、こういう感じの日常的に遊べるスペースやアイテムがあるのって、とっても素敵だと思うんです。

これから家を建てたりリフォームしたりするご予定のある方がいらっしゃいましたら、こんな感じの「棚のたくさんあるリビング/ダイニング」、検討候補の1つに加えてみてはいかがでしょうか?

うちの自宅も、リフォームするときにはリビングの壁あたりにこういう感じの棚、入れてみようかな。

( via IVY MUSE )

【分解/移動可能な箱型コンパクトハウス】旅先まで持ち運べるロフト付きワンルームの離れ



真っ黒なサイコロのような不思議なこちらの物体、Behanceで公開されていたコンセプトハウスなんですけれど、ちょっと面白いなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

箱型のコンパクトハウス”Micro House”

 

1辺約4mの立方体に近い形状の躯体の中に、2フロア合計約22平方mのスペース。

箱型のコンパクトハウス”Micro House”の2階に上がる階段 下は収納スペースに

 

1階はリビング・ダイニング・キッチンとバスルーム。

箱型のコンパクトハウス”Micro House”の1階のダイニング・キッチン

縦4m×横4mで16平方m。フロア全体で約10畳弱程度の広さ。でも、玄関&階段とバスルームを除いたリビング・ダイニング・キッチンエリアだけだと、その半分の5畳程度ということになりますから、かなりコンパクトな感じでしょうかね。

箱型のコンパクトハウス”Micro House”のフロアプラン1階

 

2階部分はロフト的なワークスペース付きのベッドルーム。

箱型のコンパクトハウス”Micro House”の2階のロフトベッドスペースとワークスペース2

こちらも1フロアの半分くらいですから、同じく5畳程度といったところの広さ。

 

この建物、説明を読む限りでは、「4人が1ヶ月生活することができる」ということになってるんですけれど、このロフトのベッドルームだけだと、どうみても大人2人+アルファくらいまでで限界なのでは…?

と思っていたら、1階のリビングのソファがこんな感じにベッドになってくれちゃいまして、ここであと2人寝られるようになるんだそうで。

箱型のコンパクトハウス”Micro House”のリビング&来客用ベッド

 

この作りだと、4人とはいっても、組み合わせはちょっと考えないとダメですかね。

箱型のコンパクトハウス”Micro House”のフロアプラン2階

雑魚寝OKの男子大学生仲良し4人組でも、男同士でダブルベッドはちょっと嫌でしょうし、仮にそれに耐えられても、1ヶ月もいたら、それなりに殺伐とした雰囲気にはなっていくのではないかと。中にB型の人とかがいたらさらに困るでしょうしね(B型の方、スイマセン…。偏見です。完全なる偏見ですが、身近なB型の人がことごとくアレな感じなもので…)。カップル2組でも、この空間で1ヶ月間ずっと寝泊まりするのはちょっと厳しいでしょうか。

でも、夫婦+子ども2人の4人とか、大人2人で上下1フロアずつに分かれてとかだったら、1ヶ月と言わずもっと長期間でも大丈夫かも。

 

しかもこのお宅、「分解して運んで使える旅行用の家」ということになってまして、「海や山、湖畔なんかに持って行って好きな場所に設置して、ここを拠点に休暇を過ごす」的な使い方を想定してるんだそうで。

実際問題としては、どうやって運ぶのかという点が最大のネックになりそうな気がしますけど、こういうのホントにあったら、ドラえもんの長編映画シリーズなんかで未開の地的なところに冒険に行く際に出てくる「秘密道具の家」みたいで、なんだかちょっと素敵かなと。

宅急便で送れるとか、それはさすがに無理でも、ピックアップの4WDとか2tトラックで運べるレベルにまで解体できるようになってたら、「いつもは庭に置いて離れとして使っておいて、中長期の休暇の際には分解して目的地に運び込んで」みたいな感じで使えるかも。

海沿いの高台とかに設置して、サーフキャンプ的な感じの夏休みを過ごしてみたり、北海道のどこか、例えば札幌の郊外あたりにでも設置して、そこを拠点に観光して回ったりニセコのスキー場に毎日通い詰めたり、みたいな感じで過ごしたら楽しいでしょうね〜。

躯体に大型のバッテリとかを入れておいて、車のダイナモとかハイブリットカーのバッテリとかとつなげて充電できるようにしておいたりしたら、災害時の非常用設備としての用途にも使えるようになったりして、さらにいろいろな使い方も考えられそうな気がします。

こういう楽しげなのを見ると、思わず夢物語の妄想がどんどん膨らんじゃいますね。まあ、日本だと、そもそもそういうことをさせてもらえる土地自体がなかったり、こまごまとした規制にいちいち引っかかってきたりとかで、こういう感じのものは現実的には厳しいんでしょうけどね…。

( via Behance )